ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「辞任・退任」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「辞任・退任」に関する情報が集まったページです。

前IntelのCEO、ボブ・スワン氏、大手VC「a16z」のパートナーに
1月にIntelのCEOを退任したボブ・スワン氏が米VC大手Andreessen Horowitz(a16z)にパートナーとして加わった。CFO(最高財務責任者)の経験を生かし、新規投資先の決定や取締役会への参加などを行う。(2021/7/20)

「マツケンサンバにするしかない」 東京オリパラ開会式、小山田圭吾の辞任で“マツケン待望論”が噴出する
ええじゃないか精神。(2021/7/20)

スピン経済の歩き方:
小山田圭吾炎上騒動に学ぶ、企業担当者が「ブラック著名人」とのコラボを避ける方法
東京オリンピック開会式の作曲担当をしていた小山田圭吾氏が、辞任する意向を関係者に伝えたという。それにしても、大会組織委員会はなぜ小山田氏を起用したのか。過去をちょっと調べれば、同級生や障害者をいじめていたことが分かるはずなのに……。(2021/7/20)

小山田圭吾、オリパラ音楽担当の辞任を公表 「様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております」
過去のいじめ告白が問題視され、16日には謝罪していました。(2021/7/19)

日本初のフリマアプリ「FRIL」創業者、今度は「家計簿アプリ」で起業 「日本一になれなかった悔しさ」ばねに
日本発のフリマアプリ「FRIL」の創業者が、楽天を退社し、新たに「家計簿アプリ」で起業した。1月の「B/43」リリース後、初めての記者説明会で、事業概要と、再度起業した狙いを語った。(2021/7/16)

Facebook幹部のシモ氏をInstacartがCEOとして引き抜き
Facebookのベテラン幹部でアプリ責任者を務めるフィジー・シモ氏が退社する。食品配達サービスのInstacartがCEOに迎え、共同創業者の現CEOは取締役会長に退く。(2021/7/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アマゾン創業者退任、どんな影響が? 国内外の「退任劇」を振り返る
米国のIT大手、アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾス氏が6日、CEOを退任し取締役会長となった。後継には、AWSを率いるアンディ・ジャシー氏が就任している。企業の顔ともいえる創業者がCEOや会長の座を降りた時、市場にはどのような影響があるのだろうか。国内外の事例を確認していきたい。(2021/7/9)

IBMプレジデントのホワイトハースト氏(元Red HatのCEO)が辞任
IBMのRed Hat買収でIBM入りし、2000年から同社プレジデントを務めてきた前Red HatのCEO、ジム・ホワイトハースト氏が辞任した。後任はまだ発表されていない。ホワイトハースト氏はシニアアドバイザーとして同社にとどまる。(2021/7/5)

品質不正問題:
三菱電機は検査不正の連鎖を断ち切れるか、杉山社長が新体制に託し辞任へ
三菱電機は長崎製作所が製造する鉄道車両用空調装置などにおける不適切検査の調査結果について説明。1985〜2020年にかけて約80社に納入した約8万4600台の鉄道車両用空調装置など対象。同社 執行役社長の杉山武史氏は、新たな経営トップの下での調査実施と再発防止に向けて社長を辞任する方針を明らかにした。(2021/7/5)

「風土改革」なるか:
三菱電機、杉山社長が辞任 不正検査の「責任を痛感」
鉄道関連製品の不正検査が発覚した三菱電機は2日、会見を開き、杉山武史社長が辞任することを発表した。2日付で緊急対策室を発足し、当面は杉山社長が指揮。後任社長が決まり次第、交代するという。(2021/7/2)

経団連の前会長、中西宏明氏が死去 日立製作所のITシフトをけん引
日本経済団体連合会(経団連)前会長の中西宏明氏が、6月27日にリンパ腫のため亡くなった。75歳だった。2019年に病状を公表し、治療に専念するため21年6月に会長を退任していた。日立製作所が7月1日に発表した。(2021/7/1)

東芝、“お手盛り調査”許されず 役員ら続投一転
東芝の取締役会の永山治議長は14日に開いたオンライン記者会見で、13日に発表した取締役選任案の変更について説明した。新たに退任することになった取締役と執行役の4人は、外部弁護士が昨年7月の定時株主総会の運営について調査した報告書の中で、名指しで問題を指摘された面々。東芝は当初、自社で行った?お手盛り調査?で4人とも続投させる方向だったが、報告書の公表で状況が一変、方針転換を迫られた。企業経営の透明性向上が求められ、外国人投資家が厳しい視線を注ぐ中、身内に甘い日本型経営は許されなくなってきている。(2021/6/15)

