ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貧乏」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貧乏」に関する情報が集まったページです。

「WEST EXPRESS 銀河」山陽方面への運行が決定 2022年1月から昼行で大阪〜下関間
山陽に再び!(2021/10/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
「今日の仕事は、楽しみですか」が炎上 なぜこの広告が世に出たのか
品川駅に表示された「今日の仕事は、楽しみですか。」という広告が炎上した。それにしても、なぜこの文言が世に出たのか。宣伝とブランディングを理解していなくて……。(2021/10/12)

高円寺芸人・鈴木もぐら「骨、埋めます」 相思相愛の商店街から贈られた、KOC優勝の“祝福”メッセージに感無量
「メガトンパンチマンカフェ」オープンに期待。(2021/10/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
やはり、人生は“親ガチャ”で決まってしまうのか 「遺伝」と「社畜」の密接な関係
「親ガチャ」というキーワードが論争の的となっている。この言葉に多くの人が反応するのは、人生に「諦め」の気持ちがあるのかもしれない。努力しても意味がないのは、本当なのか……。(2021/9/28)

働き方の「今」を知る:
45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
経済界で大きな話題を呼んだ「45歳定年制」。賛否両論だが、果たして本当に「人材流動化」を生み出すのか、あるいは「人材切り捨て」となるのか。悲しい結末に至らないためのカギを解説する。(2021/9/28)

人類は“ポジティブメンヘラ”に進化すべきか? 漫画「明日カノ」作者×「ミオヤマザキ」mio対談
「明日カノ」作者と「ミオヤマザキ」mioが語る“メンヘラの強みと弱み”。(2021/9/22)

パジャマ姿、寝癖のままで会える関係 何もない日曜日に幼なじみと過ごす漫画が平和で尊い
休日は一緒にいて居心地の良い相手と過ごしたい。(2021/9/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
サントリー社長の「45歳定年発言」が炎上 会社員が“準備”しなければいけないこと
サントリーホールディングスの新浪剛史社長による、45歳定年制が必要という趣旨の発言が波紋を呼んでいる。経営者としての本音がポロっと出たわけだが、彼の発言からビジネスパーソンは何を学ぶべきなのだろうか。筆者の加谷氏は……。(2021/9/14)

“いま”が分かるビジネス塾:
人助けランキングで日本は最下位! 「他人を信用しない」と「低賃金」の関係
人助けに関するランキングで、日本が世界最下位に。ネット上では「日本人は冷たい」「欧米による勝手なランキングだ」といった声が出ているが、筆者の加谷氏は「結果について過剰反応するより、冷静に受け止めてうまく活用したほうがよい」という。どういうことかというと……。(2021/9/1)

普通のモニターなのに映像が立体的? 不思議な動画が話題に 「ソニーの“空間再現ディスプレイ”と同じことをもっと安く大画面で」
既製品のモニターを組み合わせた立体視できる箱型ディスプレイがTwitterで話題に。果たしてどんな仕組みで立体的に見えているのか、開発者に聞く。(2021/8/27)

【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体
食材管理の大切さ。(2021/9/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
テレワークに移行できない企業から人材が流出する理由
新型コロナの感染が深刻化していることから、テレワークの重要性がさらに高まっている。テレワークにシフトできた企業は、柔軟で働き方の多様性が認められている可能性が高く、テレワークの可否は社員の定着率にもつながってくる。企業はどう対応すればいいのだろうか。(2021/8/17)

お金持ち学校に入学した貧乏な特待生 クラス一の金持ちから「とんでもない扱い」を受ける漫画
平和な日々が続く予感しかない。(2021/8/13)

寺田克也さんに聞く:
デジタルの絵が持つ、完全に地上から消えてしまうというイメージも嫌いじゃない――寺田流「デジタル絵画の変遷」
イラストレーター/漫画家の寺田克也さんが『寺田克也SKETCH』を出版した。そこに至るまでの道のりや、デジタル作画〜データの保存についてお話を伺った。(2021/8/5)

“いま”が分かるビジネス塾:
マンションで充電は難しいのに、「EV」は普及するのか
EUがガソリン車の新車販売を2035年までに禁止する方針を打ち出したことで、各社はEVシフトの前倒しを進めている。充電設備の不足が懸念されている日本で、EVは普及するのだろうか。マンションで充電することは難しいのに……。(2021/8/3)

イチジョウは“20歳前後のつらかった俺たち” 『上京生活録イチジョウ』原作者&担当編集インタビュー
圧倒的“上京物語”はこうして生まれた。(2021/7/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
「インフレ」になると、どうなるのか? 残念ながら
米国の景気が回復基調にあることから、このところ「インフレ」という言葉をよく耳にするようになった。もし日本でもインフレが進んだ場合、国民の生活はどうなるのか。筆者の加谷氏が解説したところ……。(2021/7/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
「ジョブ型」雇用に恐れる必要はあるのか 「賃金」が上がるかもしれない理由
コロナ危機をきっかけに、日本型雇用の見直しが進もうとしている。終身雇用が保障されて、会社の中は「管理職だらけ」といったケースが多いかもしれないが、ジョブ型雇用になればどのような働き方が増えるのか。不安を感じるかもしれないが……。(2021/7/6)

