ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「移転」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「移転」に関する情報が集まったページです。

小売・流通アナリストの視点:
「セブン1000店舗閉鎖・移転」の真の意味 “加盟店の一揆”は何をもたらすか
“加盟店の一揆”によって混迷を極めるセブン。構造改革が迫られる中、2019年下期以降に1000店舗を閉店・移転すると発表したが、どのように読み解けばいいのか? (2019/11/8)

スマートファクトリー:
PR:リフトに自分で乗ってスーツを運ぶ搬送ロボ、紳士服メーカーが目指す一歩先の自動化
製造業の国内生産は厳しい状況が続くが、その中でも早期に海外移転が進み、特に難しい環境に置かれているのがアパレル業界である。そのアパレル業界で「国内生産」に特化して取り組み、確固たる地位を築くのがセンチュリーグループのセンチュリーテクノコアだ。同社はどのようにして「国内生産」の弱みを抑え、強みを価値とすることができたのだろうか。同社の取り組みを紹介する。(2019/11/5)

小池都知事の森会長への私怨でこじれた?〜五輪マラソン札幌移転問題
舗装工事などにかかった費用は300億円超。(2019/10/30)

さらばスラーメン 鳥取市役所食堂閉店
鳥取市役所新本庁舎への移転に伴い、旧本庁舎の食堂が25日に閉店した。名物の「スラーメン」は市民の“ソウルフード”として長年親しまれ、別れを惜しむ多くの客でにぎわった。(2019/10/30)

スピン経済の歩き方:
セブン「1000店閉店、移転」はドミナント戦略の限界か
セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表した。街中にコンビニがあふれているので、「そりゃあそうだろう。ちょっと減らしたほうがいいよ」と思われたもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/10/16)

セブン-イレブン、1000店舗を閉店・移転へ リストラ断行でイトーヨーカドー、そごう・西武も閉店加速
セブン&アイが事業構造改革を断行します。(2019/10/10)

マウス、名古屋ダイレクトショップを移転
マウスコンピューターは、同社店舗「名古屋ダイレクトショップ」の移転を発表した。(2019/10/7)

東京・南町田「スヌーピーミュージアム」が12月14日に移転オープン決定! “ここだけ”のグッズやフードもりだくさん
12月14日、15日のチケットは抽選販売となります。(2019/10/2)

社員の感性を刺激したい:
丸亀製麺の運営会社がオシャレすぎる社員食堂を公開 約400食のメニューを用意した狙い
丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスがオフィスを移転。社員食堂を大幅に強化した。オシャレにして約400食のメニューを用意した狙いとは。(2019/9/27)

ディルバート(623):
オフィス移転のしょっぱい現実
オフィス移転のメリットに満足げなボスをよそに、従業員の反応はなんだか波乱含みのようで……。(2019/9/26)

【国際情勢分析】インドネシアが新首都建設へ 世界の首都移転その後
実現にはリーダーシップと強い意志が求められるといえそうだ。(2019/9/9)

Facebook日本法人、5億円申告漏れ 利益を低税率国に移転
フェイスブックジャパンが東京国税局の税務調査を受け、平成29年12月期までの2年間で約5億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。日本国内の広告料は法人税率の低いアイルランド法人に支払われる仕組みで、日本法人は経費に数%上乗せした報酬をアイルランド法人から受け取っていた。(2019/8/30)

フェイスブック5億円申告漏れ 利益を低税率国に移転
米交流サイト大手フェイスブック(FB)の日本法人「フェイスブックジャパン」が東京国税局の税務調査を受け、平成29年12月期までの2年間で約5億円の申告漏れを指摘されていたことが29日、関係者への取材で分かった。(2019/8/29)

250円:
さよならスラーメン 「孤独のグルメ」登場の食堂閉店へ
鳥取市民の“ソウルフード”として半世紀以上親しまれてきた「スラーメン」。その名を全国に広めた鳥取市役所の食堂が庁舎の移転に伴い、今秋で閉店することになった。同食堂は人気漫画「孤独のグルメ」にも登場しており、閉店が近づく中、別れを惜しむ人たちでにぎわっている。(2019/8/27)