東芝、“お手盛り調査”許されず AIでメール約78万件調査
 東芝が退任を発表した取締役と執行役の4人は、外部弁護士が2020年7月の定時株主総会の運営について調査した報告書の中で、名指しで問題を指摘された面々だ。当初、自社で行った“お手盛り調査”で4人とも続投させる方向だったが、方針転換を迫られた。外国人投資家が厳しい視線を注ぐ中、身内に甘い日本型経営は許されなくなってきている。(2021/6/15)

【お仕事楽しい】研修が始まった瞬間「あ、私この会社退職する」―― 「あ、この人と結婚する」みたいなノリで退社を直感、実際その通りになった話
研修が始まったときにビビビッ! ときたそうです。(2021/6/14)

製造マネジメントニュース:
JEITA会長に東芝CEOの綱川氏が就任、脱炭素化のコンソーシアムを設置予定
JEITAは2021年6月3日、同月2日付で前会長 代表理事の石塚茂樹氏が任期満了で退任し、新しく綱川智氏(東芝 取締役会長 代表執行役社長 CEO)が同 代表理事 会長に就任したことを発表した。(2021/6/4)

VAIOの新社長に山野正樹氏 引き続き“筆頭株主”からの出向 山本社長は取締役に
VAIOが山本知弘社長が6月1日付で社長を退任し、山野正樹氏を新社長とする人事を発表した。2019年8月に就任した山本社長同様、同社の事実上の筆頭株主である日本産業パートナーズからの出向となる。(2021/5/31)

家電メーカー進化論:
パナソニックの“スピード開発”を後押し、Shiftall 岩佐CEOに聞く(後編)
岩佐琢磨氏は、新卒入社したパナソニックを2008年に退社し、Cerevoを起業。その後設立したShiftallは、全株式をパナソニックへ売却し100%子会社となる。後編では、現在パナソニックで担っている役割、家電メーカーが生き残るために必要な取り組みなどについて、Shiftall 岩佐CEOに話を聞いた。(2021/5/28)

家電メーカー進化論:
パナソニック“次の100年”のキーパーソン、Shiftall 岩佐CEOに聞く(前編)
パナソニックを2008年に退社して、Cerevoを起業した岩佐琢磨氏。しかし18年設立の子会社Shiftallは、全株式をパナソニックへ売却し100%子会社となった。パナソニック内部へ戻った目的、現在の役割に加え、家電メーカーが生き残っていくために必要な取り組みなどについて、前後編にてお届けする。(2021/5/27)

「ジャパンミラクル」を生んだ視点
元ネスレ日本の高岡氏が語る、中小企業がイノベーションを起こす方法
ネスレ日本社長に就任後、数々のプロジェクトを成功に導いてきた高岡浩三氏は、2020年に同社を退社した後、日本企業のイノベーション支援に尽力している。高岡氏が語る、日本企業がイノベーションを起こすために取り組むべきこととは。(2021/5/24)

FacebookのVR/AR幹部ヒューゴ・バーラ氏、退社してヘルスケア業界へ
Facebookで4年間VR/AR担当幹部を務めたヒューゴ・バーラ氏が退社する。コロナ禍のパンデミックの中、Google、Xiaomi、Facebookでの20年以上の経験をヘルスケア業界で生かしたいと語った。(2021/5/18)

ビル・ゲイツ氏、Microsoft従業員との不適切な関係が会長辞任の一因との報道
Microsoftの女性エンジニアが2019年、ビル・ゲイツ氏との不適切な関係について取締役会に申し立て、取締役会が調査している中、ゲイツ氏が会長を辞任したとWall Street Journalが報じた。ゲイツ氏の広報担当はそうした関係があったことを認めた。(2021/5/17)

製造マネジメントニュース:
日立の社長兼COOにLumada立ち上げの小島氏が就任「徹底的にスピードアップ」
日立製作所は、同社 取締役会長 執行役の中西宏明氏の退任に合わせて、社長兼CEOの東原敏昭氏が会長兼CEOに、代表執行役 執行役副社長 社長補佐を務める小島啓二氏が新たに社長兼COOに就任する人事を発表した。「Lumada」の立ち上げに尽力したことで知られる小島氏は、今後の方針として「徹底的にスピードアップしていく」ことを掲げた。(2021/5/13)

製造マネジメントニュース:
パナソニックは減収減益も低収益事業からの脱却にめど、津賀体制の有終は手堅く
パナソニックは2021年5月10日、2020年度(2021年3月期)連結業績を発表した。売上高は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で減収となったものの、2020年度第3四半期決算時に発表した修正公表値を上回る着地となり調整後営業利益では増益を達成。同年6月に代表取締役社長を退任する予定の津賀一宏氏による体制では最後の決算発表となるが掲げてきた「低収益事業からの脱却」に一定のめどが立った形となる。(2021/5/11)

