ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「民主党」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「民主党」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「専門家」の予想に疑問:
円売り投機はピークを過ぎたのか 「年末までに1ドル=200円近くまで下がる」は無責任
エコノミストたちの外国為替相場の「予測」ほど、無責任で人騒がせなものはない。今週初め、円ドル相場が1ドル=130円台まで付けた途端、潮のごとく引いたが、つい先週までは年末までには1ドル=200円近くまで下がるなどという「専門家」予想がネットに氾濫していた。(2022/8/5)

イーロン・マスクのTwitter買収を米右派はなぜ歓迎したのか そしてなぜ、私たちも歓迎できる可能性があるのか
小林啓倫さんに、イーロン・マスクによるTwitter買収の一連の動きを題材に、政治とSNSの関係を論じてもらいました。(2022/8/1)

“暴露系YouTuber”「ガーシー」当選の衝撃、NHK党・立花党首が「選挙はビジネス」と語るワケ
NHK党(N党)から比例で出馬した、“暴露系ユーチューバー”「ガーシー」こと東谷義和さんの当選に注目が集まっている。選挙戦略などを立花孝志党首に聞いた。(2022/7/15)

今夏の電力供給にはめど:
政府、原発稼働本格化 今冬までに最大9基、岸田首相「電力消費量の1割に相当」 エネルギー安定供給目指す
岸田文雄首相が記者会見で、今冬のエネルギーの安定供給を実現するため、原発を最大9基稼働する方針を明らかにした。日本全体の電力消費量の1割に相当するといい、岸田首相は「電力の安定供給を確保できるよう全力で取り組んでいく」としている。(2022/7/15)

市井紗耶香、17歳長女&15歳次女と母子ショット 3人そろって笑顔の口元に「本当に似てます」「三姉妹で行ける」
市井さん似の2人。(2022/7/11)

安倍元首相が心肺停止 立憲や国民の党首ら「容態が心配」「絶対に許せない」など投稿 海外にも衝撃与える
アメリカやイギリスなど世界中のトレンドでも「Shinzo Abe」が上位に位置しています。(2022/7/8)

野村総研、「テレビ消せばエアコンの1.7倍の節電効果」レポートに注意喚起 「11年前とは家電の性能が異なる」
野村総合研究所(野村総研)が11年前にまとめた「テレビ消せばエアコンの1.7倍の節電効果」と記載したレポート内容がTwitterで注目を集めている。これに対し野村総研は「当時と今では家電の性能が異なる。参考程度にとどめてほしい」と注意を呼び掛けている。(2022/6/28)

Facebook、政治家と若者がVR空間で議論するイベント 議員は「没入感がある」「実証実験に使える」など
Facebook JapanがVR空間で若者と政治家がディスカッションするイベント「メタバースで政治・選挙はどのように変わるか」を開催した。参加した衆議院議員は「没入感がある」「政策の実証実験に使える」「法案提出を急ぎたい」などと話したという。(2022/6/17)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

本田雅一の時事想々:
スパコン富岳が世界1位から転落 「2位じゃダメなんでしょうか?」を、もう一度考える
理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳(ふがく)」が、計算速度の世界ランキング「TOP500」で世界2位に転落した。このニュースに伴い、富岳の開発背景を振り返りながら、2009年にスパコンの予算を巡る国会の事業仕分けで発された「2位じゃダメなんでしょうか?」という問いについて考える。(2022/6/3)

我慢の限界に達する現場:
正座で軟禁・盗撮しSNSに投稿…「カスハラ」の深刻な実態と従業員の「怒りの声」
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が深刻度を増している。暴力行為、土下座の強要、無断撮影しSNSに投稿――。度が過ぎた行為に、現場は苦悩を募らせる。体調不良や離職にもつながりかねないカスハラ被害に、有効な手立てはあるのか。鉄道や航空、輸送などの現場で働く人が集い、カスハラの実態と対策について話し合った。(2022/5/25)

米超党派上院議員、Googleの広告事業分割を狙う新法案を提出
米国の超党派上院議員は新たな法案「Competition and Transparency in Digital Advertising Act」を提出した。企業によるオンライン広告事業参入を1つの領域に絞ることを義務付けるもの。法制化されればGoogleやMetaは広告事業をスピンオフしなければならなくなる可能性がある。(2022/5/20)

