ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クレジットカード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!クレジットカード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でクレジットカード関連の質問をチェック
「クレジットカード」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

Visaカードで地下鉄に乗れる自動改札登場 福岡で実証実験
Visaのクレジットカードで地下鉄に乗車できる実証実験が、5月31日から福岡市地下鉄で行われる。交通系ICとVisaのタッチ決済の両方に対応した一体型改札機の利用は、国内で初めて。(2022/5/24)

女性服ECでクレカ情報1.6万件漏えいの可能性 不正アクセス・システム改ざん被害で
女性服ECサイトを運営するmachattが、第三者による不正アクセスでECサイトの決済システムが改ざんされ、ユーザーのクレジットカード情報1万6093件が漏えいした可能性があるとして謝罪した。(2022/5/20)

信用情報を誤登録 PayPayカードが謝罪 29万人の与信判断に影響した可能性
PayPayカードが、ユーザーの信用情報を誤って登録したとして謝罪した。クレジットカードの契約や割賦契約などの与信判断に影響した可能性もあるとしている。(2022/5/16)

Mobile Weekly Top10:
「PayPayカード」は「PayPay」の支払い用クレジットカードとして登録できない?
「PayPay(ペイペイ)」で使える後払いサービス「PayPay後払い」は、「PayPayカード」を発行するPayPayカードが手がけるサービスです。一体、何が違うのでしょうか……?(2022/5/14)

クレジットカード番号が流出したときの対応方法 不正利用でも補償してもらえない場合があるぞ
クレカの会社から急に電話くると本当にドキドキします。(2022/5/13)

スマホ決済のお得な活用術:
事前チャージ不要の「PayPayあと払い」と「PayPayカード」はどちらがお得?
「PayPayあと払い」では、事前のチャージ不要で「PayPay」の支払いができ、利用した金額は翌月にまとめて登録している口座から引き落とされる。一方、PayPayカードは、年会費永年無料で利用できるクレジットカード。PayPayあと払いとPayPayカードは翌月にまとめ払いできることやPayPayポイントがたまるところ、審査が必要な点などを考えると、よく似たサービスといえる。(2022/5/10)

警視庁、警察署の窓口にコード決済を導入 運転免許更新でPayPayの利用可能に
クレカと電子マネー対応に続き、コード決済もOKに!(2022/5/2)

成人年齢引き下げに関する調査:
現役高校3年生が成人したらやりたいこと 1位は「選挙の投票」
スタディプラスは現役高校3年生を対象に成人年齢引き下げに関する調査を実施した。成人になったらやりたいことの1位は「選挙の投票」。2位は「クレジットカードを持つ」、3位「部屋を借りて一人暮らし」という結果に。(2022/4/29)

メルカリ、不正増加で16億円の追加出費 クレカ不正利用とフィッシング詐欺で成長も鈍化
メルカリは、アプリにおけるクレジットカードの不正利用とフィッシング詐欺の増加により、流通取引総額の成長率が鈍化した上、ユーザーへの補填金として第3四半期のみで合計16億円の出費があったと明らかにした。(2022/4/28)

「クレカ情報を外部に送信するシステム改ざん受けた」 ローカルECサイトで約1000件の情報漏えい
宇都宮ケーブルテレビが運営するECサイト「いいもの、あるよ!」で、975人分のクレジットカード情報が漏えいし、一部が不正利用された可能性がある。調査により、第三者が決済情報を外部に送信するようシステムを改ざんしていたことが分かった。(2022/4/26)

クレディセゾン、“使うほど特典が増える”「SAISON GOLD Premium」今夏予定
クレディセゾンは4月25日、新たなゴールドカード「SAISON GOLD Premium」を今夏にリリースすると発表した。“使えば使うほど特典が増える”利用プログラムを備えるのが特徴。カードの詳細、入会は7月下旬以降を予定している。(2022/4/25)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【中編】
クレジットカード会社が「AI」と距離を置きたくなる“説明責任”問題
金融業界の企業がAIツールの導入を進める際に、対処が必要なのが「説明責任」に関する課題だ。クレジットカード会社を例に、具体的に見ていこう。(2022/4/25)

