ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「予算」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「予算」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

中堅・中小企業にもできるデータドリブンの事業運営、まずはどう着手するか:
PR:データの時代、中堅・中小企業のIT投資はどうなるのか、HPEのビジョン
HPEは大企業だけでなく中堅・中小企業にもDXに向けたデータ中心のアプローチを提案する。人員や予算が限られる企業に向けて「簡単にできる」方法だという。米国イベントの事例から詳細を紹介する。(2020/7/31)

東芝など12機関、盗聴不可能な暗号技術「量子暗号通信網」の共同開発へ
東芝は、NECや三菱電機、東京大学などと共同で次世代暗号技術「量子暗号通信網」の実用化に向けた研究開発を始めると発表した。総務省の委託事業で、期間は2024年度までの約5年間。初年度の予算は14億4000万円としている。(2020/7/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
Go To “東京除外”で影響を受ける県・受けない県ランキング
「地方の観光産業を救う」という名目で約1.7兆円もの予算が計上されたGo Toトラベルキャンペーンだが、人口最多の東京都が除外されたことで、本キャンペーンにおける経済効果の見積もりは当初から下方修正せざるを得ないだろう。東京都の除外で影響を受ける可能性が高いと考えられる都道府県と、そうでない都道府県を確認していきたい。(2020/7/24)

テレワーク環境整備に投資:
2020年度のIT投資は「減額なし」が約8割 ヴイエムウェアがIT予算の傾向やDXに関する調査
ヴイエムウェアは、情報システムなどIT予算の傾向や投資分野、DXに関するアンケートの結果を発表した。IT予算を優先的に投資する分野は「オンライン会議・コラボレーションツール」と回答した割合が最も高かった。(2020/7/21)

FAニュース:
工場排出CO2からパラキシレンを製造、年間約1.6億トンのCO2固定化が可能に
NEDOは、CO2を資源として捉えて有効利用を図るカーボンリサイクル技術の実現に向けて、工場などから排出されるCO2を原料としたパラキシレン製造の技術開発事業に着手すると発表した。富山大学、日本製鉄、日鉄エンジニアリング、ハイケム、千代田化工建設、三菱商事に委託し、2020〜2023年度の4年間で実施する。事業予算は19億9000万円。(2020/7/15)

LTV増大の先へ:
NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新規獲得が困難になっている分、マーケターの関心は既存顧客からの収益増へシフトしている。CRMを重視するEC先進企業3社の実践例から、今何をすべきかを学ぶ。(2020/7/14)

コスパと品質を備えたクラウド選び
予算が潤沢になくてもBCP/DRを実現できるクラウドサービスとは?
事業継続計画(BCP)と災害復旧(DR)を見直すべきタイミングが来ている。しかし、コストパフォーマンスに悩まされる企業は少なくない。最適なコストで、BCP/DRの課題を「現実的」に解決する秘策とは。(2020/8/4)

新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【後編】
マーケティング予算削減の危機 「MarTech」でどう乗り越える?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング予算が削られれば、MarTechへの新規投資は難しくなる。難局を乗り切る現実的な策とは。(2020/7/7)

「予算1日1000円」のルールで晩ご飯づくり 高1の息子がカリスマ主婦のような料理を作れるようになるまでの記録
すばらしい成長力です。(2020/7/1)

100億円寄付の柳井氏「国も自由な予算を組む必要」
京都大の本庶佑特別教授と山中伸弥教授の両ノーベル賞受賞者の研究に対して24日、総額100億円の寄付を明らかにしたファーストリテイリングの柳井正会長兼社長。京都市内で開かれた記者会見では……(2020/6/25)

PR:IT予算見直し続出の裏で進む日本企業のDX 緊急アンケートで読む「潮目」
緊急テレワークを体験して日本企業のIT戦略はどう変わったか。デルが実施した緊急アンケートによると約6割の企業が2020年度のIT投資分野を変更。新たな投資先への予算投入を計画している。IT戦略見直しの状況を知り、潮目を読む。(2020/6/24)

“クラウド破産”の理由と対策【後編】
“クラウド破産”を防ぐには? 利用料金を予算内に収める選び方
想定外に高額になりがちなクラウドサービスの利用料金。予算内に収めるためには、どのような観点でクラウドサービスを利用し、選べばよいのか。(2020/6/22)

多忙を極める一人情シスの“救世主”となるのは
「インフラ運用の懸念を一掃したい」に応える賢い解決策とは
予算も人も不足している中で、ITインフラの運用をどう効率化するか。たとえ効率化やコスト削減に有効な手段を見つけても、どう社内の稟議承認を通すか。多くの中堅・中小企業の悩みを解決するアプローチを探る。(2020/6/19)