安すぎる:
東芝の争奪戦、さらに混迷へ 解任目前で車谷社長の辞任劇
英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから買収の提案を受けている東芝でお家騒動だ。14日の臨時取締役会で車谷暢昭社長が辞任を表明、後任に前社長の綱川智会長が復帰する。(2021/4/15)

製造マネジメントニュース:
東芝の社長に綱川氏が再登板、電撃辞任の車谷氏は「再生ミッションやり切った」
東芝は2021年4月14日、同社 代表執行役社長 CEOの車谷暢昭氏が辞任し、代わって取締役 会長を務める綱川智氏が新たな代表執行役社長 CEOに就任すると発表。同日オンライン会見を行い、辞任の経緯や今後の経営の方向性などについて説明した。(2021/4/15)

東芝、買収提案めぐり経営陣対立 車谷社長が辞任へ
 東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が辞任する意向を固めたことが明らかになった。14日午前の臨時取締役会で表明する見通し。同社は英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから買収提案を受けているが、提案をめぐり経営陣内部の対立が深まっていた。(2021/4/14)

「パパ仕事順調?」と頻繁に進捗確認してくる4歳の秘書さんがかわいい リモートワークごっこが素敵
すぐに退社しちゃう、賑やかな秘書さんです。(2021/4/7)

WaymoのクラフシックCEO退任 2人CEO体制に
Alphabet傘下、Google系列の自動運転企業Waymoを5年半率いてきたジョン・クラフシックCEOが辞任を発表した。後任は、立ち上げ当初からのベテランでCTO(最高技術責任者)と4年前に入社したCOO(最高執行責任者)が共同CEOになる。(2021/4/5)

富士フイルム古森会長が退任 トップ21年「後進に託す時期が来た」
東京都内で記者会見した古森氏は「まさに後進に託す適切な時期が来たと判断した」と語った。(2021/4/1)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「内輪だからいい」では済まない侮辱発言、ハラスメントが続く組織は“コミュニケーション能力が低い”
女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案したとして、東京五輪の開閉会式演出の総合統括クリエイティブディレクターが辞任した。「内輪のことだから」と擁護する声もあるが、ハラスメントのほとんどは「内輪」で起きた出来事だ。こうしたハラスメントや差別発言は、無意識の思い込みと、コミュニケーション能力の低さから起こっている。(2021/3/26)

Amazon、AWSの次期CEOに元幹部でTableauのアダム・セリプスキーCEOを指名
第3四半期にジェフ・ベゾスCEOの後任となるAWSのアンディ・ジャシーCEOが、AWSの次期CEOにSalesforce.com傘下のTableauのアダム・セリプスキーCEOを指名した。セリプスキー氏は元AWS幹部で2016年にTableau立ち上げで退社した。(2021/3/24)

起業から1年半:
MOON-X長谷川 晋氏が語る共創アプローチ 日本発D2Cブランドを続々と生み出すためにやっていること
フェイスブックジャパン代表取締役を退任して日本発のマルチブランドを展開するMOON-Xを立ち上げた長谷川 晋氏。創業から1年半を経ての思いとこれからについて、事業戦略共有会で語った。(2021/3/15)

コンプラ上の問題:
社長職は辞任するが「代表取締役顧問」に 不倫報道を受け、静岡新聞社と静岡放送が新人事を発表
静岡新聞社と静岡放送は3月9日、不倫疑惑を報じられた大石剛氏が両社の社長職を辞任すると発表した。新しい人事は……。(2021/3/10)

Amazonトップ交代が「AWS」に与える影響【前編】
AmazonのベゾスCEOが退任 後任がAWSのジャシー氏になる“納得の理由”
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが2021年に退任し、AWSのアンディ・ジャシーCEOが後任に就く。この人事交代に対して、アナリストは「当然の判断だ」と口をそろえる。その理由とは。(2021/3/10)

自動車業界の1週間を振り返る:
ホンハイがEV参入、シャオミも? 「私たち以外」にとってのクルマとは
1週間おつかれさまでした。2月が終わってしまいますね。月並みですが「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という表現の的確さを実感します。ここ何年か、私の周囲ではメンバーがガラッと変わることがないので忘れがちですが、春は異動の季節でもありますね。先週末のホンダの社長交代に続き、今週はスズキ 代表取締役会長の鈴木修氏が退任することが発表されました。トップの交代や、長く自動車業界の最前線にいた人の退任は、大きな節目ですね。(2021/2/27)