新Apple 福岡天神も確定
Apple 福岡天神の移転先が確定した。(2019/8/20)

「名探偵コナン」の聖地ピンチ、大混雑で移転検討
国内外で人気の漫画「名探偵コナン」の世界を体験できる鳥取県北栄町(ほくえいちょう)の「青山剛昌ふるさと館」について、運営する町が新築移転を含めた今後の在り方の検討に入った。ファンの聖地として人気はうなぎ上りで、昨年度の来館者は過去最多の16万1300人に上ったが、想定を上回る来館者で手狭となった上、原画などの所蔵品の展示・保管場所も不足しているためだ。(2019/7/30)

韓国への輸出管理強化は中長期的に技術移転の加速をもたらす
日本の経済産業省が進めている韓国向け輸出管理の運用見直し。韓国が日本に依存している部品や素材の国内生産や調達先の多角化を進めるきっかけになるかもしれない。(2019/7/19)

「最高クラス」のネットワーク構築を目指す
セガサミーのコンテンツ制作を支える物理インフラは何でできているのか?
映像コンテンツやゲームを手掛けるセガサミーホールディングスは、移転を機に「高速で安定したネットワーク基盤構築」を実現した。「5年、10年先まで拡張・成長が可能な環境」はどのように構築されたのか。(2019/8/30)

サプライチェーン改革:
24時間以内発送率95%以上で部品保有点数は1.5倍に、DMG森精機の新パーツセンター
DMG森精機は2019年7月9日、同社伊賀事業所内の工場建屋をリニューアルして整備した「グローバルパーツセンタ」の開所式を開催した。最新鋭の高層自動ラック倉庫を導入し、倉庫管理システムによるピッキングなどの自動化を徹底。24時間発送率95%以上を維持した上で移転前に比べて部品保有点数を1.5倍に拡張できたという。(2019/7/10)

東北道 蓮田SA(上り)が7月29日オープン 駐車マス3倍、商業施設2倍でNEXCO東日本最大級に
現在位置から東京寄りに移転して開業します。(2019/6/27)

LiveWorx 2019:
スマート化されたPTCの新本社オフィス、会議室には難破船で作ったテーブルも!?
PTCは年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」の開催に併せ、移転したばかりの本社オフィスおよび技術展示スペース「Corporate Experience Center」を報道陣に公開した。(2019/6/11)

製品動向:
エプソンが“丸の内”に提案型ショールーム、大判プリンタなど全製品を集結
エプソンのショールーム「エプソンスクエア」が新宿から丸の内へ移転し、2019年5月30日にオープンした。インクジェットプリンタ、プロジェクター、時計、PC、ロボティクスなどコンシュマー/ビジネス問わずにエプソン製品を集結させ、グループをけん引するオープンイノベーションの拠点となることを目指す。(2019/5/31)

ここにしかない要素が満載:
豊洲市場の吉野家が面白い 「時給1500円」に「超少ないメニュー数」
2018年10月に吉野家の1号店は築地から豊洲市場に移転した。他店とは違うユニークな運営がされている。創業精神を受け継ぐお店に行ってみた。(2019/4/29)

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」7月7日移転オープン 高さ4メートルのアンパンマンがお出迎え
横浜駅から徒歩10分の立地です。(2019/4/18)

日本郵政グループの本社機能移転「4社計6000人が大手町へ引っ越し」、CBREがマネジメント支援
CBREは、日本郵政グループから受託した本社機能の集約/移転に関する“プロジェクトマネジメント支援業務”がこのほど完了したことを明らかにした。プロジェクトでは、4社合計6000人もの大所帯が、50年ぶりに霞が関から大手町へと引っ越しを遂げた。(2019/4/10)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

