ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  A

「au」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
au(by KDDI) - ITmedia Mobile
質問!au→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でau関連の質問をチェック

auが4年連続1位、カギは“分離プラン”にあり? J.D.パワーの携帯キャリア満足度調査で見えたこと
J.D.パワーが2019年の「携帯電話サービス顧客満足度調査」の結果を発表した。今回はauが満足度で1位となり、4年連続1位をキープしている。その理由や、ユーザーが携帯キャリアで何を重視しているのかを、J.D.パワーに聞いた。(2019/12/6)

ファミマで「au PAY」が利用可能に 20年1月に最大20%還元も実施
KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」がファミマで利用可能に。ファミマでau PAYを利用した顧客に対し、購入額の最大20%相当の「au WALLET ポイント」を付与するキャンペーンも行う。期間は2020年1月7日〜1月20日。(2019/12/4)

楽天証券、SBIも投信買付無料化 信用、現物は部分的に無料化
証券業界の売買手数料無料化の流れが加速している。ネット証券トップ2社も、auカブコム証券やマネックス証券などの動きによって、無料化を早めた。(2019/12/4)

au PAY、ファミリーマートで最大20%還元キャンペーン開催 1月7日から
au PAYのファミリーマート導入を記念したキャンペーンを開催。2020年1月7日から1月20日まで「au PAY」で買い物をすると、最大20%のau WALLET ポイントを還元する。(2019/12/3)

株取引、手数料無料化の波 auカブコム、マネックスが信用取引無料に
株式の取引手数料無料化の波が急速にやってきている。先駆けとなったのは、米国証券大手のチャールズ・シュワブが10月1日に手数料撤廃を発表したことだ。SBIホールディングスは10月30日の決算発表にて、傘下の証券会社の取引手数料を今後3年でゼロにする構想を打ち出した。株式の取引にコストがかからない世界は、急速に近づいてきている。(2019/12/3)

KDDIが電力サービス「じぶんでんき」の提供を開始 じぶん銀行の住宅ローン利用者向け(特典あり)
KDDIが、12月2日からじぶん銀行の住宅ローン契約者向けの電力サービスの提供を開始。じぶん銀行の住宅ローン利用者向けに行うもので、住宅ローンの金利を年0.03%引き下げるほか毎月の電気料金に対してau WALLET ポイントを還元する。(2019/12/2)

PR:花咲爺さんと似すぎだろ! au「三太郎」シリーズ新CMに新キャラ「桃爺」登場
新キャラのクセが強い(褒め言葉)。(2019/12/2)

「auの学割」改定 MAXプランは対象期間が1年間、月額2400円引きに
KDDIは「auの学割」で「auデータMAXプラン Netflixパック」「auデータMAXプランPro」の割引内容を変更。割引期間を「最大6カ月間」から「最大1年間」に、割引額を「月額1400円」から「月額2400円」に変更する。(2019/11/28)

12月の「au PAY」キャンペーン、週末に使える20%割引クーポン、au Wowma!で20〜25%還元など
KDDIが、コード決済「au PAY」向けのキャンペーンを12月に実施する。飲食店、エンタメ店鋪、ドラッグストアの対象店舗で、週末にau PAYと一緒に利用できるクーポンをプレゼントする。「au Wowma!」では20%還元キャンペーンを実施し、三太郎の日には25%を還元する。(2019/11/28)

UQ mobileの「UQ学割」が13カ月の割引に延長、データ増量キャンペーンも
UQ mobileは、提供中の「UQ学割」で一部プランの割引期間を延長。対象となる学生は割引期間が6カ月から13カ月に延長となる。「au ID」を登録して「スマホプラン」を契約したユーザーのデータ容量を13カ月間増量するキャンペーンも行う。(2019/11/28)

ペイペイ・LINEペイが一強化も スマホ決済競争
 スマートフォン決済をめぐる競争が新しい局面に入りつつある。ヤフーを傘下に収めるZホールディングス(HD)とLINE(ライン)の経営統合合意で、両社のスマホ決済連合は実績と成長性を兼ね備えた存在になり、シェア拡大による「一強化」が現実味を帯びてきたためだ。これに対して携帯電話大手のNTTドコモやKDDI(au)などは顧客基盤を生かして対抗。フリーマーケットアプリ大手のメルカリも独自性を追求している。しかし今後は各社の競争の中で優勝劣敗が顕在化する可能性もありそうだ。(2019/11/27)