働き方の「今」を知る:
20〜30代若手社員に人気、企業は戦々恐々 最近よく聞く「退職代行サービス」に潜む危険なワナとは
昨今よく見る退職代行サービスだが、本当に安全に退職できるのか。利用者増加の裏に潜むリスクを解説する。(2021/7/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“鉄道観光ビジネス”再起動、失われた2年間をどう取り戻すのか
沖縄県を除く緊急事態宣言解除、新型コロナウイルスワクチン接種の進ちょくを見越して、鉄道旅行ビジネスが活気づいてきた。冷え切った観光需要を「元通り」にするには、「元通り」の商品展開では足りない。そこで「工場夜景ツアー」「観光急行列車」「おみやげ品割引」など、注目の事例を紹介しつつ、今後の新施策に期待したい。(2021/7/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
やはり「電話」はいらないのか 不要論の背後に、皆が気付かない「力学」
ネット上で、たびたび「電話不要論」が話題になる。「2ちゃんねる」創設者のひろゆき氏が発言したことで、また盛り上がりを見せているが、なぜ両者の意見に食い違いがみられるのか。その背景にあるのは……。(2021/6/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
平均7764万円! 経済が振るわなくても、タワマンが売れている理由
首都圏の新築マンション価格が上昇している。コロナ危機が広がる中で、なぜタワマンが売れているのか。その背景について、筆者の加谷珪一氏が解説した。(2021/6/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
ワクチン接種した人に抽選で1億円! 米国の“動き”は日本で受け入れられるか
新型コロナのワクチン接種が順調に進む米国で、接種率を高めるために、特典を付ける動きが活発になっている。日本では批判が集まりそうな内容だが、こうした仕組みは合理的なのか。それとも……。(2021/5/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
米国で“巨額バラマキ”が行われても、日本では「難しい」理由
米バイデン政権が、巨額の財政出動を次々と繰り出している。日本に当てはめれば、約160兆円。大盤振る舞いをしている米国の財政は大丈夫なのか。一方、日本でも同じようなことができるのか。(2021/5/12)

Go AbekawaのGo Global!〜Nguyen Manh Hung編(前):
ドラえもんのタイムマシンに乗って、僕は日本にやってきた
ドラえもんの想像力に憧れ、タイムマシンに乗るような気持ちで日本にやってきたベトナムの青年は、ほんやくコンニャクを作りたいと自然言語処理を学ぶようになった。(2021/5/10)

Mobile Weekly Top10:
楽天モバイルが「iPhone」を正規取り扱い/「サブブランド」 vs 「オンライン専用プラン」
4月30日から、楽天モバイルがiPhoneの正規取り扱いを開始します。それに先立ち、iPhone 6s以降に楽天モバイル用のキャリア設定も配信されました。(2021/4/28)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第1回 なぜワーケーション生活を始めたの? 何が楽しいの?
1年の半分以上ワーケーションを実践する達人に、ワーケーションの「楽しいこと」と「ホントにできるの?」を直撃! 気になる疑問やホントのところをひもといていきましょう。(2021/4/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
最近話題の「テレハラ」について、決定的に欠けている視点
会社にかかってきた電話は、誰がとるべきなのか。「新入社員がとるべきでしょ」と思われた人が多いかもしれないが、海外ではどうなっているのか。調べてみると……。(2021/4/27)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルに東名阪以外で使える5G向け周波数帯を割り当て――三木谷さんは「貧乏クジ」をひかされてしまったのか
総務省が5Gでの利用を前提に1.7GHz帯(東名阪エリア以外)の携帯電話基地局開設計画を募集した。総務省での審査の結果、この帯域は楽天モバイルに割り当てられることが決まった。サービスを開始したばかりの楽天モバイルにとって朗報……と思いきや、そうとも言いきれないもある。(2021/4/23)

6歳の少年が目指した「完乗」ドリーム 「こうして私は“全線完乗”した」 苦節50年、漢乗り鉄涙の記録
6歳の少年が目指し、50年かけてついに達成した鉄道旅客路線「完乗」。どんな思いでその夢を追い続け、そして到達したのでしょう。感動物語です。(2021/4/17)

“いま”が分かるビジネス塾:
物価は上昇しても「給料」は上がらない、根本的な問題
4月から公共料金や食品など多くの商品が値上がりしているが、ビジネスパーソンの給与も上がるのだろうか。筆者の加谷氏は否定的な見方をしていて、さらに下落するかもしれないと予測している。なぜかというと……。(2021/4/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
「仕事中に下品なことを言う」人の未来がない、これだけの理由
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長による女性蔑視発言、テレビ朝日「報道ステーション」のCMなど、このところジェンダー問題が噴出している。この問題を回避する方法はあるのか。筆者はシンプルな方法を考えていて……。(2021/3/30)