「偽サイト」でカード情報奪われる 悪質な通販が前年比7割増 日本の情報は犯罪組織のターゲットに
ネット通販の利用者が増える中、悪質な「偽サイト」の通報件数が急増している。商品が届かない被害の他、クレジットカード情報が盗まれる恐れもある。日本のカード情報は闇サイトで世界最高値で取引されており、犯罪組織のターゲットとされつつある。(2022/4/20)

NHKをかたるフィッシング詐欺 NHKプラスIDやクレカ情報など窃取
NHKをかたるフィッシング詐欺による被害が報告されている。「NHKインターネットアカウントを登録する必要がある」などの文言で、氏名や住所、クレジットカード情報などを盗み取ろうとする。(2022/4/19)

日本年金機構をかたるフィッシング 住所やクレカ情報など盗まれる恐れ
日本年金機構をかたるフィッシング詐欺による被害が報告されているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起した。「国民年金口座が停止された」として、氏名や住所、クレジットカード情報などを盗み取ろうとする。(2022/4/18)

SBI証券と東急カード、「クレカつみたて」提供開始 最大4%のキャンペーン実施
 SBI証券と東急カードは4月15日、クレジットカードで投資信託が買えるクレジットカード投信積立サービス「クレカつみたて」と、資産運用に応じて東急ポイントを加算するサービスの提供を、4月25日より開始すると発表した。(2022/4/18)

本物そっくり:
悪質な通販が前年比7割増! 「偽サイト」でカード情報奪う
ネット通販の利用者が増えるなか、本物そっくりの悪質な「偽サイト」の通報件数が急増している。商品が届かない被害のほか、クレジットカード情報が盗まれる恐れもある。(2022/4/18)

Computer Weeklyリバイバル
クレジットカード番号の解読は防げない 身を守る方法は「たった一つ」
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/4/16)

決済オペレーションを効率化:
PR:世界47カ国のオンライン決済を支えるStripeが新たな試み 日本市場向け決済サービスとは
世界47カ国でオンライン決済サービスを提供するStripe。Webサイトに7行のコードを埋め込むだけで決済サービスを実装できるシステムを開発し、企業のオンラインビジネスの成長を支えてきた。同社日本法人の共同代表が、日本市場独自に開発した新サービスやクレジットカードの不正利用防止サービス「Stripe Radar」について語った。(2022/4/12)

クレカ積立改悪の影響なし? 楽天証券、投信積立設定245万人超に
楽天証券の投信積立の好調が継続している。4月5日の時点で、投資信託保有者は300万人を突破、そのうち積立を設定している人は2021年12月末の212万人から35万人(16%)増加して245万人となった。(2022/4/6)

利用先は:
そのクレカを選択した理由は? 利用金額は月5万800円
クレジットカードを持っている人は、なぜそのカードを選択したのだろうか。クレカを保有している人に聞いたところ……。(2022/4/5)

高還元2%のLINEクレカ、5月から還元1%に
LINE Payは4月1日、高還元クレジットカードで知られる「Visa LINE Payクレジットカード」(LINEクレカ)の還元率を、5月1日から1%に下げると発表した。従来は2%還元だった。(2022/4/1)

LINEクレカ、2%還元終了へ 5月から1%に
高いポイント還元率で知られた「Visa LINE Payクレジットカード」の還元率が5月1日から2%→1%に引き下げられる。(2022/4/1)

500人に聞いた:
クレジットカードで重視すること 2位は「ポイント還元率」、1位は?
保険マンモスは、クレジットカードを利用している男女を対象に、「クレジットカードに関するアンケート調査」を実施した。クレジットカードを選ぶ時に重視するポイント1位は「年会費の安さ」であることが分かった。(2022/3/31)

d払いでクレジットカード本人認証サービスが利用できない不具合
NTTドコモの一部サービスで、クレジットカード本人認証サービス(3Dセキュア)が利用できない不具合が発生した。「d払い」は3月29日2時39分頃に復旧し、その他のサービスも順次復旧する見込み。(2022/3/29)

Payments Dive:
AmazonとVisaの騒動で「果実」を得るのはPayPal? カード手数料を巡る対立に終止符か
Amazonが英国でのVisaクレジットカードの利用を停止するという予告を撤回した。クレジットカードの手数料を巡る問題は両社の頭を悩ませるが、PayPalという第三者の有利になる可能性が浮上した。(2022/3/28)