ファミマが「au PAY」「J‐Coin Pay」「ゆうちょPay」「pring」導入 12月3日から
ファミリーマートは、12月3日からスマホ決済サービス「au PAY」「J‐Coin Pay」「ゆうちょPay」「pring」に順次対応。合計11種類のサービスが利用可能となる。(2019/11/25)

ブックオフ、買い取り代金を電子マネーで受け取り可能に LINE Payやドコモ口座などで
ブックオフコーポレーションは、11月20日に買い取り代金を電子マネーで受け取れる「スマホで受取コース」を一部店舗で開始した。決済ブランドは「LINE Pay」「au WALLET プリペイドカード」「Kyash」「ドコモ口座」「ソフトバンクカード」で、2020年3月には対応店舗を拡大する。(2019/11/20)

「auスマートパスプレミアム」に映像、音楽、書籍のコンテンツを拡充
KDDIは、11月19日に「auスマートパスプレミアム」のエンタメコンテンツを大幅拡充。利用料金はそのままに映像・音楽・書籍サービスを利用できるようになり、イベント招待やチケット先行予約など体験特典も提供する。(2019/11/19)

ソフトバンクが「+メッセージ」を機能拡充 DiDiやテスティーの公式アカウントを開設
auやNTTドコモに続き、ソフトバンクも「+メッセージ」の公式アカウント機能に対応した。ソフトバンク関連の公式アカウントとして「DiDiモビリティジャパン」「プラススタイル」「テスティー」「使い方ガイド」も登場する。(2019/11/18)

一部のauケータイ向けサービス、2021年に終了へ スマホ普及で利用者減
KDDIが一部のauケータイ向けサービスの提供を2021年に終了すると発表した。スマートフォンの普及で利用者が減ったことが理由。(2019/11/15)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が好調な滑り出し/「Galaxy Fold」に24万円(税込み)の価値はある?
ここ数週間、ソフトバンクやauのiPhone 11シリーズの売れ行きが好調です。そんな中、NTTドコモの「Xperia 5」と「AQUOS sense3」が発売3日間だけの売り上げで「携帯販売ランキング」のトップ10入りを果たしました。(2019/11/11)

ゲオの中古スマホ10月ランキング 買い取り、販売ともにiPhone 7が1位
ゲオは、10月1日〜10月31日までのデータを集計した「ゲオ中古スマートフォン10月月間ランキング」を発表した。販売総合ランキングではauのiPhone 7が1位となり、買い取りでは3キャリアのiPhone 7が1〜3位を独占した。(2019/11/8)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天MNOからKDDIに1GB500円のローミング料金――早急な全国ネットワーク展開なければ莫大な赤字発生か
KDDIが楽天モバイルユーザー向けの「ローミング契約約款」を公表した。楽天モバイルユーザーがauネットワークにローミングした際のデータ通信料金は、1GB当たり約500円。妥当な金額ではあるが、「無料サポータープログラム」中の楽天モバイルからしたら、ローミングされまくるとたまったものじゃない状態だ。(2019/11/8)

au、10月31日に「AirPods Pro」発売 価格は3万580円(税込)
KDDIは、10月31日にAppleのワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」を発売した。au Online Shopの価格は3万580円(税込)となる。(2019/10/31)

au Wowma!、au WALLET ポイントを優遇レートで交換 11月は20%割増
KDDIは、11月1日にショッピングモール「au Wowma!」で「お得なポイント交換所」を提供開始。auスマートパスプレミアム会員を対象に、au WALLET ポイントを優遇レートでau WALLET ポイントに交換する。(2019/10/31)

11月1日に「auの学割」開始 大容量プランで最大1400円を6カ月間割り引き
KDDIが、25歳以下のユーザーを対象とした新たな学割サービス「auの学割」を11月1日から提供する。月額500円〜1400円を、6カ月間割り引く。対象プランは大容量プランが中心。(2019/10/30)

渋谷にau直営店が11月1日オープン 「5G時代を見据え」スマートグラスを体験できるコーナーも
KDDIは11月1日10時に、全国で13店舗目となる直営店「au 渋谷スクランブルスクエア」をオープンする。5G時代にふさわしい直営店として、スマートグラス「NrealLight」を用いた映像やARコンテンツが楽しめる視聴体験コーナーも設置する。同グラスは、将来的には一般消費者向けに製品化することも検討しているという。(2019/10/29)

