ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゲームセンター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲームセンター」に関する情報が集まったページです。

仕掛け人を直撃:
増え続ける「ガシャポンのデパート」 仕掛け人が語った「第4次カプセルトイブーム」の実像
バンダイナムコアミューズメントが運営するカプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」が急増している。運営の実態はどうなっているのか。「第4次カプセルトイブーム」について担当者に話を聞いた。(2021/7/22)

仕掛け人を直撃:
急増する「ガシャポンのデパート」 売り上げ目標2倍を達成した“うれしい誤算”とは
バンダイナムコアミューズメントが運営するカプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」が増えている。2020年8月に1号店がオープンしてから28店舗まで増えた。どういった点が支持されているのか。(2021/7/21)

タイトーがeスポーツチーム発足 「ゲーム好き従業員を応援」
タイトーがeスポーツチーム「ARCADER」を発足。アーケードゲームの大会に参戦する。(2021/7/1)

「たべっ子どうぶつ」を箱ごと再現したクッションが人気 中のビスケットまで取り出せる家宝級のかわいさ
イオン系アミューズメントスペースのプライズ限定品。(2021/6/29)

バレたらポイント返還で一方的な幕引き? オンラインクレーンゲームが抱える問題点、業界大手5社に見解聞いた
アミューズメント大手は「連続プレイ中の設定変更は不正」だと回答。(2021/6/20)

'90年代アーケード筐体を再現した卓上ゲーム機、タイトーが発売 内蔵40タイトルに追加もできる
タイトーが1990年代のアーケード筐体を再現した小型ゲーム機「EGRET? mini」を発売する。「スペースインベーダー」「エレベーターアクション」「バブルボブル」など収録。(2021/6/4)

タイトーがソフト40本収録のミニアーケード筐体発売 「カイザーナックル」収録で誰でもジェネラルTA可能に
最強の尖兵に挑もう。(2021/6/4)

セガ、「バーチャファイター eスポーツ」正式発表! PS4とアーケードで6月1日から順次リリース、PS Plusでフリープレイも
10年待ってた!(2021/5/27)

バンダイナムコ、パックマンなど自社IPの「ゲーム実況」「ファンメイドコンテンツ」のポリシーを公開
アーケードゲームと家庭用ゲームが対象。(2021/5/21)

走るモルカー人形「びゅんびゅん!モルカー」が予想以上のびゅんびゅん感 シロモ、お前こんなに速く動けたのか……
5月21日よりナムコのアミューズメント施設に「PUI PUI モルカー」オリジナル景品が登場。(2021/5/21)

【なんて読む?】今日の難読漢字「筐」(「ゲーセンの筐体」で目にする漢字)
漢字自体はゲームが生まれる前からあるわけで。(2021/5/21)

「PUI PUI モルカー」がクレーンゲームの景品に プルバック式ぬいぐるみなど
バンダイナムコアミューズメントは、人気のパペットアニメーション「PUI PUI モルカー」をプライズ化すると発表した。5月21日から「namco」のクレーンゲーム機に登場する。(2021/5/13)

「カプコン アーケードスタジアム」、プロジェクト継続決定! PS4・Xbox・Steam版も5月25日発売
タイトル追加に夢が広がる。(2021/4/27)

維持検査・点検:
ゲーム発表40周年「パックマン」が自治体向け“道路の維持管理サービス”とコラボ
アイシン精機とアイシン・エィ・ダブリュが提供する道路維持管理支援サービス「みちログ」が、1980年5月22日のアーケード版発表後に「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネス記録に認定され、世界的にも著名なゲームキャラクター「パックマン」とコラボレーションすることが決まった。道路維持管理支援サービスの専用Webアプリで、マップ上の道路に配置されたドットを追跡し、パワークッキーなどを食べるパックマンが登場するという。(2021/3/29)

オリジナルデザインを50秒でネイルチップにプリント 「ネルチップ」で繊細なネイルアートを気軽に楽しめそう
アミューズメント施設などで稼働予定!(2021/3/18)

最強宇宙人、格ゲーにはまる ゲームでボコられ一から練習する漫画「ゲーミングうちゅうじん」が全盛期ゲーセンの熱気にあふれる
ちゃんと7色に光る。(2021/3/4)

今日書きたいことはこれくらい:
「カプコンアーケードスタジアム」が最高すぎて全人類遊んでほしいという話
しんざきさんによる「カプコンアーケードスタジアム」第一感。(2021/2/24)

