ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「通信販売」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通信販売」に関する情報が集まったページです。

「奥さんと離婚した」通販した商品が1年半来なかった理由に驚き 個人輸入の体験漫画で国際交流の奥深さを知る
お買い物もワールドワイドな時代ですね。(2019/6/15)

アマゾンジャパン、国民生活センターと連携 アマゾンで扱う製品の安全情報伝達で
アマゾンジャパンはこのほど、同社の通販サイトで顧客が購入した商品による事故を未然に防ぐことを目的に、製品安全に関する情報発信について国民生活センターと合意した。(2019/6/10)

Smart Sensing 2019:
マウザー、マクニカと連携し「モノづくり」支援
Mouser Electronics(マウザー エレクトロニクス)は、「Smart Sensing 2019」で、マクニカと共同運営する半導体・電子部品の通販サイト「マクニカ・マウザー」の概要を紹介するとともに、関連するサプライヤーがセンサー製品などを展示した。(2019/6/10)

通販で買ったピカチュウが偽物でガッカリ→それでも情が湧いて全力で整形したらかわいく生まれ変わった
偽物を扱う業者が許容されるわけではないですが、ぬいぐるみ自体に罪はなく。(2019/6/5)

絶対に寝坊できないJR職員が使う「強制目覚まし」、JRの通販サイトで販売中 お値段たったの9万9000円
最終兵器出たぁぁぁぁ!(2019/5/24)

専門家が分析:
「ZOZO時給1300円」はライバル社に波及するか
衣料品通販サイト運営のZOZO(ゾゾ)が、アルバイト従業員の時給最大3割アップなど大幅な待遇改善を打ち出したところ、あっという間に募集人員2000人の上限に達した。待遇改善を可能にした背景や、今後のライバルの動向など、「ゾゾ効果」を専門家が分析した。(2019/5/17)

ユニクロ・GUの通販サイトにリスト型攻撃、不正ログイン46万件 氏名や住所、身体のサイズなど流出
ユニクロ・ジーユーの公式オンラインストアがリスト型アカウントハッキング攻撃を受け、約46万件のIDが不正ログインされた。不正ログインを受けたユーザーの氏名や住所、電話番号などの個人情報が第三者に閲覧された可能性があるという。(2019/5/14)

ブランドイメージを統一:
コアスタッフ、通販サイトの名称とロゴを変更
コアスタッフは、同社が運営する半導体や電子部品、モジュール製品の通販サイト「ザイコストア」の「名称」と「ロゴ」を変更した。通販サイトの新名称は「コアスタッフ オンライン」。(2019/5/9)

地元にない品求め“一番近い都会”へ3時間半 “店の地域格差”嘆く島根出身者の思い出話に反響
ネット通販が使える今でも、まだ不便は多いそうで……。(2019/4/14)

総務省を批判:
「まるで踏み絵」ふるさと納税新制度、大阪府泉佐野市が反発
ふるさと納税制度をめぐり過度な返礼品を規制しようと、総務省は6月から始まる新制度で、寄付者に贈る返礼品を「調達費が寄付額の30%以下の地場産品」に規制する。同省は返礼品の確認作業を本格化し、5月中旬、引き続き制度に参加できる自治体を指定する。一方、返礼品にネット通販大手「アマゾン」のギフト券を上乗せするキャンペーンを展開する大阪府泉佐野市は11日に記者会見を開き、総務省を批判した。(2019/4/12)

DSDV対応のSIMフリースマホ「Mayumi U1」、ビックカメラやヨドバシカメラで取り扱い開始
さくらネットは、4月1日にDSDVに対応したSIMフリースマホ「Mayumi World Smartphone U1」を家電量販店で販売開始した。自社運営のオンラインストアに加え、ビックカメラ、ヨドバシカメラの主要店舗とインターネット公式通販サイトで取り扱う。(2019/4/2)

返品したいオンライン商品をコンビニで回収、ローソンが専用サービス開始へ 物流網を活用
三菱商事とローソンは、店頭の専用ボックスでEC商品の返却や返品を受け付け、ローソンの物流網で集荷する「スマリ SMARI」を開始。2019年4月1日から、ファッションレンタルの「エアークローゼット」、ファッション通販の「ロコンド」「ショップリスト」で利用できる。(2019/3/27)