検温と消毒、そしてマスク 3年ぶりのリアル開催「ニコニコ超会議2022」コロナ禍を超えて帰ってきたニコ厨たちの祭典レポート
雨で少しひんやりした1日でした。(2022/4/30)

海外医療技術トレンド(82):
ソフトウェア部品表「SBOM」に着目、米国FDAの医療機器市販前セキュリティ対策
本連載第80回で、米国食品医薬品局(FDA)の2022会計年度医療機器ガイドライン策定計画を取り上げたが、早速、市販前サイバーセキュリティ要求事項に関する草案が公開された。(2022/4/15)

バブルはいつか弾ける:
中国、韓国で不動産バブルが終焉か 価格が高止まりの日本
2008年のリーマン・ショック直後から始まった世界的な金融緩和は、各国で不動産市場のバブルを形成した。ところが、日本はぐずぐずしているうちに景気が悪化。国民の不満が爆発して、09年には民主党政権が誕生してしまう。(2022/4/11)

白熱するステーブルコイン法の議論 消費者保護とテクノロジーの発展を守ることができるのか
ステーブルコインをめぐる議論が熱くなる中、2022年2月、米下院議員がステーブルコイン法案のディスカッションドラフトを公表した。連邦政府が新しいテクノロジーを恐怖心から規制することはあってはならない、と訴える。(2022/4/5)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高くなるクルマ コスト高は本体価格だけではない
この20年、サラリーマンの給料が上がらないといわれているにもかかわらず、クルマの価格は上昇していく一方だ。軽自動車でも200万円が当たり前の時代。クルマを買い替えよう、あるいは新たに購入しようと思った時、感じたことはないだろうか「クルマって高くなったなぁ」と。(2022/3/31)

ゼレンスキー大統領の国会演説が23日18時から YouTubeやニコニコでも視聴できるぞ
外国の元首による国会演説がオンライン形式で行われるのは初めて。(2022/3/23)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ロシアからの石油や天然ガスが途絶えても、米国のシェールオイルがカバーできる?
ロシアによるウクライナ侵攻が続いていることで、原油価格が急上昇している。中東の産油国が集うOPECは、今回のウクライナ危機によって原油の増産を検討し始めているが、それ以外にも原油の供給を増強させようという動きがある。それは米国のシェールオイル業界だ。(2022/3/15)

負の遺産:
ウォンが暴落 韓国政権交代も経済は“視界ゼロ”
尹氏は10日、当選を受けて、「国民をだまさない正直な政府、国民の前に正直な大統領になる」と決意を述べた。経済については政治主導から「人中心」に転換することを約束し、「持続可能な発展は、成長と福祉が公正に好循環してこそ可能だ」と力説した。聯合ニュース(日本語電子版)が伝えた。(2022/3/13)

オンライン国会可能? 憲法審で参考人質疑
衆院憲法審査会は24日、憲法56条が議員の「出席」を国会審議の条件としている中、オンライン審議が憲法上認められるかどうかをめぐり、憲法学者2人を招き参考人質疑を実施した。(2022/2/25)

投資家の95%が不支持:
「原油高騰」「ワクチン遅れ」「家計支援なし」の三重苦 専門家の声は?
ロシアのウクライナ侵攻に警戒感が強まるなか、エネルギー供給の混乱など世界経済のリスクも現実味を帯びている。長引くコロナ禍に苦しむ日本経済も正念場だが、ワクチンの追加(ブースター)接種遅れや、不十分な経済対策など岸田文雄政権の失策が影を落とす。(2022/2/18)

オンライン審議、各党認識の違いも 衆院憲法審
衆院憲法審査会が、オンラインによる国会審議の是非について自由討議を行った。共産党以外はオンライン審議を可能とすべきと主張。自民党は改憲議論の一環に位置付けるべきとしたが、立憲民主党や公明党、国民民主党は衆院規則の改正で十分と訴えた。(2022/2/18)

BNPL市場はどうなる? “脱法”後払いビジネスの闇に米国政府が監視を強化
後払いサービスは手元に資金がなくてもチャンスを逃さず買い物ができる便利なサービスとして普及しつつある。市場が盛り上がり、さまざまなプレーヤーが参入する中、このサービスのスキームそのものに「脱法」疑惑が持ち上がっている。(2022/2/17)