製造マネジメントニュース:
高砂熱学工業、つくばみらい市に本社機能の一部を移転
高砂熱学工業は、茨城県つくばみらい市に技術研究所を移転し、本社機能の開発企画、開発部門を併設する「(仮称)イノベーションセンター」の建設工事に着手する。(2019/2/19)

ZEBを目指す技術研究所と開発部門を統合した高砂熱学工業の新センター着工、つくばみらい市に2020年完成
高砂熱学工業は、茨城県つくばみらい市の用地に、技術研究所を移転し、本社機能の開発企画・開発部門も併設する「(仮称)イノベーションセンター」の建設工事に、2020年1月末の完成を目指し着手した。(2019/2/12)

B2Bリユース市場元年:
PR:会社の不用品、どうすればいいのか? 企業フリマ「ReSACO」が解決
オフィス移転やレイアウト変更などで、「机やイスがいらなくなった。どうしたらいいのか」と処理に悩んでいる担当者もいるのでは。そんな人にオススメのサービスが登場する。企業フリマの「ReSACO」だ。聞き慣れないこのサービス、どのようなものなのかというと……。(2019/2/6)

ソフトバンク、竹芝に移転 IoTで「スマートビル」構築 WeWorkがオフィスデザイン
ソフトバンクグループとソフトバンクは、2020年中に竹芝のビルに本社を移転する。ビルには多数のカメラやIoTセンサーを設置してデータを解析し、レストランの空席状況やトイレの空き状況のチェック、顔認証システムによる入館などが可能になる。両社で協力して「スマートビルのモデルケースとして構築する」計画だ。(2019/1/29)

今日のリサーチ:
築地から豊洲へ、市場移転で人の流れはどう変化したか――ブログウォッチャー調べ
ブログウォッチャーは、「築地市場移転の人流分析レポート」を発表しました。(2019/1/17)

社内Wi-Fiを安全に運用するには:
PR:ネットワークの安全性と利便性を両立――認証基盤の整備が役立った
社内のネットワーク環境としてWi-Fiを導入する場合には安全性と利便性のバランスが課題になる。安全性を向上させるため、パスワードに頼った認証を導入しがちだが、厳格な運用は利便性を損ないかねない。また、人の記憶に依存する認証(知識ベース認証)ではシャドーITはもちろん、認証情報の漏えいにより、外部からの不正アクセスを許してしまう危険もある。自動家計簿・資産管理サービスを展開するマネーフォワードは社屋移転に当たり、Wi-Fi環境の安全性強化を図った。証明書ベースの認証を導入した結果、運用管理コストを抑えることに成功した他、利便性も高まった。同社の課題と解決策を紹介する。(2019/1/7)

スクラムに最適化した「オフィス」で働き方はどう変わったか エウレカ新オフィスで仕事がはかどる理由
スクラム開発の導入で働き方が大きく変わったエウレカが、移転を機に「オフィス」をスクラムに最適化。隅々までスクラムの考え方が反映されたオフィスで、働き方はどう変わったのか。(2018/12/13)

GoPro、中国での米国向けカメラ生産を終了 関税対策で
米GoProは12月10日、中国で行っている米国市場向けのカメラ生産を2019年夏までに終了し、別の地域に移転すると発表した。米中の報復関税による影響を避けるため。(2018/12/11)

福田昭のデバイス通信(171) Intelの「始まり」を振り返る(4):
Intelの創業4年目(前編)、半導体メモリのトップベンダーに成長
Intelの創業4年目(1971年)は、「飛躍の年」となった。不揮発性メモリとマイクロプロセッサという、2つの画期的な製品を開発したのだ。前編では、この2製品と、本社社屋の移転について紹介する。(2018/12/4)

業績不振受け大ナタ:
千趣会、280人リストラを正式発表 社長辞任、本社移転も
千趣会が希望退職者を募集すると正式発表。社長の交代と本社の移転も実施する。通期業績の下方修正と、新体制での役員報酬の減額も発表された。(2018/10/26)