最初からリボ払い設定になっているクレカは? カード別注意ランキング
 保険相談サービスを提供する保険マンモスは、クレジットカードのリボ払いで後悔した経験がある人を対象に、「クレジットカードのリボ払いに関するアンケート調査」を実施した。その結果、後悔した理由で最も多かったのが「手数料が高く、返済が終わらない」という理由だったことが分かった。(2022/3/25)

400人に聞いた:
Z世代が使用する支払い方法、2位は「モバイル決済」 1位は?
「Z世代 一人暮らしの生活事情」に関する調査を実施した。買い物時の支払い方法について聞くと「クレジットカード」が最も多く55.3%だった。「現金」派はわずか14.8%だった。(2022/3/24)

JCB、三菱UFJ銀行登録の情報を自動入力してクレカ申込み可能に 10月サービス開始
 ジェーシービー(東京都港区)は3月16日、三菱UFJダイレクトの利用者を対象とした、クレジットカードの申し込みを簡易化するサービスを、2022年10月より三菱UFJ銀行と開始すると発表した。APIで銀行と連携し、クレジットカードの申し込みを簡易化するサービスは、日本初となる。(2022/3/17)

調査で判明:
クレジットカードを選ぶときに重視すること 2位「ポイント還元率」、1位は?
タンタカが運営する、お金に関するメディア「お金を借りる即日融資ガイド110番」が、クレジットカードを選ぶ際に重要視していること、保有している枚数、国際ブランド、利用額などについて調査した。(2022/3/12)

企業の撤退が相次ぐ:
ビザとマスター、ロシアでの業務停止
ロシアのウクライナ侵攻を受け、米企業でロシアから撤退する動きが広がっている。米クレジットカード大手のビザとマスターカードは5日、ロシアでの業務停止を発表した。米決済サービス大手ペイパルも事業凍結を表明した。(2022/3/7)

成人年齢引き下げ、「クレカの申請」に関心ありが最多
 エイチームライフデザインの運営する「ナビナビ」は、18〜19歳の男女を対象に「成人年齢引き下げによるクレジットカード利用への意識調査」を実施した。成人年齢引き下げに伴い一番関心がある変更点は「クレジットカードの申請」と回答した人が最も多く、44.1%と半数近い結果となったことが分かった。(2022/3/4)

「クレカ情報が漏えい」とする詐欺に注意 メタップス不正アクセス問題に便乗
メタップスペイメントの不正アクセス問題に便乗し、カード情報を盗もうとする詐欺メールやSMSが出回っているとして、ローソン銀行が注意喚起した。(2022/3/3)

au経済圏に証券を融合 カブコムクレカ積み立て5%還元の狙い
カブコム証券の狙いは「au経済圏の中に証券を融合させるべく踏み出した一歩」(石月氏)だ。クレカ積み立てによる単なるポイント還元に留まらず、au回線契約者には追加の還元を行う点に、それが現れている。(2022/3/2)

auカブコム、クレカ積み立て参入 au回線保有者には最大5%還元
auカブコム証券は3月2日、クレジットカードを使った投資信託の積立サービスを3月28日に開始すると発表した。利用できるクレジットカードは、au PAYカード。積立額の1%をPontaポイントで還元する。(2022/3/2)

メタップスペイメントからクレジットカード情報が流出 最大46万件
(2022/3/1)

日本生命でも最大約1.5万件のカード情報流出か メタップス不正アクセス問題の影響で
メタップスペイメントの不正アクセス問題に関連して、日本生命保険が、最大で約1万5000人分のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。(2022/2/28)

ロシアのウクライナ侵攻を受け:
楽天G、ウクライナ支援の基金創設 楽天ポイントやクレカでも募金可
楽天グループがロシアの軍事侵攻を受けているウクライナ政府を支援するため「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」を創設した。現時点での募金手段として、楽天ポイントやクレジットカードを提供しており「楽天銀行口座への振込による募金は近日中に受付開始する」としている。(2022/2/28)

