ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サムライ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サムライ」に関する情報が集まったページです。

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
中国メーカーを知り尽くす野武士がパナソニックの白物家電を立て直す
生き馬の目を抜く中国市場で戦い抜いてきた“野武士”が厳しい状況にあるパナソニックの白物家電を立て直します。(2024/6/27)

「ヤバい感じになった」 鏡もちの台に“あるもの”を乗せたら…… “不穏な雰囲気”爆上がりな組み合わせに「白装束が見える」
武士!?(2024/6/27)

【今日の難読漢字】「武士」←何と読む?
読めるかな?(2024/6/1)

自炊を“物量に極振り”した料理が集まる「バカ自炊侍コロシアム」局地的に開催 「対戦よろしくお願いします」
強者たちの祝宴。(2024/5/10)

令和にちょんまげ・和装で暮らす人がいる……!? 自身のスタイル貫く“現代の侍”の暮らしぶりを聞いてみた
「丁髷のまま働いてOK」と飲食店に採用されたことで話題の、とりにくさんを取材しました!(2024/5/5)

マクドナルド、サムライマックの“分厚すぎる布団”公開 驚きの見た目に「欲しい」「柄がここまで行くとw」
これは落ち着いて寝られない……!(2024/4/30)

マクドナルド、黒板アートが驚きの完成度! 精巧なサムライマックの絵に「素晴らしい」「食べたくなった」の声
めちゃくちゃおいしそう!(2024/3/17)

インバウンドに人気の観光地 3位「京都侍忍者ミュージアム」、2位「清水寺」、1位は?
インバウンド観光客から評価が高い観光地はどこか。movがGoogleマップの口コミを基に調査した結果を発表した。(2024/1/3)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
侍ジャパン・栗山英樹前監督に聞く「WBC優勝の意義と課題」
野球日本代表こと侍ジャパンは第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で14年ぶり3回目の優勝を果たした。WBCの経済効果は654億3329万円と試算されている。だが栗山英樹前監督に質問をぶつけると、WBCが日本で優勝したことは好影響であるものの、日本の野球界には課題があると指摘した。(2023/12/21)

いまにも動き出しそうなサムライ パティシエが作ったチョコレート立像がかっこよすぎる
手作りチョコとは思えない驚愕のクオリティ。(2023/11/7)

サムライにすべき……大谷翔平の“ゆるふわかわいい”ハロウィーン仮装、日米で180度真逆の反応 現地は「大谷を汚した」「ひどすぎる」
怒りをあらわにするファンも。(2023/11/1)

【松坂桃李】10月17日は35歳の誕生日 俳優デビューは「侍戦隊シンケンジャー」志葉丈瑠役【2023年】
5月には戸田恵梨香さんとの間に第1子が誕生したことを報告。(2023/10/17)

「櫻坂46」藤吉夏鈴、マクドナルドCMに初登場 堺雅人と“サムライマック”で共演 「道を切り拓け」
「自分の道を進もう」と決意した女性を演じます。(2023/10/4)

布袋寅泰、最強ギタリストとの“ばったり”2ショットが超豪華 「2人とも神々しい」「六弦の侍」とファン沸き立つ
全然ばったりじゃない!(2023/9/19)

デジタル変革の旗手たち:
できることからDXにむかって――JFA 鈴木隆喜氏
「サムライ・ブルー」の愛称で親しまれているサッカー日本代表のイメージが強い日本サッカー協会(JFA)だが、実は代表チーム強化はその取り組みの1つにすぎない。サッカー競技の普及と振興を図り、国民の心身の健全な発達に寄与することを目的として設立された公益財団法人であり、その活動の幅は広い。現在の目標は、2050年にサッカーを愛する仲間であるサッカーファミリーを1000万人にすること、FIFAワールドカップを再び日本で開催し優勝することの2つである。取り組みの一環として、ITを活用したDXにも取り組んでいる。JFAのDX推進について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2023/8/29)

「ポテトの香りのアロマディフューザー」「サムライマックのアクスタ」 マクドナルド、ナナメ上発想の“謎グッズ”考案
これは飯テロ。(2023/8/20)

「出会ってはいけないものに出会ってしまった感」 “雨の城跡に佇む侍”が死の予感すらするかっこよさ 撮影背景を聞いた
SEKIROに出てきそう……!(2023/7/24)

発売65周年:
エポック「野球盤」販売数、前年比2倍増 WBC優勝で人気再燃、一時在庫切れも
人気玩具「野球盤」の販売が好調だ。エポックによると、3〜5月の平均販売数が前年比で2倍以上に増加。侍ジャパンのWBC優勝で、人気が再燃したという。(2023/6/17)

