ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドキュメンタリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドキュメンタリー」に関する情報が集まったページです。

電通デジタルが読み解く、SNSマーケの最旬トピックス:
BAD HOPの「解散ライブマーケティング」は何がすごかった? SNS専門家が解説
2月9日に解散したBAD HOP、その「解散ライブ」当日までの全方位な話題喚起の波状設計は完璧でした。彼らの「解散ライブマーケティング」は何がすごかったのか、SNSの観点から分析します。(2024/6/18)

「犬なんていらん」と言っていた頑固な父→人間大好きワンコと出会ったら…… 驚きの変化に「結末は分かってた」「壮大なドキュメンタリーw」
あえて接する機会を設けた投稿主さん。(2024/6/18)

I&CO APAC高宮範有氏に聞く:
琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代表に就任した高宮範有氏に聞いた。(2024/6/17)

パリ五輪巡りロシアが妨害工作、トム・クルーズさんの偽音声も 米Microsoftが報告書
7月26日のパリ五輪開幕を前に、ロシアが偽情報や中傷メッセージを拡散して妨害工作をしている手口が明るみに出た。米Microsoftが2日に発表した報告書で指摘した。生成AIで米人気俳優トム・クルーズさんの声を偽造したハリウッド風動画もある。(2024/6/6)

タイムアウト東京のオススメ:
カンヌ国際映画祭でスタジオジブリに「名誉パルムドール」
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/6/4)

「今までに無いコラボレーションになるという予感」那須川天心、Prime Videoとスポンサー契約 7月にWBA4位と対決
「Live Boxing 9」でWBA世界バンタム級4位と世界ランカー対決。(2024/5/31)

128年前の世界各地のモノクロ映像、カラー化する興味深い取り組みが300万再生
映画の父と言われたリュミエール兄弟の映像をカラー化。(2024/5/19)

伝説のドキュメンタリー番組の仕掛け人が上梓した『ありえない仕事術』とは?
“伝説”のドキュメンタリー番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」シリーズを手掛けた上出遼平氏。話題作であり、問題作でもある『ありえない仕事術 正しい〝正義〟の使い方』(徳間書店)執筆の裏側を聞いた。(2024/5/18)

「バチェロレッテ・ジャパン」が2年ぶり新シーズン 正体不明のホワイトローズに再び嵐の予感
6月27日からPrime Videoで独占配信。また嵐が来るな(確信)。(2024/5/14)

「プラモデルと世界をつなぐ」プラモ啓発アイドルのドキュメンタリー映画が上映へ
BANDAI SPIRITSのプラモ啓発アイドルグループ「LINKL PLANET」。(2024/5/11)

“激変”話題だったメグ・ライアン、23年ぶりにファッションの祭典に登場! 現在の姿が「お見事!」「アメリカの恋人」と絶賛
現在62歳のメグ。(2024/5/8)

「井上尚弥VS.ネリ」を独占配信 Amazonプライム・ビデオの狙いは?
Amazonプライム・ビデオは、5月6日に東京ドームで開かれる4団体統一世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、4階級制覇王者の井上尚弥選手と、元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ選手をメインカードとするイベントを独占ライブ配信する。(2024/5/5)

「朝倉未来VS.平本蓮」でTHE MATCHの視聴数を超えられるのか? RIZIN榊原CEOに聞いた
格闘技ビジネスにとどまらず日本の興行史に残る記録となったTHE MATCH 2022。超RIZIN.3では、その記録を超えられるのだろうか。RIZIN榊原CEOに戦略を聞いた。(2024/5/2)

「ゲームにしか見えない」――レッドブルのサーキット専用ドローンの映像が「実写っぽくない」と話題に
レッドブルジャパンがXに投稿した動画が話題だ。サーキットを高速で走るバイクをドローンで追従撮影した動画で、その「CGっぽさ」に注目が集まっている。実写映像であるにもかかわらず、CGに見えるのはなぜなのだろうか。(2024/5/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
生成AIで死者を“復活”させるビジネスは人を救うのか 指摘される懸念とは?
生成AIに画像や声などを学習させることで亡くなった人と対話できる、中国発のサービスが話題になっている。このようなサービスは世界各国で登場している。人々の心を癒やす効果がある一方、精神に害を及ぼす可能性や倫理的な問題も指摘されている。(2024/4/27)

コスパ最強ホラー、公開25年目のリブート決定に主演俳優3人が“正当報酬”要求 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」
過去に30万ドルを受け取りながらも再度声を挙げた意図は。(2024/4/26)