「第2波」見据え…日銀、持久戦の危機対応
 日本銀行は、政府が令和2年度の第2次補正予算で決めた実質無利子・無担保融資の拡充に合わせ、金融機関への新しい資金供給策を拡大する。政府と足並みをそろえる格好で企業の資金繰り支援を強化するが、迅速な融資拡大につなげられるかが課題となる。新型コロナウイルス感染拡大の“第2波”によって危機対応の長期化も懸念され、日銀が追加対策を迫られる可能性もある。(2020/6/17)

中堅・中小企業の担当者に贈る
テレワークをゼロから始めて定着させるまでの「3つの要点」
コロナ禍に直面して、テレワークに取り組み新たな働き方が定着した企業としなかった企業にはどんな違いがあるのだろうか。人員や予算の少ない中堅・中小企業でもテレワークを定着させる方法を紹介する。(2020/6/12)

そもそも「都市型のコンパクトオリンピック」が売りだったはず〜東京五輪の大会運営簡素化へ
なぜかどんどんと予算が膨れて、肥大化していた。(2020/6/12)

マイナンバー紐づけは「一生ものの1口座」 高市総務相
 高市早苗総務相は9日の衆院予算委員会で、マイナンバーと個人の預貯金口座のひも付けに関し、原則として1口座を対象にする考えを示した。「福祉目的や景気対策など多様な給付を行うため、全ての国民に一生ものの口座を1口座のみ登録してもらうような制度に発展させることができれば、迅速なプッシュ型の給付や行政コストの削減が可能となる」と述べた。(2020/6/10)

アフターコロナは「試すチャンス」?:
なぜ、マーケティングでAIが注目されているのか
コロナの影響による経済の停滞を受け、IT大手のGoogleですらマーケティング予算を大幅に削ろうとしている。この流れはマーケティングのさらなる効率化を促す要因となるかもしれない。そこで今あらためて注目を浴びているのが、AI(人工知能)だ。(2020/6/10)

グローバル企業、78%がマーケティング予算縮小 コロナ禍で
新型コロナの影響が広告予算に及んでいる。電通イージス・ネットワークが行った調査によると、世界のグローバル企業顧客の78%がマーケティング予算を縮小、約半数が2020年度の予算を15%以上カットするという。(2020/6/9)

新型コロナ禍のデジタルマーケター生き残り術【前編】
マーケターの雇用危機対策 マッチングサイトで急場をしのぐ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響でマーケティング業界も打撃を受けている。予算が削られ、人員削減も始まっている。こうした中、窮地に陥ったマーケターに救いの手を差し伸べる動きが出てきた。(2020/6/9)

パンデミック第2波、自然災害にどう備える?
予算や人員が足りない中堅・中小企業のBCP対策、見直すポイントは
働き方改革への対応とは規模が違う感染症対策の「全社強制テレワーク」。予算や人員が足りない中堅・中小企業が第2波、第3波が来る前にできることはあるだろうか。経験者がまとめた対応7ステップの詳細をチェックしておこう。(2020/6/24)

働き方の未来に関する日本、米国、欧州の比較分析結果を発表――IDC調査
IDCは、ICTソリューションの導入状況や改革の決定者と予算、改革の促進または阻害要因などを、日本と米国、欧州の3地域で調査し、比較分析結果を発表した。日本は、社内の共同作業推進ツールや業務上必要なデータへのモバイルアクセスツールの導入率は、米国や欧州と比較して優劣はないが、人材管理や先端技術の導入において遅れが目立ったという。(2020/6/5)

ITリソースの管理や災害対策に最適な手法は
アクセス数の変動が激しい学内システム オンプレミスの限界を乗り越えるには
大学のITシステムは、必要とされるITリソースが学生や教職員の活動に合わせて大きく変動するという特徴を持つ。限られた人員と予算の中で、必要なITリソースを確保し、大学独自のITインフラの課題を解決するにはどうすればよいのだろうか。(2020/6/3)

2次補正予算案〜未だ「補填するお金」にしかならない実態
1カ月遅い。(2020/5/29)

自治体の光回線整備に500億円投入 2次補正予算に計上へ
政府が新型コロナウイルス感染症の拡大による通信需要の増加を受けて、全治自体を対象とした光ファイバー回線の整備に500億円を投じる方針を5月26日に固めた。予算は2020年度の2次補正予算案に盛り込む。(2020/5/27)

緊急事態宣言、全国47都道府県で解除 陽性患者との接触可能性を通知する「接触確認アプリ」導入へ
二次補正予算についても言及。(2020/5/25)