世界一の男たち! 大谷翔平&吉田正尚、“侍メジャーリーガー”再会ショットにファン沸き立つ「最高の2人組」
2人の活躍が毎日楽しみ。(2023/5/23)

「ヌータニだ!」「キング×キング」 大谷翔平&ヌートバー、さわやか笑顔の“侍の再会”ショットにファン沸き立つ
メジャーの地で侍が再会。(2023/5/3)

ヌートバー&イチロー、待望の対面ショットにファン沸き立つ 「日本のスターたち」「これが見たかった」
侍ジャパンの新旧リードオフマン。(2023/4/22)

起用理由はダジャレ:
森永製菓、侍ジャパンで活躍のヌートバー選手と広告契約 「inバー」CMに起用
森永製菓が、侍ジャパンこと野球の日本代表でプレーしたラーズ・ヌートバー選手(セントルイス・カージナルス所属)と広告契約を締結した。プロテイン入り商品「inバー」のCMに起用し、販売促進を狙う。(2023/4/23)

侍ジャパンV貢献のヌートバー、森永製菓のCM出演 「タイムリーヒット」「出てくれるんか!」とファン歓喜
CMは4月末公開予定。(2023/4/20)

動画配信の戦国時代:
WBC決勝が歴代1位に Amazonプライム・ビデオ責任者に聞く「スポーツ中継の勝算」
3月に「2023 WBC」で、侍ジャパンの強化試合2試合と本戦の全試合をライブ配信したアマゾンジャパン。ネットの有料サービス視聴の垣根を低くするきっかけを、多くの人に作ってきた。児玉隆志プライム・ビデオ ジャパンカントリーマネージャーに今後の戦略を聞いた。(2023/4/7)

インディアンス田淵、侍ジャパンとの食事会に大興奮 「どっひゃーーーっ」なメンバーに「え、ええ!? 何これ」の声
すご。(2023/4/3)

ダルビッシュ有、「涙の出場辞退」鈴木誠也とWBC祝勝ショット “侍のキズナ”が感動呼ぶ 「心はひとつ」「涙出てきます」
最高かよ。(2023/3/30)

ドムドムハンバーガー「どむぞうくん」の侍ジャパンカラーぬいぐるみ登場へ 「やったぁぁぁ」「めっちゃ欲しい」
販売を告知したツイートには、約2万6000件のいいねが寄せられました。(2023/3/29)

侍JAPAN・栗山監督の監督デビューはPC用の野球ゲームだった! 意外な事実にメーカーも思わず「エッ!?」
栗山監督が指揮したのは、1993年発売の高校野球シミュレーション「栄冠は君に3」。現在でもWindows版が販売中。(2023/3/29)

小寺信良のIT大作戦:
「どげんかせんといかん!」 WBC配信で“民放の限界”をひしひしと感じた地方民の悩み
ジャイアンツやホークス、バッファローズに加え「侍ジャパン」のキャンプ地にもなった宮崎。野球熱の高い地域ではあるが、WBCの一次リーグから米国に渡っての決勝トーナメント7試合のうち、テレビ放送されたのはたった3試合だけだった。(2023/3/28)

26歳のグラビアアイドルが急逝 所属事務所は「現実を受け止めることすら出来ない」 死去日には侍ジャパンの応援ツイートも
謹んでご冥福をお祈りいたします。(2023/3/26)

大谷&ダル&山田のWBC宴会ショット、背景に写り込んだ“侍の靴”へ称賛集まる事態も 「JAPANらしい」「まさにスポーツマン!」
いいお手本だ。(2023/3/25)

今日のリサーチ:
WBC日本戦全7試合の視聴者は推計9446万2000人――ビデオリサーチ調査
日本代表「侍ジャパン」の善戦の模様を、日本のテレビ視聴者、SNSユーザーはどのように見届けたのでしょうか。(2023/3/24)

岩隈まどか、岩隈久志が出場したWBC優勝直後の家族写真でサムライねぎらい 14年前の開幕は病院で迎えた過去振り返る
当時の思い出がよみがえったというまどかさん。(2023/3/23)

【WBC】ありがとう、たっちゃん!! 侍ジャパンV貢献のヌートバー、帰国選手と別れのハグ 「Arigato」のメッセージ
WBCロス。(2023/3/23)

盛岡駅前などで配布:
岩手日報、侍ジャパン優勝号外を無料公開 “MVP男”大谷翔平選手の地元紙
WBCで侍ジャパンが14年ぶり3度目の優勝を果たしたことを受け、大谷翔平選手の出身地である岩手県の地元紙「岩手日報」が、電子版の号外を公式Webサイトで無料公開した。(2023/3/23)

