ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「設計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「設計」に関する情報が集まったページです。

研究機関が模索するGPU活用
「GPUを使うとデータセンターの“あれ”が変わる」 研究機関がAI活用を語る
GPUのリソースを有効に活用してAI技術の処理を実行するには、従来のインフラ設計とは異なる観点が求められる。GPUの効果的な活用を模索している研究機関CERNによる取り組みと、GPU活用の要点とは。(2024/5/26)

Cybersecurity Dive:
生成AIの悪用が本格化する具体的なタイミングはいつか? IBMが指摘
研究者たちは「AIによって設計されたサイバー攻撃はまだ確認されていないが、サイバーセキュリティ市場でAIシステムが注目を集めるのは時間の問題だ」と述べている。その具体的なタイミングはいつだろうか。(2024/5/25)

ASUS、最大4万2000DPIの高精度センサーを備えた軽量ゲーミングマウス「ROG Keris II Ace」
ASUS JAPANは、軽量設計のゲーミングマウス「ROG Keris II Ace」を発表した。(2024/5/24)

木造/木質化:
一般建物の構造材木質化技術を実用化、日建設計が建設時CO2排出量1割削減へ
日建設計は、建築物の床や壁面などにおける構造材木質化技術を実用化した。新技術による木材活用により、建設時のCO2排出量を約10%削減できる見込み。(2024/5/24)

産業動向:
住友林業が木造混構造6階建ての社宅を建設へ 中央がRC造/両端が木造の「平面混構造」を採用
住友林業は2025年5月の竣工を目指し、茨城県つくば市で、木造混構造6階建て社宅の建設を進めている。中央がRC造で両端が木造の「平面混構造」を採用した耐火建築物で、住友林業が設計・施工を手掛ける。(2024/5/24)

CADニュース:
PTCがCADおよびSaaS CADソリューション「Creo」の最新版を発表
PTCは、CADソリューションの最新版「Creo 11」と、SaaS CADソリューション「Creo+」の最新版を発表した。設計者が日常的に使う主要設計機能を強化し、優れたデザインをより短時間で提供できる。(2024/5/24)

サンワ、軽量設計の有線/無線対応ゲーミングマウス
サンワサプライは、有線/無線接続に両対応したゲーミングマウスの販売を開始した。(2024/5/23)

ロジクール、4Kカメラを搭載した会議室向けカメラバー「MeetUp 2」
ロジクールは、オールインワン設計の会議室向けカメラバー「MeetUp 2」を発表した。(2024/5/23)

「最も速く、最もインテリジェントなWindows PC」を提供:
Microsoft、NPUを搭載したAI PC「Copilot+ PC」を発表 新たに搭載されるAI機能とは
Microsoftは、AIのために設計された新たなWindows PC「Copilot+ PC」を発表した。2024年6月18日に同社とOEM各社が第1弾を発売する。(2024/5/23)

BIMを軸とした建設業の未来像 Vol.2:
建設業の課題解決には「情報とそのマネジメントの成熟度が不可欠」伊藤久晴氏がBSIで講演
BIMの根幹となる“情報マネジメント”は、設計〜製造〜施工〜運用の建設生産プロセスで、あらゆる情報が“つながる”ことを意味する。BIMによる情報マネジメントが可能になれば、単にIT化や業務効率化だけでない業界や産業を超えたDX=変革が実現し、その先には建設からのアプローチによる持続可能(サステナブル)な社会ももたらされる。(2024/5/22)

デジタルファブリケーション:
3DプリンティングとCO2固定化コンクリで、環境負荷低減の“友禅流し”ベンチ製作 金沢工大と鹿島建設
金沢工大と鹿島建設は、CO2で固まるコンクリートを素材に用い、3Dプリンティングで公園のベンチを製作した。今回の産学連携の取り組みで、設計から製造に至るプロセスのデジタル化と、景観に馴染む意匠を表現するための複雑な形状の実現を実証。さらに、3DプリンティングとCO2-SUICOMの融合で、セメント系造形物として、カーボンネガティブとなる3Dプリンティング製作を達成した。(2024/5/21)