ネットワークにつながる医療機器は多様化
セキュリティ投資を病院の経営陣に納得させる“無視してはいけない3要素”
医療機関の情報セキュリティインシデントは、患者の生死に直結する問題だ。米国の医療機関CIOは、経営陣と情報セキュリティ予算の交渉をするには3つの要素が不可欠だと強調する。それは何なのか。(2020/5/19)

クラウド時代のサーバセキュリティ
システム証跡取得から特権ID管理まで一気通貫の仮想アプライアンスとは
クラウド化により、セキュリティの境界は物理防御からIDに変化し「特権ID管理」の必要性は高まっている。限りある予算と人材の中で、十分な特権ID管理を実現する方法とは。(2020/5/19)

自民が「3密」状態でコロナ対策協議 懸念の声も
 自民党は7日、新型コロナウイルス対策本部などの合同会議を国会内で開き、家賃支援策などを盛り込んだ令和2年度第2次補正予算案の早期編成を政府に求めることを確認した。会議には多数の議員が詰めかけ、感染リスクの高い密閉、密集、密接の「3密」状態だったことを懸念する声も漏れた。(2020/5/8)

Gartner Insights Pickup(157):
ITコストを急にカットしなければならない場合に考えるべき10の指針
IT予算を急にカットしなければならない事態に直面した場合、CIOはビジネスの中長期的な健全性への悪影響を最小化するコスト削減方法を選択しなければならない。この時に指針として使える10のルールを示す。(2020/5/8)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(27):
OSIモデルにはないが、サービスの創出で重要な「レイヤー8」とは?
静岡県藤枝市は2020年2月14日、2020年度予算案を記者会見で発表した。その中には筆者が手掛けているコミュニケーションロボットを使った高齢者見守りサービスも含まれていた。今回は藤枝市のプロジェクトで気付かされたサービス創出で大切な「レイヤー8」について述べたい。(2020/4/27)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(1)量子コンピュータ(1):
もはや怪談、「量子コンピュータ」は分からなくて構わない
「業界のトレンド」といわれる技術の名称は、“バズワード”になることが少なくありません。世間はそうしたバズワードに踊らされ、予算がバラまかれ、私たちエンジニアを翻弄し続けています。今回から始まる新連載では、こうしたバズワードに踊らされる世間を一刀両断し、“分かったフリ”を冷酷に問い詰めます。最初のテーマは、そう、今をときめく「量子コンピュータ」です。(2020/4/24)

「シンプル&スケール」で始める
今、なぜまたEPMなのか――働き方改革から計画・実績統合まで
経営管理を高度化し業績を向上させるために本社と事業部は情報を共有し、協調して事業計画を遂行する必要がある。計画・予算策定、実績把握・分析および予測プロセスを統合して実行するEPM(企業業績管理)の整備とは。(2020/4/27)

東京都がコロナ対策3574億円の補正予算案〜コロナ対策として全国の知事が国に訴えるべきこと
「次に使うお金」も出す覚悟がほしい。(2020/4/17)

首相が補正予算案の組み替え指示 新型コロナ、10万円一律給付へ
 安倍晋三首相は16日、新型コロナウイルス対策として、国民1人当たり10万円の現金を一律給付するため、令和2年度補正予算案を組み替える方向で検討するよう麻生太郎財務相に指示した。政府関係者が明らかにした。(2020/4/16)

半数の企業が新型コロナの影響で「今期業績計画・予算を下方修正」 決算業務の遅延懸念も――日本CFO協会調べ
日本CFO協会は「新型コロナウイルスによる経理財務業務への影響に関する調査」の第2弾として、業績計画、投資計画、資金計画などへの影響を発表。緊急事態宣言から1週間の調査で、55%の企業が「決算業務の遅延」を懸念、半数が業績下方修正見込みであることが分かった。(2020/4/16)

急なテレワーク対応があっても諦めない:
PR:IT予算が“カツカツ”でもあわてない 塩漬けサーバの危機を救う方法
限られた人員と予算で既存環境をケアしながらも、新規要望への対応に追われる中堅・中小企業のIT部門。サーバのリプレースは急務だが、喫緊の課題であるテレワーク環境の整備などでそれどころではない。両方を解決するアイデアはあるか。(2020/4/14)

迅速な環境整備で在宅勤務を実現
「急なテレワーク導入」でも悩まない、セキュアなVDIを手軽に構築する方法
感染症対策をきっかけに、テレワークの導入が企業の課題として急浮上している。セキュリティ面を考慮しVDI(仮想デスクトップ基盤)の構築を検討するものの、予算や人員不足で導入が現実的ではない企業はどうすればよいのか。(2020/4/14)