会長退任のスズキ、最大の課題は軽・二輪の電動化
スズキの鈴木修会長が退任を表明した。スズキが「100年に1度の変革期」を迎える自動車業界を生き残るための最大の課題は電動化だ。得意とする軽自動車や二輪車は電動化が遅れており、トヨタ自動車との提携強化も鍵となりそうだ。(2021/2/26)

結局、2月24日に:
妻への暴行容疑で「休職」していた原田泳幸氏、ゴンチャジャパンを「一身上の都合」で辞任
妻への暴行容疑で逮捕された原田泳幸氏。ゴンチャジャパンは原田氏が代表取締役会長兼社長兼CEOを辞任したと発表した。グローバルシニアリーダーシップのチームメンバーも辞任した。(2021/2/25)

残されたスズキ、最大の課題は軽・二輪の電動化
スズキの鈴木修会長が24日、退任を表明した。残されたスズキが「100年に1度の変革期」を迎える自動車業界を生き残るための最大の課題は、電動化だ。(2021/2/25)

製造マネジメントニュース:
鈴木修氏が会長退任、2025年までに「電動化技術そろえる」
スズキは2021年2月24日、代表取締役の異動と2025年度(2026年3月期)を最終年度とする中期経営計画を発表した。(2021/2/25)

塩野瑛久、2月末でオスカー退社へ 次の所属先明かさず「しばらくSNSを通じて見守っていただければ」
「ハイロー」小田島役で人気。(2021/2/22)

リスク管理できない日本的組織:
森会長退任問題が暴露した、根性論組織の弱さ
森元総理の失言問題大炎上は、JOCの組織そのものへの批判とエスカレートしました。なぜ失言癖のある森氏に会長を任せたのか。背景に……。(2021/2/20)

アンディ・ルービン氏の「Essential」知財、謎の新企業Nothingが購入
中国スマートフォン大手のOnePlusを昨秋退社した共同創業者、カール・ペイ氏の新興企業Nothingが、“Androidの父”アンディ・ルービン氏が創業し、ハイエンド端末1モデルを発売しただけで閉鎖したEssential Productsの知財を買収していたことが分かった。(2021/2/16)

本人から申し出:
わいせつ行為の疑いで逮捕されたアルペンの創業者が代表取締役会長を辞任 「職責を十分に果たせない」
逮捕されたアルペンの創業者が代表取締役会長を辞任した。本人から「取締役としての職責を十分に果たすことができないため、取締役を辞任したい」と申し出があったという。(2021/2/12)

経済界、森会長辞任「やむなし」 五輪スポンサー企業から批判やまず
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が辞意を固めたことを受け、経済界には「やむを得ない」といった雰囲気が広がっている。スポンサー企業からは森氏の女性蔑視ともとれる発言に批判や苦言が相次いでいたからだ。消費者や国際世論の厳しい反応がこれ以上に拡大すれば、企業イメージの低下につながりかねない。日増しに強まっていった企業の批判的な姿勢が、辞任に少なからず影響した可能性がある。(2021/2/12)

製造マネジメントニュース:
NTNが社長交代、新社長の鵜飼氏は“しゃべる軸受”の開発を目指す
NTNは2021年年4月1日付で実施する代表執行役交代について発表。現在、同社 取締役 代表執行役 執行役社長 CEOを務める大久保博司氏が退任し、取締役 代表執行役 執行役常務の鵜飼英一氏が新たな代表執行役 執行役社長 CEOに就任する。(2021/2/8)

元“美人すぎるAD”笹川友里アナ、2月末でのTBS退社を報告 夫は五輪銀メダルのフェンシング・太田雄貴
ADから転身という異例のキャリアを持つ笹川アナ。(2021/2/7)

メドレー豊田代表取締役が文春砲で辞任 ストックオプション時価16億円分を放棄へ
本人から辞任の申し出があり、取締役会で受理された。(2021/2/3)

Amazonのジェフ・ベゾスCEOが退任して会長に 後任はAWSのジャシーCEO
Amazon.comの創業者、ジェフ・ベゾスCEOが7〜9月期に会長職に退く。後任はAWSのアンディ・ジャシーCEO。ベゾス氏は引き続きAmazonのプロジェクトに従事するが、Blue OriginやWashington Post、慈善基金に割く時間を増やす。(2021/2/3)

Google、ゲームストリーミング「Stadia」の2つの自社スタジオを閉鎖
Googleがゲームストリーミングサービス「Stadia」のために設立した2つの自社スタジオを閉鎖する。モントリオールのスタジオを率いてきたジェイド・レイモンド氏は退社する。(2021/2/2)

キンコン西野亮廣、吉本興業と契約終了 退社示唆から3日の急展開「トラブルが原因とかじゃないっす!」
はやっ。(2021/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。