セキュリティニュースアラート:
全てのWi-Fiクライアントが影響を受ける可能性 「SSID混乱攻撃」の脅威
Top10VPNはWi-FiのSSID認証欠如による「SSID混乱攻撃」の脆弱性を報告した。この脆弱性は全てのWi-Fiクライアントに影響を及ぼす可能性があり、IEEE 802.11標準の設計上の問題とされている。(2024/5/21)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(10):
目標の部品コストを目指して設計していますか?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントを解説する。連載第10回は、目標となる合計の部品コストを上回らないように設計を進める方法を伝授する。(2024/5/21)

建築物の木造化/木質化:
木造技術を活用した3種類の床工法を竹中工務店が開発 「KiPLUS」シリーズ第3弾
竹中工務店は、CLTとコンクリートスラブを組み合わせた3種類の床工法を開発した。空間設計の自由度を高めるとともに、施工性の向上や工期短縮を実現する。(2024/5/20)

「目がバグるわ」 まるでトリックアートみたいなカプコン本社に仰天 「狙ってたら設計者のセンス凄い」
なんかこう、透過レイヤーをコピペでのせたみたいな……。(2024/5/19)

パイオニア、ドコモのデータ通信が定額使い放題の「カロッツェリア」車載用Wi-Fiルーターを9月発売
パイオニアは、9月にカーナビブランド「カロッツェリア」から車載用Wi-Fiルーターを発売。停車時のWi-Fiスポット利用時間が2時間まで拡大し、温度変化の厳しい車内環境でも利用できる専用設計となっている。(2024/5/17)

「24年6月から1年かけ」協議へ:
半導体事業全般で技術開発や生産、販売なども、東芝との提携強化を狙うローム
ロームは2024年5月8日に開催した決算説明会で、東芝の半導体事業との業務提携強化に向けた協議を2024年6月に開始すると公表した。ローム社長の松本功氏は、すでに提携を進めるパワー半導体の製造に加え、半導体事業における研究開発や設計、調達、物流、販売といった幅広い分野での業務提携を目指す提案の概要および、シナジー効果を語った。(2024/5/17)

建築設計:
建築設計者向けWebサービス「建物カルテ」の先行版を無償提供 プロジェクト管理を一元化
MDlabは、建築設計者向けWebサービス「建物カルテ」の先行リリース版を無償提供している。建物カルテは、建築設計業務の情報共有の円滑化と文書作成の効率化で、労働時間を削減できる。(2024/5/16)

複合材料と3Dプリンタのこれまでとこれから(1):
3Dプリンタで成形する複合材料は世界を変えるか?
東京工業大学 教授/Todo Meta Composites 代表社員の轟章氏が、複合材料と複合材料に対応する3Dプリンタの動向について解説する本連載。第1回では、複合材料を成形可能な3Dプリンタの歴史や現状、同プリンタを用いて機械部品を設計する際に必要な安全率の重要性について紹介します。(2024/5/16)

データセンターの“標準”が変わる
AI需要で一変、「従来型データセンターではデータも電力も収容し切れない」
AI技術の利用が広がることを受けて、データセンターの設計や立地に変化が生じている。データセンターのインフラや設備は、AI技術の利用拡大からどのような影響を受けているのか。(2024/5/15)

AirTag悪用したストーカー被害など防止へ、AppleとGoogleが規格作成 OS問わず追跡検知で警告
AppleとGoogleは、iOSとAndroidで不要な追跡の警告に関するサポートの提供を開始すると発表した。不明な追跡デバイスがユーザーと一緒に移動している場合に警告する。AirTagなど、持ち物を追跡できるように設計されたデバイスの悪用を減らすのに役立つという。(2024/5/14)

CAD:
住宅施工のデジタル化で、福井コンピュータとフォトラクションがタッグ 今冬にクラウド型新サービス
福井コンピュータアーキテクトとフォトラクションは、3D建築設計システム「ARCHITREND ZERO」と施工管理アプリ「Photoruction」を連携した住宅関連事業者向けの新サービスを開発する。2024年冬頃のローンチを目指す。(2024/5/14)

BIM:
“長谷工版BIM”でマンションの給水給湯配管を自動設計
長谷工コーポレーションは、AI開発のKICONIA WORKS、住宅関連の給水給湯プレハブ配管品の企画/製作を手掛けるカワトT.P.Cとともに、BIMデータを活用してマンションの給水給湯配管を自動設計するシステムを開発した。(2024/5/14)