「自社で脆弱性診断」をかなえられる
「脆弱性診断をしたくてもできない」予算や専門家不足はどうすれば解消できる?
Webアプリケーションのセキュリティ対策はますます需要が高まっており、最近では提供側が「脆弱性診断実施の有無」を問われることも少なくない。客観的基準に即した説明体制を、限られた予算と人材の中で実現する方法とは。(2020/4/13)

各プロセスの連携は必須
いまさら聞けない「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」の違いとは?
「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」は何が違うのか。セキュリティ対策と予算計画の適切な意思決定をするために、これらの違いを理解しよう。(2020/4/9)

今日のリサーチ:
SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を対象に独自調査を実施し、「SNSマーケティング最新レポート」を公開しました。(2020/4/6)

古田雄介のアキバPick UP!:
「100万円コースですね」――Ryzen TR向けROGマザーのウルトラハイエンドモデルが登場!
オーバークロック時の安定性が増したマザーボード「ROG Zenith II Extreme Alpha」が店頭デビュー。AMD製CPUは一部を除いて供給状況が上向いており、最強マシンを組むための物流的なハードルは上がっていないという。予算面は別だけど。(2020/3/30)

IT予算計画で重視するもの【前編】
2020年のIT予算計画、まず「事業部門の目標」と「既存IT環境の問題」を見極めよ
IT予算計画の策定は概してストレスが多く複雑な作業だ。まずは事業部門のリーダーやユーザーとコミュニケーションを取り、既存のIT環境にどのような問題があるか洗い出す必要がある。どう進めればよいのか。(2020/3/26)

マスターデータ管理はここまで簡単になった:
PR:MDMの課題を「短期間、低コスト」で一挙に解決する方法とは
「データからいかに価値を生み出すか」というテーマに多くの企業が取り組んでいる。だが、データ活用の成果を左右するマスターデータ管理については、予算、スキル、人員不足などの制約を受け、さまざまな課題を抱え続けている例が多い。そうした“積年の課題”を短期間で解決できる手段とは何か? 詳細を探った。(2020/3/18)

産業動向:
2020年度の建設業界は防災・減災やインフラ対策に大幅な予算増で、堅調に推移
ヒューマンタッチ総研は、国土交通省の「2020年度予算概要」などから分析した建設業界の今後についてまとめた。これによると2020年度は、防災・減災対策や老朽化したインフラ対策を中心に2019年度を上回る予算が投入され、建設市場は堅調に推移すると予測している。(2020/3/5)

日野市が「財政非常事態宣言」 市税収入の悪化と歳出予算の増加を受け「大幅な財源不足」が発生
市民の理解と協力を求めています。(2020/2/27)

紙の帳票処理業務に縛られないために
毎月1万5000円で請求書をデジタル化 中小企業の現場を支えるサービスとは
経理担当者を悩ます毎月の請求書処理業務。月末、月初に残業して納期に間に合わせた経験はないだろうか? この状況を変えたくても「予算がない」と諦めるのはまだ早い。月額1万5000円から始められるサービスがある。(2020/2/26)

期末のオブジェクト更新、毎日のパスワードリセット、何とかならないのか……:
PR:煩雑なActive Directory管理を自動化し、IT部門が本業に集中する方法
新年度を間近に控えた今、ユーザーアカウントの管理に悩み始めているIT担当者も多いのではないだろうか。人事異動や組織変更に伴い、Active Directoryの情報を変更する作業は予想以上に大変だ。どうにか効率化できないか、できれば自動化できないか――予算や時間が限定的な中でも、そんな願いに応える製品が存在する。(2020/2/17)

予算も余裕もないのに、一体どうすれば?:
PR:限られたリソースで、大企業と同等レベルのセキュリティを実現
サイバー攻撃による情報漏えい事件などが相次ぐ中、企業には高度なセキュリティ対策が求められている。だが、予算もスキルも限定的な中堅・中小企業の場合、セキュリティ対策に十分なリソースを投入するのは難しいのが現実だ。しかし、大企業の取引先となる中堅・中小企業をまず狙い、サプライチェーンに沿って攻撃対象を拡大するサプライチェーン攻撃も増えつつある今、中堅・中小企業にも大企業並みの対策が求められている。では一体どうすれば? 現実解を探る。(2020/2/5)

東京オリンピック開催中の終電繰り下げ〜かかる費用はオリンピック予算なのか否か
終電を繰り下げるにもお金がかかりますが……。(2020/1/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。