ほっこりかわいい「ぽんぽこだぬきのティーバッグ」 ヴィレヴァン通販に登場
おいしい“ほうじ茶”召し上がれ。(2019/3/26)

本物の「エレベーターボタン」を使ったキーホルダー 通販サイトで販売開始
20個限定の「ボタンちゃん」キーホルダーもあります。(2019/3/26)

「キョードー東京」チケット販売サイトで他人のパスワードなど誤表示 高負荷対策時にミス【追記あり】
チケット通販サイト「キョードー東京チケットオンライン」にアクセスしたユーザーに、誤って他のユーザーの情報を表示する問題が16日朝に起きていた。高負荷の対策を行った際のミスが原因という。【更新】(2019/3/18)

反転攻勢を仕掛ける:
百貨店で改装ラッシュ 男性向け、インバウンド強化
百貨店各社が今春、相次いで東京都内の主力店舗を改装オープンし集客力の底上げを加速させる。業界全体の総売上高はインターネット通販の台頭も受け、長期的に減少傾向にある。各社は改装により主力の女性向けに加え男性向けも大幅に強化。訪日外国人客(インバウンド)への対応も同時に進め、全方位のてこ入れで反転攻勢を仕掛ける。(柳原一哉)(2019/3/15)

MacとiPadの無金利残価設定クレジットサービスをビックカメラ.comでも提供開始 MacBook Proが月々3000円から
3月14日、ビックカメラは同社の通販サイト「ビックカメラ.com」において「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」の提供を開始した。従来は店頭での受付のみだったサービスだ。(2019/3/14)

試着写真のシェアアプリ、ユナイテッドアローズらが開発 画像投稿者にインセンティブを付与
通販サイトを見て気になった服の試着画像をリクエストすると、店舗で試着した人から画像をシェアしてもらえるスマホアプリを、ユナイテッドアローズら3社が立ち上げた新会社・fitomが開発する。(2019/3/1)

公取委、Amazonなど大手ネット通販調査 「ポイント還元」原資に注目
公正取引委員会がインターネット通販大手の取引実態調査に乗り出すのは、通販サイトへの出品者が不利な取引を強いられている懸念があるからだ。商品購入の際のポイント還元の原資を出品者に負担させる方式は、アマゾンジャパンだけでなく、楽天やヤフーなど国内ネット通販大手にも共通する。ポイントは顧客を囲い込む上で重要なツールだけに、公取委が下す判断がネット通販の今後の戦略に及ぼす影響は大きい。(2019/3/1)

通販サイトを狙うアカウント不正侵入攻撃、Akamaiが警鐘
通販サイトで盗んだログイン情報を使って他人のアカウントに侵入し、商品を購入して転売する攻撃が横行している。(2019/2/28)

“ZOZO離れ”止まらず……今度は「ノースフェイス」撤退
衣料品通販サイト、ZOZOTOWNから大手ブランドの撤退が相次ぐなか、有名アウトドアブランド「ノースフェイス」が今月18日から出品を見合わせ、完全撤退に向けた準備に入っていることが分かった。(2019/2/25)

「情けなく、申し訳ない」:
ZOZOが初の減益 要因を検証してみた
インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)が平成10年の会社設立以来初の減益となる。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。ツイッターで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、主力のネット通販サイト「ゾゾタウン」では出店を取りやめる“ゾゾ離れ”が顕在化。時代の寵児(ちょうじ)の足元は決して盤石ではない。(柳原一哉)(2019/2/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
アマゾンのベゾスCEO、不倫脅迫騒動があぶり出す「デジタル時代の危うさ」
米ネット通販大手アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの離婚、不倫問題に関して、彼が米タブロイド紙から“脅迫”されたと主張し、騒動になっている。この問題から見えるのは、デジタル社会に生きる“危うさ”。それは私たちにとっても人ごとではない。(2019/2/14)