NHK、旧「プロジェクトX」の名作回を月に1回のペースで再放送 4月は「黒四ダム」、今後「VHS」回も
NHKは、18年ぶりに復活した「新プロジェクトX〜挑戦者たち〜」を機に、旧シリーズで反響の大きかった回を月に1本のペースで再放送する。(2024/4/24)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
イベントの告知を書こうと思ったのに「H3」で心変わりをした夜
素晴らしいドキュメンタリー番組でした。(2024/4/22)

レノボ、「F1への技術提供」の舞台裏 「5000億円の収益」を支えるITインフラとは?
F1のITインフラを支え、培ってきた技術と経験を提供しているのがLenovoだ。22年からF1の公式パートナーとなっている。レノボは世界最高峰のレースをいかにして支援しているのか。レノボ・ジャパンの檜山太郎社長と、F1の担当者に取材した。(2024/4/19)

「これは泣く……」「愛が伝わる」 夫が作った自宅保育“卒業”アルバムがステキすぎると話題
まるで妻と子へのラブレター!(2024/4/8)

BTS、SEVENTEENを擁するHYBE ゲーム事業に参入するワケと勝算
数々のグローバルアーティストを輩出してきたHYBEが、なぜゲーム事業に本腰を入れるのか。同社のゲーム事業を手掛けるHYBE IMのチョン・ウヨン代表取締役を直撃した。(2024/4/2)

大谷翔平選手の妻・真美子さんの姿が中継映像に…… 「風習が違うんだよ」米在住歌手が持論展開
「大リーガーの家族になるというのはそういう事なんすよ」と訴えています。(2024/3/19)

NHKで復活「新プロジェクトX」、第2回のテーマは“カメラ付き携帯” シャープのガラケーを特集
番組の情報公開後、シャープの公式X(旧Twitter)が同番組に言及し、シャープのカメラ付き携帯電話が放送内容に含まれることを明らかにした。(2024/3/13)

4月1日から:
電車内でオリジナル番組を放送 新しい“テレビ局”「TRAIN TV」開局
ジェイアール東日本企画は、首都圏JR主要路線およびゆりかもめの車両サイネージで放映する新たな番組配信プラットフォーム「TRAIN TV」を開局すると発表した。(2024/3/8)

auとUQ mobile、サブスクがお得な「Apple One」を3カ月間無料提供
KDDIは、auとUQ mobileユーザーを対象に「Apple One」を3カ月間無料で提供。Apple OneではApple Music、Apple TV+、Apple Arcarde、iCloud+の合計月額3010円相当のサービスを月額1200円(税込み)で利用できる。(2024/3/6)

永遠のファッショニスタ、アイリス・アプフェルが102歳でこの世を去る 「伝説よ!」「アイコンの中のアイコン」と賛辞あふれる
生涯現役を貫いたアイコン。(2024/3/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
初めての市販車発売の翌年にF1初参戦、60年前に思いをはせる
週末です。1週間お疲れさまでした。今週末は個人的に特別です。なぜならF1のシーズンスタートだったからです。(2024/3/3)

“反ユダヤ”批判受けたベルリン映画祭 SNS乗っ取り被害も対応声明でまた炎上「臆病で哀れ」「映画人を守れず存在意義とは」
世界三大映画祭のうち、特に政治色が強く大衆主義的ではないと位置付けられています。(2024/2/27)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
泥臭く人間味のある舞台裏はなぜ人を引き付けるのか
自分の手元に届くまでに誰がどうやって仕事をしているのか、それを知ることは楽しいですよね。(2024/2/21)

築32年マンションを貸し出すためにセルフリノベーション! 本気の解体作業に「見ていてスッキリ」
リノベーションを一人でやることがもうすごい。(2024/2/25)

NHKの「プロジェクトX」18年ぶり復活 4月から毎週土曜夜
NHKの人気番組だった「プロジェクトX」が18年ぶりに復活する。(2024/2/14)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
日本生まれのプロ向け映像編集ソフト「EDIUS」 新バージョンで強化した“小規模ワークフロー”とは
現場で見かけるのにシェア調査で表に出てこないソフトの代表格が、Avid「Media Composer」とGlassValley「EDIUS」だろう。GlassValleyは米国の老舗スイッチャーメーカーだが、EDIUSは日本で開発されていることから、日本にユーザーが多い。(2024/2/3)

古舘伊知郎の長男が所属のバンド「THE 2」、解散ライブが無料配信決定 作品化のためのクラファンも始動
2月22日に行われるワンマンライブで解散する「THE 2」。(2024/2/1)

「超大舞台」目前のオードリー若林、“銀座で自腹購入”のオーダースーツ姿で一変 大満足の仕上がりに「ニヤニヤが止まらんね」「カッコいいわ」
若様かっこいい!(2024/1/28)