クレカ情報流出の恐れで謝罪企業続々 AKB、公共施設、赤十字、チケットサイトなど メタップス不正アクセス問題
メタップスペイメントが不正アクセスを受け、カード情報最大46万件が流出した可能性のある問題に関連して、AKB48グループや公共施設、日本赤十字社、チケットサイトなどが、「情報流出の可能性がある」としてユーザーに対して謝罪した。(2022/2/28)

キャッシュレス決済の拡大に「デビットカード」が欠かせない理由
銀行口座に直結して支払時にすぐさま口座から現金が引き落とされるデビットカードが拡大している。特に国際ブランドが利用可能なブランドデビットが急伸しており、世界におけるVisaブランドのデビットカード取扱高はクレジットカードを超えている。国内ではクレジットカードの伸びは頭打ちだが、デビットカードはまだ成長の余地が残されている。(2022/2/28)

日本赤十字社でクレカ情報最大約5000件流出の可能性 メタップス不正アクセスに巻き込まれ
日本赤十字社は、寄付の決済で利用されたクレジットカードの情報が最大で5283件流出した可能性があると発表した。クレジットカード基盤を提供するメタップスペイメントへのサイバー攻撃が原因。(2022/2/28)

メタップス、不正アクセスやられ放題 最大46万件のカード番号やセキュリティコード流出か バックドアやSQLインジェクションの痕跡見つかる
メタップスペイメントのデータベースから最大で46万件のクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードなどが流出したことが分かった。サーバへの不正ログイン、SQLインジェクション、バックドアの設置などさまざまな攻撃を受けていたという。(2022/2/28)

人気コスメ「THREE」「アンプリチュード」に不正アクセス クレカ情報、最大10万件流出の可能性
ACROは24日、化粧品ブランド「THREE」と「Amplitude」(アンプリチュード)の公式オンラインショップが第三者による不正アクセスを受け、合わせて10万3935件のクレジットカード情報が漏えいした可能性があると発表した。(2022/2/24)

MUFGとAkamaiの“世界最速ブロックチェーン”、1年待たず廃業へ コロナ禍で黒字化困難に
MUFGと米Akamai Technologiesの連結子会社、Global Open Network Japanは、同社のクレジットカード決済基盤「GO-NET」事業を停止する。コロナ禍で黒字化が困難になったとしている。(2022/2/24)

「続けられるよう設計している」マネックス証券、クレカ積み立て1.1%に自信
2月25日から新たにクレジットカードを使った投信積立サービスをスタートするマネックス証券。還元率は、キャンペーンを除くと業界最大となる1.1%だ。マネックス証券の山田真一郎プロダクト部長は、1.1%還元の継続性に自信を見せた。(2022/2/22)

クレカ積立を大転換する楽天証券 楠雄治社長が語る狙いと背景
楽天証券の戦略が転機を迎えている。新規顧客を獲得する最大の武器だったクレジットカードによる投信積立について、ポイント還元率を従来の1%から、多くのファンドで0.2%まで引き下げる。この背景には何があったのか? 楽天証券の楠雄治社長に聞いた。(2022/2/18)

Computer Weekly日本語版
クレジットカード番号は解読可能 身を守る方法は「たった一つ」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/2/18)

トラブル1位は「紛失」:
「クレジットカード」の利用で後悔したこと 2位「支払い能力を超える利用」、圧倒的1位は?
Agooraが運営する「クレジットカードおすすめ比較隊」はクレジットカードを所有し、何らかのトラブルや後悔を経験している人を対象にアンケートを実施した。(2022/2/15)

カード会員の意識と行動を一気通貫で分析・検証:
三井住友カードとマクロミルが連携 アンケート結果とカード購買履歴を組み合わせた分析を実現
三井住友カードのキャッシュレスデータ分析支援サービス「Custella」とマクロミルのネットリサーチシステムが連携。アンケート結果(意識データ)とクレジットカード購買履歴(行動データ)を併せた分析を実現する。(2022/2/15)

マリオットと提携、SPGアメックスの進化型「マリオット ボンヴォイカード」新発行
 アメリカン・エキスプレス・インターナショナルとマリオット・インターナショナルは2月8日、新たな提携クレジットカードを2月24日より発行すると発表した。(2022/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。