国会でオンライン審議導入焦点 「出席」の解釈が障壁に
オンラインでの国会審議の導入が今国会の焦点として浮上してきた。憲法では、開会と議決できる条件を「総議員の3分の1以上の出席」としており、一般に「出席」とは物理的に議場にいることを意味すると解されている。(2022/2/15)

America COMPETES Act of 2022:
米下院、CHIPS法への資金提供とR&D強化を含む法案提出
米国の半導体製造の復活と技術サプライチェーンの強化を目指す取り組みは2022年1月24日(米国時間)の週、米国製半導体の「生産の急増」に向けた資金提供と幅広い技術の研究開発への投資を盛り込んだキャッチオール法案が提出されたことで、進展を見せた。(2022/2/3)

市井紗耶香、参院選立候補を辞退 「子育てと選挙活動を両立していくことの厳しさも痛感」
2019年の参院選では落選していました。(2022/1/24)

米議事堂乱入事件の下院調査委員会、Alphabet、Meta(旧Facebook)、Twitter、Redditに召喚状
2021年1月6日の米連邦議会議事堂乱入事件について調査中の米連邦議会下院特別委員会は、Alphabet、Meta、Twitter、Redditに召喚状を送った。昨年夏に事件に関する記録の提出を求めたが、十分な回答がなかったため。(2022/1/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
岸田首相も同調した「自社株買い規制」、実現すれば明治時代に逆戻り?
“株もたぬ首相”、岸田文雄氏による金融市場のへ締め付けがとどまるところをしらない。岸田氏は14日の衆議院予算委員会において、企業が実施する自社株買いの質疑応答の場面で「自社株買い規制」を「重要なポイント」としたうえでガイドラインの制定に言及した。(2021/12/17)

Instagramのトップ、公聴会前日に若者を保護する取り組みを説明
Instagramのトップ、アダム・モッセリ氏は12月8日にInstagramの若者に与える悪影響についての米上院小委員会の公聴会に出席する。その前日、同氏は複数の若者を保護するための新機能について公式ブログで説明した。(2021/12/8)

Instagramのトップ、議会公聴会で若者に与える影響について証言するとツイート
Meta(Facebook)傘下のInstagramでトップを務めるアダム・モッセリ氏は、Instagramが若者に与える影響についての上院委員会の公聴会で証言するとInstagram投稿で発表した。公聴会は12月6日の週に開催の見込みだ。(2021/11/25)

2050年のカーボンニュートラルはただの「お題目」:
選挙カーで、大量のCO2を排出する“大罪” なぜ日本で「選挙DX」は進まないのか
第49回衆院選挙は10月31日に投開票が行われ、激しい選挙戦を終えた。期間中、風物詩の「選挙カー」をうるさいなあと感じた人も多いだろう。テレワーク、ハンコ廃止など企業のデジタル化やDXはどんどん進むのに、なぜ選挙はこんなにも「アナログ」なのだろうか。海外ではネット投票やデータを活用した選挙戦略が目立つにもかかわらず、日本に「選挙DX」が起こらないのはなぜか?(2021/11/11)

スピン経済の歩き方:
賃金は本当に上がるのか? 安いニッポンから抜け出せない、これだけの理由
選挙戦が盛り上がってきたが、ビジネスパーソンが気になるのは、やはり「賃上げ」だ。賃上げを達成するために、各政党は目玉政策を打ち出しているが、その中でひときわ目を引く「謎の政策」がある。それは……。(2021/10/26)

Facebook幹部、“WSJ砲”関連公聴会でほとんど回答せず 10月5日には内部告発者召喚の公聴会
米上院の小委員会はFacebookとInstagramが若者のメンタルヘルスに与える害についての公聴会を開いた。召喚されたFacebook幹部は「害よりも益が多い」と主張し、議員らの要請を受け流した。(2021/10/1)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)

働き方の「今」を知る:
45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
経済界で大きな話題を呼んだ「45歳定年制」。賛否両論だが、果たして本当に「人材流動化」を生み出すのか、あるいは「人材切り捨て」となるのか。悲しい結末に至らないためのカギを解説する。(2021/9/28)