製品動向:
ブラウザでBIMの設計指示やビジュアルチェックが可能に、安藤ハザマが開発
安藤ハザマは燈の協力を得て、ブラウザでBIMの設計指示や効率的なビジュアルチェックができるシステム「(仮称)Visual Check-Connect」を開発した。建築設計者とBIMオペレーター間の設計指示伝達の円滑化や、設計レビュー業務の効率化につながる。(2024/5/13)

電子ブックレット:
若手エンジニアに伝えたい、アナログ回路設計の魅力
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、デジタル半導体に負けない魅力を持つ「アナログ回路設計」に関する記事をまとめました。(2024/5/13)

株式会社TOKAIコミュニケーションズ提供Webキャスト
「CADのクラウド化」は開発・設計領域におけるデジタル化を加速できるのか
製造業などの設計領域においてもCADやPDMなどによるデジタル化は進んでいるが、他の領域と比べるとその進みは捗々しくない。こうした状況を打開するものとして注目されているのが、クラウドを基盤としてCAD環境を構築するアプローチだ。(2024/5/13)

ASRock、容量約2Lの小型ボディーを採用したSocket AM5対応ミニベアボーンPCキット
ASRockは、最新のRyzenプロセッサの装着に対応した小型設計のベアボーンPCキット「DeskMini X600」を発表した。(2024/5/10)

福田昭のデバイス通信(457) 2022年度版実装技術ロードマップ(81):
チップ部品のリフローはんだ付けにおける「チップ立ち」対策
今回は、「4.1.3 部品実装・設計時の注意点」の4番目の項目である「4.1.3.4 実装」を取り上げる。実装の不良の要因と対策を説明する。(2024/5/13)

設計者CAE教育のリデザイン(再設計)(3):
設計者のためのCAEとは? 「逆算のCAE」の必要性と実践に向けて
連載「設計者CAE教育のリデザイン(再設計)」では、“設計者CAEの教育”に焦点を当て、40年以上CAEに携わってきた筆者の経験に基づく考え方や意見を述べるとともに、改善につながる道筋を提案する。連載第3回では、設計に必要な解析技術を開発し、設計者が使用できる環境を構築する「逆算のCAE」のアプローチについて解説する。(2024/5/10)

NECプラットフォームズ、Wi-Fi 6E対応のホーム無線LANルーター「Aterm WX5400T6」
NECプラットフォームズは、Wi-Fi 6E接続をサポートしたスタンダード設計のホーム無線LANルーター「Aterm WX5400T6」を発表した。(2024/5/9)

マウス、モバイルRyzenを搭載した小型デスクトップPC「mouse CA」シリーズを発売
マウスコンピューターは、モバイルRyzenプロセッサを標準搭載した省スペース設計のデスクトップPC「mouse CA」シリーズを発表した。(2024/5/8)

3D設計の未来(9):
これからの設計者の在り方を考える 〜設計者の創造性を高めるには〜
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第9回は「これからの設計者の在り方」をテーマに筆者の考えを述べる。(2024/5/8)

研究開発の最前線:
新たな分子設計により、交互積層型電荷移動錯体の高伝導化に成功
東京大学は、新たな分子設計により、交互積層型電荷移動錯体の高伝導化に成功した。大量合成が可能で溶液加工性に優れており、塗布型伝導体材料として、有機電子デバイスへの応用が期待される。(2024/5/7)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

製造ITニュース:
ERPに格納したデータを効率的に活用できるデータ連携ソリューションを提供
ウイングアーク1stは、データ連携ソリューション「Data Activate Solution」の提供を開始した。データ連携を設計する際の負担を軽減しつつ、ERPに格納したデータを効率的に活用できる。(2024/5/2)

ランキング/レコメンデーション用モデルの効率的な提供に貢献:
Meta、AIワークロード用に設計した次世代カスタムメイドチップを発表
Metaは、AIワークロード用に設計されたMetaカスタムメイドチップの次世代バージョンを発表した。最新バージョンのカスタムチップは、前世代と比較してパフォーマンスが大幅に向上しているという。(2024/5/1)

ヘッドレストに取り付けられる車載ホルダー発売 後部座席で動画を楽しめる
サンワサプライは、工具不要でヘッドレストに取り付けられる車載ホルダーを発売。後部座席でスマホ/タブレットでの動画を楽しめる。充電口をふさがない設計のため、カーチャージャーを利用して充電できる。(2024/4/30)