“結婚前、父が夫にお願いしたこと”を聞き号泣 父の思いを10年越しに知る漫画に「泣きました」の声
お父さん……!(2021/3/25)

“いま”が分かるビジネス塾:
翻訳ツールで英語禁止! 語学を学ばなくてもよい日はやってくるのか
AI翻訳などを手がけるロゼッタが、自動翻訳ツールを利用することで、社内での英語利用を禁止したことが話題に。自動翻訳の技術は急速に向上しているが、近い将来、語学を学ぶ必要はなくなるのだろうか。(2021/3/16)

歌舞伎町の“ごく普通”のクリーニング店で洗濯物から見える“ワケあり”人間模様――漫画『歌舞伎町の洗濯屋さん』
歌舞伎町のクリーニング店に持ち込まれる洗濯物からいろんなものが見えてくる。(2021/3/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
「EV化で30万人が仕事を失う」説は本当か
EVの普及によって雇用が30万人失われる――。2月、このような記事が話題になったが、この数字は本当なのか。ガソリン車と比べEVは部品点数が少ないので、部品メーカーが淘汰されるのはほぼ間違いないが、その一方で……。(2021/3/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
森喜朗氏、菅義偉氏から逆説的に学ぶ、正しい謝り方
森喜朗会長や菅義偉首相の「謝り方」について、厳しい批判の声が飛び交っている。謝罪しているのに、なぜその意図が伝わらないのか。ビジネスパーソンにとって、正しい謝り方は……。(2021/2/16)

無事発売……! 2021年度の「青春18きっぷ」、何が変わる? 鉄道ファン目線でポイントチェック
春期は2月20日発売です。(2021/2/10)

「愛される私の物語を書いて」 貧乏小説家がお嬢様に拉致されて小説を書かされる漫画が泣けてときめく
偽りの愛と本当の愛の話。(2021/2/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
御殿場市の「一見さんお断り」は、ビジネスとしてアリかナシか
静岡県御殿場市が新型コロナの感染を懸念する飲食店に配布した「一見さんお断り」のポスターが波紋を呼んでいる。首都圏からやって来る顧客を断る内容だが、こうした行動はビジネスとして妥当なのか。(2021/2/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
「週休3日」は本当に実現できるのか ネット上で評判が悪い理由
新型コロナの感染拡大に対応するため、自民党が 週休3日制を提言する方針であることが明らかになった。賃金がそのままで休みが増えれば、ビジネスパーソンにとって“うれしい”ニュースになるわけだが、ネット上では評判がよくない。なぜかというと……。(2021/1/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
テレワークで若手は「生産性上がるも苦痛」な真の理由
テレワークでは若手と中高年に働き方の顕著な差が。若手の方が生産性が上がりやすい。一方でストレスは増す傾向、なぜ?(2020/12/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
なぜ? コロナで野菜廃棄が急増、農家が「豊作貧乏」 に陥る理由
野菜の廃棄はコロナ禍以前にも頻繁に行われてきたものだ。直近では、2020年の2月頭ごろにも白菜をトラクターで潰す農家の様子が話題となっている。19年が暖冬であり、20年頭の白菜も今回と同様に出来が良く豊作となっていた。なぜ、このような豊作下で廃棄が発生するのだろうか。(2020/12/11)

“いま”が分かるビジネス塾:
「社長の住む街1位」が田園調布や成城でなく赤坂である意外なワケ
「社長の住む街」ランキングで1位は赤坂に。田園調布や成城などの高級住宅地を抑えた。背景には経済と社長業の意外な背景が。(2020/12/9)

【特集】DX人材を再定義する 人材育成から読み解く企業のDX戦略(2):
DXレポートの生みの親、和泉憲明氏が語る 「DX人材が育つ企業の特徴」
企業のDXを推進する「DX人材」は、技術的なノウハウを備えたいわゆる「IT人材」とは全く異なるものだ。特集第2回は「DXレポート」の生みの親である経産省の和泉憲明氏に「DX人材とは何か」「DX人材を育成するために重要なこと」を聞いた。(2020/12/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
国産ジェット、EV、ドローン……この国のモノ作りを敗退させた「日本スゴイ」の病理
三菱重工の「初の国産ジェット」事業が凍結。EV、ドローンなど新技術で連敗する日本企業。その背景にある病理とは。(2020/11/26)

「破産寸前状態」のてんちむ、ホステス姿と源氏名を公開 「皆様のお越しをお待ちしております」
YouTubeの広告収入だけでは追い付かず、ホステスとしても働くことに。(2020/11/14)

てんちむ、豊胸謝罪後の現状は「破産寸前」 億ションもキャンセルし夜の仕事へ「プライドを持って頑張らせていただきます」
返済が全部完了するまで続けるとのこと。(2020/11/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
ビットコインが「このタイミングで」再高騰した真の理由
仮想通貨・ビットコインの価格が再び上昇。なぜこのタイミングで高騰しているのか。その本来的な価値から筆者が考察。(2020/11/10)

DXの本質を見失うな:
アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。(2020/10/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。