TechTarget発 世界のITニュース
NSAがロシアの「ブルートフォース攻撃」に警鐘 “総当たり”に有効な防御は?
NSAはロシアのサイバー犯罪組織の攻撃活動が活発化していると警告している。攻撃にはどのような手口が使われるのか。どうすれば自社を守れるのか。(2021/8/31)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(前編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめをどうぞ。まずは前編です。(2021/8/26)

横浜の新市長はデータサイエンティスト 「コロナワクチンはデルタ株に効く」研究でも注目
データサイエンティストの山中竹春氏が横浜市長に。「市政のデジタル化推進」も掲げる山中市長が、コロナ禍の市政をどう進めていくか、手腕に注目だ。(2021/8/23)

「国会の質疑オンライン化して」大臣や議員から要望続く 平井・河野両大臣が意欲
国会質疑についてオンライン化を求める声が複数の現役閣僚から出ている。河野太郎行政・規制改革担当相は「国会が許可してくれるなら、オンラインで答弁したい」と意欲を見せた他、平井卓也デジタル改革担当相も「コロナ対策では必要なことではないか」とした。(2021/8/23)

Amazonの車載カメラの是非を問う【前編】
Amazonの配送車両のカメラは何を記録しているのか? プライバシー懸念の声も
「ドライバーと地域の安全を守る」という名目で、Amazon.comは配送車両のカメラで車内外の様子を記録している。米国議会議員や専門家は、この録画がプライバシーに及ぼす影響に懸念を示す。同社の主張とは。(2021/6/15)

米下院司法委員会、GAFA規制の5法案を提出 企業分割や買収規制
16カ月にわたってGoogle、Apple、Facebook、Amazonを調査してきた米下院司法委員会が、これらのIT大手を規制する5本の法案を発表した。成立すれば、App Storeのルール見直しやGoogleによるYouTube売却を強いる可能性がある。(2021/6/12)

KAMIYAMA Report:
これからのリスクを考える
最初に、「テーパリング(tapering)」の意味がしばしば誤解されているので明確にする。テーパリングとは、「先細り」を意味するtaperから派生した言葉であり、量的緩和そのものが終わるのではなく、スピードダウンすることだ。(2021/6/1)

働き方の「今」を知る:
官僚アンケートで発覚 未だに「残念すぎる」霞が関の働き方と、改革を阻むカベ
民間企業に投げかけられている「テレワーク7割」の掛け声だが、霞が関は実現できているのか? 官僚アンケートで明らかになったのは、残念すぎる内情だ。(2021/5/18)

訴状と声明を基に整理
Amazonが「黒人従業員への差別」で訴えられる 何が起きていたのか?
黒人従業員に対する差別的な扱いに関する訴訟に直面しているAmazon.com。同社で何が起きていたのか。原告による訴状と、同社の声明を基に整理する。(2021/5/4)

バイデン政権、IT大手規制論者のカーン氏をFTC委員に指名
ジョー・バイデン米大統領が、米連邦取引委員会(FTC)の委員にIT大手規制論者のリナ・カーン氏を指名した。政府によるGAFA対応が厳しくなりそうだ。(2021/3/23)

iPhone版COCOAアプリに初期化されてしまう不具合、デジタル改革担当相認める
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の不具合に関し、国会で質疑応答があった。(2021/2/18)

20代総合職の3割が「過労死ライン」超え:
「テレワーク7割」どころか、紙業務・サービス残業が横行の霞が関官僚 「与野党合意」で民間企業の模範となれるか?
政府が要請する「テレワーク7割」だが、そもそも霞が関で働く官僚が達成できていない。それどころか、民間企業未満の過酷な働き方が昨今明らかになっている。その元凶ともいえる国会対応を巡る与野党合意で、民間企業の模範へと変わっていけるのだろうか。(2021/2/10)

バイデン政権下で巨大IT企業はどうなる【後編】
バイデン政権に「GAFA弱体化」を進める大義名分と覚悟はあるのか?
反トラスト政策の支持者は、バイデン政権への移行とともに巨大IT企業の独占状態が解消されるものと予想する。一方ビジネス視点に立つと、巨大IT企業が弱体化することで米国経済は痛手を受ける可能性がある。(2021/2/3)

申請期限が延長へ:
対象者のほとんどが知らない!? 政府の「休業支援金」、執行率わずか1割
新型コロナウイルス感染拡大の影響でシフトが減ったアルバイトも利用可能です。(2021/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。