スマホと容量シェアなら月額1000円 auがタブレット向け新料金プランを11月から提供
auが、11月からタブレット端末向けの新料金プランを提供する。2年契約時は、スマホとのシェアプランは月額1000円から、単体利用プランは月額4500円からとなる。(2019/10/28)

auの「AQUOS sense3」が11月2日に発売 AI対応ツインカメラや大容量バッテリー搭載
auのシャープ製ミドルレンジスマートフォン「AQUOS sense3」の発売日が決定。4000mAバッテリーやIGZOディスプレイを採用し、超広角の撮影が可能なAI対応ツインカメラを搭載している。(2019/10/28)

UQ mobileが「新料金登場キャンペーン」第2弾を開催 au IDの登録で月間データ容量を2年間増量
UQ mobileが「新料金登場キャンペーン」第2弾を開始。au IDを登録した上でスマホプランを契約すると、月間データ容量を2年間増量する。(2019/10/25)

Mobile Weekly Top10:
1カ月で終了する「アップグレードプログラムDX」/「Pixel 4」登場
auが10月1日から提供し始めた「アップグレードプログラムDX」が、10月31日をもって新規申し込みを終了することになりました。わずか1カ月で提供を終えることになります。(2019/10/23)

KDDIらがタグラグビーの5G実証試験、選手や観客の情報を可視化
KDDIらは、東大阪市花園ラグビー場で開催された「au 5Gタグラグビーエキシビションマッチ」で5G実証試験を実施。4K高精細映像をリアルタイム伝送し、選手のバイタルデータや観客の盛り上がりを可視化して選手と観客が一体となったスポーツ観戦体験を提供した。(2019/10/21)

au「三太郎」の親指姫に扮した猫ちゃんが出現 池田エライザさん本人も「すごい!」と称賛
飼い主さん手作りの衣装です。(2019/10/19)

auの「Xperia 5」「Xperia 8」、10月25日に発売
KDDIは、10月25日に「Xperia 5」「Xperia 8」を発売する。「Xperia 5」はHDR対応有機ELのシネマワイドディスプレイを備え、トリプルレンズカメラを搭載。「Xperia 8」は「マルチウィンドウ」に対応し、約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラも備える。(2019/10/18)

石川温のスマホ業界新聞:
サムスン「Galaxy Fold」をKDDIが国内独占販売――韓国、アメリカで品薄。果たして日本は?
サムスン電子製の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が、日本でも発売される。しかも、KDDI(au)の独占販売。先行して発売した韓国や米国では入荷する度に品切れとなる人気商品となっているが、果たして日本でもそうなるか……?(2019/10/18)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの冬春モデル、少なすぎ?/「Galaxy Fold」はau独占販売
NTTドコモが「2019-2020冬春モデル」を発表しました。「LTE世代の集大成」として発表されたのは、スマホ5機種とケータイ2機種と少なめ。5Gに備えて控え目にしているのでしょうか。(2019/10/16)

36回払いで機種変不要――auが「アップグレードプログラム」を改定 11月1日から
auが10月1日から提供を開始した「アップグレードプログラムDX」が、同月末をもって新規受け付けを終了。代わりに、36回払いと端末の返却を組み合わせた「アップグレードプログラムNX」が11月1日からスタートする。(2019/10/16)

台風19号による通信障害、KDDIはほぼ解消
台風19号の影響を受け、つながりづらい状態が続いていたau携帯電話サービスがほぼ復旧。土砂崩れが発生した宮城県丸森町は、立ち入りができ次第、復旧作業に努めるという。(2019/10/16)

石野純也のMobile Eye:
冬春モデル、auが充実でドコモが控えめなのはなぜ? 分離プランや5Gの考え方に違い
ドコモは「4Gの集大成」とするスマートフォンをはじめとする7機種を発表。対するauは、記者会見こそ開催しなかったが、10月10日にフォルダブルスマートフォンの「Galaxy Fold」を独占的に取り扱うことを発表。2社のラインアップに対する考えを読み解く。(2019/10/12)

ドコモ、au、ソフトバンク 台風19号に先立ち災害対策・支援策を発表
台風19号の接近に備えてすでに準備が進められています。(2019/10/11)

ドコモから「Galaxy A20」登場 初心者にも配慮したエントリースマホ
NTTドコモから、Galaxyスマートフォンのエントリーモデルが登場。au向けモデルと同様にFMラジオを搭載し、おサイフケータイや防水・防塵性能を備えるなど日本向けカスタマイズが施されているが、価格は税込み2万円台前半と安価だ。(2019/10/11)