24時間限定:
侍ジャパン優勝記念 漫画『MAJOR』全巻を無料公開 小学館など2社
WBCで侍ジャパンが米国代表との激闘を制し、14年ぶり3度目の優勝を果たしたことを受け、小学館など2社は野球漫画『MAJOR』(メジャー)の電子版全巻を24時間限定で提供すると発表した。(2023/3/22)

アマゾンでは“完売”:
WBCのフォトブック、発売前に重版 侍ジャパン旋風に乗る
WBCで優勝した“侍ジャパン”こと日本代表の軌跡を網羅した『WBC2023 メモリアルフォトブック』の売れ行きが好調だ。(2023/3/22)

「侍ジャパンの決勝、どうなった?」 9回表に離陸、航空会社の機内アナウンスが賞賛されたワケ
WBCで侍ジャパンが米国代表との激闘を制し、14年ぶり3度目の優勝を果たした。地上波などで結果を見届けた人もいる中、JAL系の航空会社が、上空で搭乗客に結果を伝えたとの投稿が話題になっている。どのような方法で伝えたのか。(2023/3/22)

「そりゃ掲げるのも大変」 大谷翔平ら侍ジャパンが手にしたWBCトロフィーが超ヘビー 11キロ超のティファニー製
製作期間は4カ月半とのこと。(2023/3/22)

05年から制作:
WBC優勝トロフィーは米ティファニー製 侍ジャパンを祝福
ワールドベースボールクラシック(WBC)のチャンピオントロフィーは米ティファニー製――。同社は3月22日、WBCのチャンピオントロフィーが自社製だと明らかにし、優勝した“侍ジャパン”こと日本代表を祝福した。(2023/3/22)

WBC公式ECサイト:
争奪戦でアクセス集中? 侍ジャパン優勝セール開始、Tシャツなど記念グッズ販売
WBCで侍ジャパンが米国代表との激闘を制し、14年ぶり3度目の優勝を果たした。これを受け、WBCの公式ECサイトで3月22日、優勝記念セールが始まった。Tシャツなど記念グッズを数量限定で受注販売する。(2023/3/22)

「WBC」侍ジャパン、木村拓哉が14年ぶりの世界制覇をポーズ付きで祝福 晴天へ突き出した“1”で「おめでとうございます!」
日本中が沸いた。(2023/3/22)

【WBC】侍ジャパン、14年ぶり制覇でメンバーが続々と優勝報告 歓喜の瞬間アップし「世界一最高です」
優勝だ!(2023/3/22)

WBC優勝の侍ジャパン・大勢、“そっくり芸人”からの祝福に感謝 「学生時代からそっくり言われてました」
確かにそっくり!(2023/3/22)

ペッパーミルの元祖:
仏プジョー、侍ジャパン応援キャンペーン 「ペッパーミル」認知拡大へ
WBCで“侍ジャパン”こと日本代表が14年ぶり3度目の優勝を果たした。大会期間中、ヌートバー選手らによる“ペッパーミルパフォーマンス”が注目を集めたことを受け、仏プジョーが侍ジャパン応援キャンペーンを3月末まで行っている。(2023/3/22)

ケガで出場辞退の鈴木誠也、侍ジャパンのWBC優勝を祝福「世界一かっこいい」 村上宗隆は51番ユニフォームに金メダル
最高の試合を見せてくれた侍ジャパン。(2023/3/22)

お祭りムードに:
「村神様」覚醒が株価にも影響? ヤクルト株上昇
第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝で、「侍ジャパン」が米国代表を3対2で破り14年ぶりの優勝を果たした。侍ジャパンの村上は本試合で初アーチとなるソロホームラン、前日のメキシコ戦では逆転サヨナラ打を放った。そんな「村神様」効果が、ヤクルトの株価にも影響しているようだ。(2023/3/22)

近日中に再販:
大谷&ヌートバーの「ペッパーミル」Tシャツ、注文殺到 一部サイズ販売停止
「ワールドベースボールクラシック」で日本代表が米国代表との激闘を制し、14年ぶり3度目の優勝を果たした。侍ジャパンの活躍で、米MLBの公式ECサイトで販売中の「ペッパーミル」Tシャツに注文が相次いでいる。(2023/3/22)

勝利の女神たち! 板野友美&衛藤美彩、WBC現地観戦で“サムライの妻”抱きつきショット「日本おめでとう」
決勝戦、高橋投手の登板あるかな。(2023/3/21)

関西大学が試算:
劇的勝利で決勝進出の“侍ジャパン” WBC優勝時の経済効果はいくら?
WBCで野球の日本代表が、準決勝で劇的なサヨナラ勝ちを果たし、連覇を果たした2009年大会以来、14年ぶりの決勝進出を決めた。優勝をかけて米国代表との一戦に臨むが、優勝時の経済効果はいくらなのか。関西大学が試算した。(2023/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。