静かに800円を……:
ZOZO前澤社長にはないビル・ゲイツの余裕 その振る舞いとは……
少し前の話になるが、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が1月5日、自分のポケットマネーで行うお年玉企画として、自分のツイッターのアカウントをフォローし、当該ツイートをリツイートするだけで、100人に100万円が当たるという企画を断行。新年早々、この話題がメディアを賑(にぎ)わせた。(2019/2/8)

Wired, Weird:
海外からの部品調達で経験したトラブルとその対処
前回に引き続き、海外の通販サイトから部品を手に入れた際に経験したいくつかのトラブル事例を紹介しよう。(2019/2/8)

ポカポカで気持ちいいニャ 通販の段ボール箱でくつろぐキジ白のネコ・すずめちゃんたち
アクビが出ちゃうニャ。(2019/1/24)

ロゴ入りヘッドレスト採用:
ANA機のファーストクラスシート生地を使った「座椅子」登場 「心地良さを身近に感じて」
ANAのファーストクラスシートと同じ生地を使った座椅子が登場。フレームは家庭用に設計しており、ファーストクラスシートと座り心地とは異なるが、快適性は高いという。税込価格は2万5000円で、通販サイト「ANAショッピング A-style」でのみ展開。(2019/1/22)

かわいいタバスコグッズがバラエティに富んでいて、一日中通販ながめていられる
コレクションしたくなるグッズばかり。(2019/1/22)

出版業界の広告分野を活性化:
大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販ストア」が保有する書籍分類、書誌データなどを活用した独自のDSPの提供を開始。(2019/1/21)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「EC・通販システムの導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に書籍『AIの基本と重要事項がまとめて全部わかる 図解 人工知能大全』をプレゼント。(2019/1/18)

アパレル大手が「退店」へ……“ZOZO離れ”加速か 前澤社長「1億円お年玉」で話題も
月旅行や女優、剛力彩芽との交際、「お年玉1億円」の大盤振る舞いなど、話題が絶えないZOZOの前澤友作社長。知名度は上昇する一方だが、株価は下落基調だ。昨年末に衣料通販サイト、ZOZOTOWNからアパレル大手が退店手続きを進めていることも判明。何が起きているのか。(2019/1/10)

Amazonで服を試着して買える「プライム・ワードローブ」を試した 店舗に行かずに満足のいく買い物はできる?
セールで服を買いたいが、正月休みは家でゆっくりしていたい。そんなわがままを叶えるため、「試着できる通販」を試してみた。(2019/1/10)

Wired, Weird:
海外通販サイトからの部品購入メリットと難しさ
生産中止品など入手困難な部品を安く手に入れるために海外の通販サイトをよく利用している。そこで今回は、筆者が経験した海外からの部品購買で出くわしたトラブル事例と、どう対処したかを紹介しよう。(2019/1/10)

買った覚えのないものが次々に……Amazonで“勝手に注文”した犯人は「ペット」
最近、日本でも人気を集めるスマートスピーカーのAmazon Echo。音声に反応し、家にある身近な家電を操作したり、ネット通販で買い物ができたりする優れものだが、このアレクサの機能を巡り、英で驚きの“事件”が起きた。(2019/1/7)

60TB以上の画像データをいかに管理するか
ZOZOTOWNが「Amazon S3」「AWS Lambda」で数億枚の商品画像を管理 その効果は
通販サイト「ZOZOTOWN」で扱う商品画像は数億枚に上り、増え続ける一方だ。ZOZOはこれらの商品画像の管理システムを、オンプレミスサーバから「Amazon S3」へ移行した。膨大な画像データの移行方法とその効果とは。(2018/12/26)

goo Simseller、「AQUOS sense2 SH-M08」を2万1800円(税別)でセット販売
NTTレゾナントは、12月25日に通販サイト「goo Simseller」で、シャープ製SIMフリースマホ「AQUOS sense2 SH-M08」のセット販売を開始。「OCN モバイル ONE(音声対応SIM)」とのセットを2万1800円(税別)で提供する。(2018/12/25)