映画「バービー」を「ハリウッドの幼児化」と毒舌批判 オリバー・ストーンが過去の発言を謝罪「無知だった」
いまだ「言わされてる?」との邪推も。(2024/1/25)

神木隆之介、浜辺美波の「パーンチ!」にも無表情 映画「ゴジラ-1.0」コンビの“じゃれあい”にファンほっこり「ここ最近一番好きなペア」
NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」でも共演していた2人。(2024/1/13)

“路上の伝説”朝倉未来が映画化 樹林伸、三池崇史監督ら参加の「蒼き路上の伝説」で本人役出演
若者がBreakingDownへの出場を目指す青春ストーリーとなっているもよう。朝倉さんは若者に影響を与えた存在として描かれるようです。(2023/12/31)

「ちゃぶ台返しはしない」 シン・エヴァ制作進行が見た“マネジャー庵野秀明”の姿(後編)
「庵野さんは“ちゃぶ台返し”はしない」。シン・エヴァの「Avant2パート」「Aパート」で制作進行を担当した成田和優氏は言う。成田氏へのインタビューから、マネジャーとしての庵野秀明をひもといていく。(2023/12/30)

「15人のはんこリレー」vs.「庵野秀明との対話」 JAXAからカラーに移った、とある新人制作進行の話(前編)
JAXAからアニメの制作進行に転向するという異色の経歴の人物がいる。成田和優氏だ。なぜ職を移ったのか。両者の違いと共通点は。シン・エヴァの制作を通じて感じた、アニメ業界のマネジメントとは。「プロジェクト・シン・エヴァンゲリオン」の著者でもある成田氏に話を聞いた。(2023/12/29)

藤岡弘、大河デビューの“18歳次女”と華麗なる父子ショット 美男美女ファミリーが注目の的「理想の家族」「可愛い娘さん」
年末にテレビ共演。(2023/12/26)

アマプラ2024年1月の見放題作品に「キングスマン」「物語」シリーズ 「鋼の錬金術師」新旧アニメも
「エイリアン」シリーズや「家なき子」も。(2023/12/26)

クロちゃん再び首までガッツリ埋まる 藤井健太郎プロデュース「大脱出2」、DMM TVで独占配信
小峠さん「とてもじゃないですが、地上波では流せないです。放送したら2、3人クビになると思います」。(2023/12/22)

2023→2024年末年始の“注目バラエティー”総まとめ 恒例の「M-1」「紅白」や「芸能人格付けチェック!」など目白押し
大量すぎてどれ見るか迷う。(2023/12/22)

「ゴジラ-1.0」のモノクロ版が上映決定 タイトルは「マイナスカラー」 新たな入場者特典も
東宝は、映画「ゴジラ-1.0」のモノクロ映像版を上映すると発表した。タイトルは「ゴジラ-1.0/C」(ゴジラマイナスワン/マイナスカラー)で、2024年1月12日から上映する。(2023/12/20)

真夜中ドラマ「地球の歩き方」、三吉彩花&森山未來&松本まりか&森山直太朗が出演決定
2024年1月13日スタートです。(2023/12/19)

恋愛映画を見ると三島食品の「ゆかり」がもらえる!? クセの強い入場特典が理由を聞くと納得
ゆかりを漢字で書くと……。(2023/12/14)

「10年ぶりに彼氏ができた!」「ついに関係解消」 すみだ水族館の「ペンギン相関図2024」が今年もややこしくて面白い
2024年もペンギンたちから目が離せない!(2023/12/13)

Apple、「App Store Award」の受賞アプリ発表 ティム・クックCEO、「優れた創意工夫、卓越した品質」などと称賛
米Appleは11月29日(現地時間)、2023年のベストアプリとベストゲームの受賞作を発表。優れた創意工夫、卓越した品質、明確な目的が示されたアプリが受賞したという。ティム・クックCEO(最高経営責任者)のコメントも発表された。(2023/12/1)

石川温のスマホ業界新聞:
スポーツイベントの「動画SNS投稿禁止」はアリかナシか――SNS全盛時代に無視できない配信権問題
11月16日から19日まで開催された「フォーラムエイト・ラリージャパン2023」では、KDDIが「新しいラリーの観戦スタイル」を提案する取り組みを行った。この取材で改めて思ったのが「レギュレーション(制限/制約)」がもたらすリスクだ。(2023/11/26)

汚すぎる名車をリストアしたら…… 「復活!レストア大作戦」が日本初放送、ガチ勢によるビフォーアフターがすごい
初代ロードスターなども登場。(2023/11/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。