今日書きたいことはこれくらい:
「19XX」はなぜ今回収録できたのか? 「カプコンアーケードスタジアム」開発者インタビュー
出発点はシンプルに「全部やる」だった。(2021/2/18)

コナミ「ARESPEAR(アレスピア)」ブランドのヘッドフォンとキーボードを試して分かったこと
BEMANIシリーズで知られるコナミアミューズメントが手がけるゲーミングブランドが「ARESPEAR(アレスピア)」だ。同ブランドにはゲーミングアクセサリーもあるが、その実態はどのようなものなのか。ヘッドフォンとキーボードを試してみよう。(2021/1/28)

スマホゲーム「アビス・ホライズン」がサービス終了 過去にはセガと法的な紛争
「艦これアーケード」に似ていると指摘され、セガらから配信差し止めの申し立てを起こされたことも。(2021/1/8)

今日書きたいことはこれくらい:
「カプコンアーケードスタジアム」が21世紀の奇跡である理由を皆さんに説明します
「19XX」と「プロギアの嵐」の移植がどれだけ奇跡的かという話。(2020/12/11)

「カプコンアーケードスタジアム」発表 「天地を喰らう」「19XX」「プロギアの嵐」など32本をNintendo Switchでプレイ
2021年2月配信予定。「1943」が無料で遊べます。(2020/12/11)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】1980年代のSTG事情から考える「なぜ『頭脳戦艦ガル』はクソゲーと呼ばれたのか」
アーケード版「グラディウス」と同年に登場した“スクロールRPG”。(2020/12/28)

豊富な品ぞろえ:
「ガシャポンのデパート」が関西初進出 大型カプセルトイ専門店を積極出店
バンダイナムコアミューズメントが大型カプセルトイ専門店「ガシャポンのデパート」を関西に初出店する。同店は11店舗目となるが、今後も出店を加速させていくという。(2020/12/8)

池袋のゲーセン、旧・サントロペ池袋が閉店へ Twitterでは「また思い出のゲーセンが無くなってしまう」と惜しむ声
老舗ゲームセンターでした。(2020/12/2)

廃業したゲーセンから譲り受けた「ギターフリークス」を9年越しに修理 悲願を果たしたフリークに祝福の嵐
電子工作未経験者が手探りでやり遂げた苦心の品。(2020/11/24)

目指せ高橋名人 連打速度測定機「シュウォッチ」が『コロコロアニキ』の有料サービスで復刻
誌面には『ゲームセンターあらし』の特別編が掲載。高橋名人と勝負だ!(2020/11/13)

唯一無二のケースとハイレゾ対応サウンドカードが光る! コナミアミューズメントのゲーミングPC「ARESPEAR C300/C700+」を試す
音楽ゲームを始めとするアミューズメント施設向けのゲームを手がけるコナミアミューズメントが、ゲーミングデスクトップPCを開発した。その実態はどうなのか、レビューを通してチェックしていこう。(2020/11/13)

新宿の有名ゲーセン「GAME SPOT21」が2021年1月に閉店へ 「かつての聖地が…」「泣きそう」
「バーチャファイター」シーンの中心となった“聖地”の一つでした。(2020/11/11)

「新宿プレイランドカーニバル」11月29日の営業をもって閉店へ 1985年開店の老舗ゲームセンター
バラエティー番組や特撮番組のロケ地としても活躍していました。(2020/11/9)

セガサミー、ゲームセンター運営から撤退 コロナ影響で子会社売却
セガサミーホールディングスが国内のゲームセンター運営から撤退する。ゲームセンターなどを運営する連結子会社のセガエンタテインメントの株式の85.1%を年内をめどに売却する。(2020/11/5)

ゲームセンター運営の「セガエンタテインメント」、株式の85.1%をGENDAが取得
セガエンタテインメントはセガサミーホールディングスの連結子会社から外れることになります。(2020/11/4)

コロナ禍でピンチに陥ったゲームセンターは今 クレーンゲーム464台誇るゲームセンター「エブリデイ」を取材
【動画】初心者でもクレーンゲームで景品は取れるのか? やってみました。(2020/10/17)

セガ「アストロシティミニ」で遊べる“幻のゲーム”「ドットリクン」とは
セガのアーケード筐体を再現したミニチュアゲーム機「アストロシティミニ」に“幻のゲーム”といわれる「ドットリクン」収録が決定。37番目のタイトルとして収録する。(2020/9/28)