1700本もの音声ファイル:
Amazonの「アレクサ」、人的ミスで他人の録音記録を聴取可能に
米インターネット通販大手Amazon.comのスマートスピーカー「アレクサ」をドイツで使うユーザーが、同社の「人的ミス」により、別のユーザーの1000件を超える録音記録を聴取可能になる事態が起きた。(2018/12/21)

PR:通販のプロが実演販売したら5分で完売!? 商品の魅力を完璧に伝える動画が神業すぎる
「スゴくないですか?」ってめっちゃ言う。(2018/12/21)

駅で食材と日用品を受け取れる通販アプリ KDDIなど3社が実証実験
KDDI、アルファロッカーシステム、西部鉄道の3社が、ネットで注文した食材や日用品を、駅構内のロッカーで受け取れるサービス「ラクトル」の実証実験を始めると発表した。(2018/12/13)

現役学生が考えた「痴漢抑止バッジ」 2018年の最優秀作は?
来春からOsaka Metroの駅売店などや通販で買えます。(2018/12/11)

韓国コスメが格安で買えるオススメ通販サイトはここだ! インフルエンサー豊森ちはやに聞く
秋冬メイク&ファッションのポイントも。(2018/12/6)

金属3Dプリンタ:
受託金属積層造形の先駆けはオーダーメイド医療を目指す
最終製品への3Dプリンタの活用が進む中、受託造形を行う企業も増えている。金属3Dプリンタなどによる受託造形を専門とするJ・3Dは、2013年に鋼材の通信販売事業から現在の積層造形事業へと舵を切った。現在は自動車業界など幅広い分野の金属造形を行う一方で、新たに医療分野の開拓を進める。J・3D 代表取締役の高関二三男氏に、自社の積層造形に関する取り組みや、3Dプリンタ装置の進化の現状などについて聞いた。(2018/12/5)

無料でコンサルティング:
売れるネット広告社、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料提供
売れるネット広告社は、単品リピート通販会社限定で「LINEチャットコンサル」を無料で提供した。(2018/12/3)

goo Simseller、「HUAWEI Mate 20 Pro」と中古「iPhone X」を10セット限定で販売 約10万円
NTTレゾナントは、11月28日に通販サイト「goo Simseller」で、ファーウェイ製「HUAWEI Mate 20 Pro」と「OCN モバイル ONE(音声対応SIM)」を8万4800円(税別)でセット販売開始。さらに中古の「iPhone X」を加えたセットを9万9800円(税別)で限定抽選販売するほか、公式Twitterアカウントでは端末プレゼントキャンペーンも行う。(2018/11/28)

今日のリサーチ:
2018年「独身の日」、中国ネット通販大手2社の売上高は過去最高を更新――三井住友アセットマネジメント調べ
中国の消費パワーを映す「独身の日」、2018年も大いに盛り上がったようです。(2018/11/28)

「通販で錆びた聖剣を買って喜ぶ母」の画像なんてどう使うんだよ! 「0.1%の需要に応える」家族のフリー写真素材サイト「スキマファミリー」がカオス
ニッチにもほどがある(2018/11/20)

消費者庁が通販で購入した製品の事故に注意喚起 傷病や死亡につながったケースは162件
リコール品が販売されていることも。(2018/11/15)

通販で買い物、会社で受け取りOK 社員向けの宅配ボックス、サイバーエージェントなどが実証実験
宅配ボックスを手掛けるナスタが、職場に設置した宅配ボックスで私用の宅配を受け取れるようにする実証実験を、サイバーエージェントなど3社で始めた。(2018/11/14)

テレビショッピングの番組内容、AIが評価 電話数が27.6%増 NTTデータ
NTTデータは、AI(人工知能)技術を活用し、テレビショッピングの番組内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測する技術を開発。従来と比べて電話数が平均27.6%増加したという。(2018/11/14)

AIでテレビショッピングの問い合わせ電話数を予測 効果的な番組制作に活用――キューサイ、NTTデータらが効果検証
キューサイは、NTTデータ、NTTデータ経営研究所と共同で、テレビショッピング番組の内容から視聴者の問い合わせ電話数を予測するAIモデル「nAomI」を開発。nAomIによる効果予測を番組制作に活用した結果、問い合わせ電話数が27.6%増加したという。(2018/11/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。