ドコモからも「Galaxy Note10+」が登場 Sペンを生かす独自アプリをプリインストール
auに続き、NTTドコモからも「Galaxy Note10+」が登場する。ドコモ独自のプリインストールアプリ「てがき手帳」も引き続きプリインストール。Sペンのジェスチャー操作に対応するなどパワーアップしている。(2019/10/11)

auのGalaxy Foldは「アップグレードプログラムDX」対象外 端末補償は月額1190円
サムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」が、auから10月25日に発売される。気になるお値段は税込みで24万円だが、半額を免除する「アップグレードプログラムDX」は対象外。補償サービスの料金も他のスマホよりは高い月額1190円。(2019/10/10)

折りたためるスマホってどう? 写真で見る「Galaxy Fold SCV44」
日本ではauが独占して扱うこととなった「Galaxy Fold」。その実態はどのようなものか。筆者なりに気になる点をチェックしてみた。(2019/10/10)

タッチベゼル搭載のスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」が11月上旬以降に発売
サムスン電子ジャパンは11月上旬以降にスマートウォッチ「Galaxy Watch Active2」を発売する。全国のauショップや家電量販店などで販売される。フェースデザインのカスタマイズ性が向上し、センサー類が強化されたことで、より高精度なデータを記録できるとしている。(2019/10/10)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」 auが独占販売、税込約24万円
KDDI(au)が韓国Samsung Electronicsの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を25日に発売すると発表した。(2019/10/10)

aptX HD対応イヤフォンが付属 「AQUOS sense3 plus サウンド」がauから登場
KDDIが、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」を、2019年12月上旬以降に発売する。価格は4万円台の予定。aptX HDに対応したパイオニア製のイヤフォンが付属する。約6.0型のIGZO液晶ディスプレイや4000mAhバッテリーによる高いスタミナも特徴に打ち出している。(2019/10/10)

auがミッドレンジの「Xperia 8」を発売 5万円台、シンプル仕様のホームも
KDDIがソニーモバイルの「Xperia 8 SOV42」を10月下旬以降に発売する。価格は5万円台の予定。Xperia 1や5の特徴を継承しつつも、カメラやプロセッサなどのスペックを抑えたミッドレンジモデル。アスペクト比が21:9と縦長の約6.0型フルHD+液晶を搭載する。(2019/10/10)

目玉は「Galaxy Fold」:
「Galaxy」「Xperia」に「AQUOS」も auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表
auが2019年秋冬モデルと2020年春モデルを発表した。目玉は、日本では独占提供となる「Galaxy Fold」だが、ハイエンドからエントリーモデルまでバランスよく取りそろえていることが特徴だ。(2019/10/10)

「Xperia 5」がauから登場 幅68mmボディーに6.1型有機ELや3眼カメラを搭載
KDDIが「Xperia 5」を10月下旬以降に発売する。価格は9万円台(税込み)の予定。縦に長い21:9のディスプレイを、幅68mmのボディーに搭載した。背面にはトリプルカメラを搭載し、映画品質をうたう動画の撮影が可能な「Cinema Pro」アプリも用意した。(2019/10/10)

超軽量ハイエンドスマホ「AQUOS zero2」がauから登場 2020年1月下旬以降
シャープ製の超軽量ハイエンドスマートフォンが、auから登場する。2020年1月下旬以降の発売を予定しており、価格は現時点では未定だ。販売予約は10月11日10時から受け付ける。(2019/10/10)

「AQUOS sense3」がauから登場 デュアルカメラや4000mAhバッテリーを搭載して3万円台(税込み)
シャープ製のミドルレンジスマートフォン「AQUOS sense3」がauから発売される。想定販売価格は税込みで3万円台となる見込みだ。(2019/10/10)

京セラ製:
シリーズ初の有機ELディスプレイ搭載 トレンドをつかんだ初心者向けスマホ「BASIO4」登場
auの初心者・シニア向けスマートフォンの第4弾が、2020年春に登場する。アスペクト比18.5:9で、シリーズでは初となる有機ELディスプレイを採用して“今風”に仕上げつつ、シリーズが培ってきた簡単操作機能は引き続き搭載している。(2019/10/10)

Sペンとメモ機能が強化された「Galaxy Note10+」がauから登場 税込み11万円台
サムスン電子の「Galaxy Note」の最新モデルがauから登場する。Sペンがジェスチャー操作に対応した他、アウトカメラでの動画撮影時にポートレートモードを適用できるようになった。(2019/10/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。