BIMの可能性「BIM×FM」:
日本郵政の本社移転で試された、BIMによるオフィスビルのファシリティマネジメント
日本郵政グループ本社は2018年9月、霞が関から、大正時代から遁信省があったゆかりのある大手町へと、50年ぶりに本社機能を移転した。グループ社員6000人が一度に移転する一大プロジェクトで、最近のBIM(Building Information Modeling)のトレンドとなっているBIMモデルを活用したFM(ファシリティマネジメント)も試みられた。(2018/10/12)

「ありがとう!築地市場」 吉野家、築地一号店の豊洲移転に伴い、同店使用の“緑の丼”を3人にプレゼント
緑の丼は築地一号店のみで使用されていた貴重なもの。(2018/10/6)

フリーアドレス、テレワークでも導入は必須
オフィス移転のToDoに入れるべき「ビデオ会議」、成功する製品選び
従業員増員や生産性向上などの理由からオフィス移転を検討する企業は、それをきっかけに社内外のコミュニケーション強化に注力すべきだ。(2018/9/27)

本番はこれから:
築地移転の裏で進む“ネズミ駆除大作戦” 都は粘着シートを4万枚準備
築地市場の関係者は豊洲への移転準備を進めているが、東京都は大量に生息しているネズミを駆除する準備を専門業者とともに進めている。これまでにない規模のネズミ駆除作戦の全貌を担当者に聞いた。(2018/9/14)

「若手のアイデア理解できなかった」 DeNA南場会長らIT大手4社、渋谷ビットバレーで業界背負う未来の人材に語る
渋谷にIT企業が集まる「ビットバレー」を再興させる──。2019年に大手IT企業のオフィス移転を控える東京・渋谷で、4社のトップが若手エンジニアにエールを送った。(2018/9/11)

5G・IoT時代の新ビジネスを“共創”する拠点に――「KDDI DIGITAL GATE」オープン 「∞ Labo」も移転し同居
KDDIが、法人との“共創”を主眼に置いたビジネス開発拠点を東京・虎ノ門に開設した。スタートアップ企業を支援する「KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)」も同所に移転する。(2018/9/5)

Apple 福岡天神、単独店舗として移転?
Apple Storeの福岡天神店は複合商業施設「天神ルーチェ」の1階にあるが、移転の話が出ている。(2018/8/30)

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」2019年夏に移転オープン 横浜駅からのアクセスが便利に
楽しみ。(2018/8/28)

国内唯一のスヌーピーミュージアム、南町田に移転オープン! 2019年秋が待ち遠しい
六本木から南町田へ!(2018/8/21)

再開発:
福岡市の青果市場跡地に、九州初の「キッザニア」や「ららぽーと」を計画
福岡市は、2016年に移転した青果市場跡地の再開発で、三井不動産を代表とするグループを事業者に決めた。計画では九州初となる職業体験型テーマパーク「キッザニア」やショッピングモール「ららぽーと」が整備される計画だ(2018/7/25)

Qualcomm買収を断念したBroadcom、CA Technologiesを189億ドルで買収
シンガポールに本社を持つBroadcomが米CA Technologiesを189億ドルで買収すると発表した。BroadcomはQualcommの買収を断念した後も本社の米国移転計画を進めている。(2018/7/12)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(11):
日本ハムファイターズの本拠地移転、本当の狙いとは?〜野球場とERPの意外な共通点〜
前回はサービスマネジメント=運用ではない! 新しいサービス、素晴らしい体験、新たな価値を創造する取り組みもサービスマネジメントそのものである! と述べた。今回は野球場を題材に、ビジネス革新へのサービスマネジメントの適用を一緒に考えてみたい。(2018/6/8)

2018年7月から着手:
東芝メモリ「岩手新工場」の着工時期が決定
東芝メモリが計画していた岩手県北上市の新製造拠点の着工時期を発表した。本社事務所も移転する。(2018/6/7)

漫画海賊サイト大手「YouBook」が閉鎖 「月額2000円で読み放題」うたう
昨年問題視された「フリーブックス」の移転先ではないかと推測する声もありました。(2018/4/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。