初代「電車でGO!」がスマホで復活 無料で遊べる特設サイト登場
初代「電車でGO!」が無料で遊べるスマホ向け特設サイトが登場。タイトーが1996年にリリースしたアーケード版をベースに、グラフィックなどをスマホ向けに調整したもの。初代の音源も再現している。(2020/9/14)

「電車でGO」が10年ぶりに家庭用ゲーム機へ 高輪ゲートウェイ駅収録・PSVR対応の最新仕様
2017年稼働開始のアーケード版を、PS4とNintendo Switch用にアレンジ。(2020/9/9)

手裏剣を投げるダーツ「ニンジャトレーナーアーケード」9月1日サービス開始 ゲーセンで忍者になれるってばよ
日本人なら手裏剣の一つぐらいなげられないとね。(2020/8/27)

「しくじり先生」で“セガ回”再び 伊集院光先生がアーケードゲームのしくじりを解説
名作ぞろいのセガアーケードゲームですが、迷走してしまったものもあるようで……。(2020/8/26)

組み込み採用事例:
ToFカメラ向けのデモ用アプリを開発、人物や視線をリアルタイム検出
スワローインキュベートは、CIS製ToFカメラ用に同社の「ヒューマンセンシング技術」を搭載したデモ用アプリを開発した。マーケティング、自動車、ロボット、医療、アミューズメント分野での利用を見込む。(2020/8/24)

机の上に90年代ゲーセンを再現するキット、「アストロシティミニ」のオプションで登場
セガトイズは12月に発売予定のミニチュアゲーム機「アストロシティミニ」のオプションとして、「ゲームセンタースタイルキット」を販売する。1990年代のゲームセンターにあったアストロシティの姿を再現できるという。(2020/8/21)

セガ、アストロシティミニをゲーセン筐体っぽくするオプションパーツ発表 「台」と「イス」のセットで機能は特になし
コイン投入口からお金が入る貯金箱にも。(2020/8/21)

ゲーセンが臨時休業:
コナミ、バンナムは減収減益 外出自粛で明暗、ゲーム各社の決算
コナミHD、バンダイナムコHDの2020年4〜6月の連結決算は減収減益。新型コロナ禍の中、アミューズメント施設の臨時休業が響いた。“巣ごもり需要”の恩恵を受けたゲームメーカーとの間で、明暗が分かれた。(2020/8/7)

ぬいぐるみでもヨシッ! 「仕事猫」がゲーセンプライズになって7月下旬から登場
大きいサイズと、ふわふわミニサイズ。どっちもかわいい!(2020/7/12)

90年代の人気アーケード筐体が“手のひら”サイズに セガ「アストロシティミニ」12月発売
セガトイズが、1993年に発売したアーケード筐体「アストロシティ」を6分の1のサイズに再現した「アストロシティミニ」を12月に発売する。(2020/7/8)

セガ「アストロシティミニ」12月発売 アーケード筐体を6分の1サイズで再現、「バーチャファイター」など全36タイトルで遊べる
HDMIでテレビ出力可能。別売のゲームパッドも用意されています。(2020/7/8)

製造ITニュース:
労働災害を“リアルに”追体験、安全教育市場に期待の危険誘発体感装置
VR専門企業として安全教育、研究支援、アミューズメント技術などのVRシステムの開発を進めてきたソリッドレイ研究所は2020年6月8日、VR技術を用いた危険誘発体感装置「セーフマスター」の新製品の販売を開始した。(2020/6/19)

岩手のゲーセンによる“環境音”を生配信する試みにゲーマーたち集う 配信に対する思いなどを聞いた
在宅勤務のお供にも使えそう。(2020/4/22)

ゲーマーの聖地「ゲーセンミカド」のクラウドファンディング 開始から24時間足らずで2000万円を突破
「指をくわえて閉店を待つよりも、できる事に積極的にチャレンジする道を選択します」(2020/4/11)

コロナ禍で経営危機、ゲームセンターが模索するオンラインでの収益化
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、臨時休業するゲームセンターが増えてきた。中小規模の店舗は経営危機に陥っており、各店舗はクラウドファンディングやネットでのグッズ販売、有料コンテンツの配信など、事業を継続する方法を模索している状況だ。(2020/4/10)

新型コロナで「支援を求めるゲーセン」&「応援したいゲーマー」をつなぐサイトが公開 「手を差し伸べられたはずなのに」と後悔しないために
ゲームカフェやゲームショップの情報も募集中。(2020/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。