BIM:
BIMデータから建物完成後の無線環境を高精度に予測、NTT西と竹中工務店が共同トライアル
NTT西日本と竹中工務店は、BIMデータとNTTの無線電波伝達シミュレーション技術を活用して、設計情報から建物完成後の無線環境を高精度に推定する共同トライアルを行い、成功した。2025年度に実際の建物への導入を目指す。(2024/4/30)

ハイパースケーラーから自動車業界まで:
「カスタムシリコン」の黄金時代が近づく
データセンターや自動車などの分野では、コストが高くなるにもかかわらず、SoC(System on Chip)を独自に設計する企業が増えている。それはなぜか。本稿でその背景と理由を解説する。(2024/4/30)

30代で一人暮らしの家を建てた設計施工会社経営の女性 マネしたい快適な家造りのポイントと意外なこだわりに感銘を受ける人が続出
インテリアもすてきです。(2024/4/29)

ロジクール、軽量設計のスタンダードBluetoothワイヤレスヘッドセット
ロジクールは、長時間利用にも適した軽量筐体を採用するBluetoothワイヤレスヘッドセット「Zone 300」を発表した。(2024/4/26)

設備設計現場のあるあるトラブルとその解決策(1):
若手エンジニアにありがちな強度設計ミス【前編】
連載「設備設計現場のあるあるトラブルとその解決策」では、設備設計の現場でよくあるトラブル事例などを紹介し、その解決アプローチを解説する。連載第1回は「若手エンジニアにありがちな強度設計ミス」をテーマに取り上げる。(2024/4/26)

アナログ業務の無駄を解消する:
PR:ボクらは設計者なのになぜ設計以外の業務に追われているのか?
設計者の働き方を詳しく見てみると、設計以外の付帯業務に想像以上の時間が割かれている。そこには人手を介するアナログ業務が多く含まれており、この無駄の解消がより良い設計の実現、組織全体の3D推進、DXのカギを握る。(2024/4/26)

メタバース:
メタバース空間で複数人が同時に災害体験 設計検討も可能な大成建設の「T-Meta JINRYU」
大成建設は、複数人が同時に参加し会話しながら災害体験できるメタバースシステム「T-Meta JINRYU」を開発した。メタバース空間では、群集の動きを想定し、最適な避難計画や効果的な災害対策の検証ができる。(2024/4/25)

組み込み開発ニュース:
クラウドベース組み込みシステム設計基盤の対応デバイスを追加し、機能を拡張
ルネサス エレクトロニクスは、クラウドベースの組み込みシステム設計プラットフォーム「クイックコネクトスタジオ」で使用できるデバイスを追加し、機能を拡張した。(2024/4/25)

電子ブックレット(BUILT):
「東京オペラシティ」のBIM×FM実践例にみる“不動産管理DX” BIMとFMの差を埋めるには?
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、設計〜施工の先にある「維持管理/運用」のプロセスでBIMを活用するためには何が必要か、2件のセミナレポートを振り返りつつ探ります。(2024/4/25)

電子ブックレット(メカ設計):
3D CADベンダー各社の戦略から設計の未来を読み解く
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、3D CADベンダーのユーザーイベントの基調講演や担当者インタビューの内容をまとめた「3D CADベンダー各社の戦略から設計の未来を読み解く」をお送りします。(2024/4/25)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(8):
ステップアップ形DC/DCコンバーターの設計(1)基本回路と動作原理
今回からステップアップ形DC/DCコンバーターについて説明していきます。まずは、ステップアップコンバーターの基本回路と動作原理について解説します。(2024/4/23)

CAEニュース:
ダイクレ、製品形状の自動最適化ツールをアンカーパネルの設計工程で活用
RICOSは、総合建材メーカーのダイクレが自律的に最適形状を探索するツール「RICOS Generative CAE」を導入したことを発表した。ダイクレの製品ラインアップの一つであるアンカーパネルの設計工程で活用する。(2024/4/24)

第61回「調整力の細分化及び広域調達の技術的検討に関する作業会」:
「同時市場」での調整力は3商品に集約へ――広域機関からの最終報告
調整力や供給力のより効率的な調達を目的に導入が検討されている「同時市場」。このほど同市場を通じて調達する調整力に関する商品の設計について、最終的な方針がまとまった。(2024/4/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。