ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「社会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

女性の健康の悩み解決 フェムテックに脚光
「フェムテック」と呼ばれる製品やサービスが注目されている。女性の社会進出が進んだことで、月経や妊娠・出産などにまつわる悩みを個人的な問題として片づけず、組織として向き合う企業が出てきたことが大きい。(2021/12/1)

“異色”を生かした女性ITディレクター【後編】
“男社会”IT部門のトップになった女性は、男女平等の現状をどう捉えているか?
英国のブラッドフォード大学で60人のITスタッフを束ねるジュリエット・アトキンソン氏。現職への道のりは平たんではなかった。アトキンソン氏はどのような“闘い”をしてきたのか。(2021/12/1)

伸び悩み:
「車を買ったのを忘れてしまう」1年たっても届かない新車 納期大幅遅れの波紋
新型コロナによる半導体不足で、車社会の沖縄県内でも新車の納期が大幅に遅れている。スポーツタイプ多目的車(SUV)など人気の車種では、予約から「1年待ち」も起きていて……。(2021/11/30)

脱炭素:
グリーンとデジタルで新たな産業創出へ、JEITAがコンソーシアム設立
電子情報技術産業協会(JEITA)は2021年10月19日に、デジタル技術を活用した新しい社会と市場の創造を目指す「Green x Digitalコンソーシアム(グリーン × デジタル コンソーシアム)」を設立し、設立総会を開催した。(2021/11/30)

Innovative Tech:
ロボットの視線は人にどのような影響を与えるか? 車のチキンレースで検証
イタリア技術研究所(IIT)の研究チームは、ロボットのアイコンタクトが人の社会的認知にどう影響するかを検証。勝負をしている際に、相手のロボットから注視されると意思決定にどのような変化かが起きるのか、実験を行った。(2021/11/29)

グレーゾーン:
未接種理由の配置転換はOKなのか? 妥当性の線引きが難しい
新規感染者数の減少が続き、社会が活気を取り戻しつつある中で、雇用現場では未接種の人に対する不利益な取り扱いが懸念されている。未接種を理由とした解雇や雇い止めは許されないが、配置転換は“グレーゾーン”とされ、妥当性の線引きが難しい。(2021/11/28)

「自由な市民社会が脅かされる」――鉄道の顔識別システムに日本弁護士連合会が反対声明
本弁護士連合会は、鉄道事業者に対し顔識別システムの利用中止を求める声明を発表。不特定多数者に対する顔識別システムの利用は、市民のプライバシー権侵害の程度が大きく、法的ルールがないまま利用するべきではないと主張している。(2021/11/25)

新たな働き方の影響大か ガートナーが日本のUXハイプ・サイクル2021年版を発表
ガートナージャパンは、「日本におけるユーザー・エクスペリエンスのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。コロナ禍による社会や働き方の変化、AIの進化といった要素の影響を受け、新たに期待が高まる技術の内訳とは。(2021/11/26)

NTTドコモの調査:
自治体の災害情報配信サービス 登録している人は何割?
NTTドコモ モバイル社会研究所は「防災に関する調査」を実施した。その結果、居住している自治体の災害情報配信サービスに登録している人は約4割だった。(2021/11/25)

横浜市が社会実験:
電気自動車は「路上で充電」 今後のスタンダードに?
横浜市で、電気自動車(EV)の急速充電スタンドを公道上に設置する社会実験が行われている。日本ではこれまで路上に充電器はなかった。EVに乗って半年あまり。使ってきた充電スタンドを思い返せば、たしかに駐車場の一角に置かれたものばかりだった。(2021/11/21)

600人弱が回答:
20代に聞いたコロナ禍の転職・就職活動への影響 最も意識するようになったのは?
コロナ禍で学生の転職・就職活動に起きた変化とは? 学情が20代に調査した。社会人経験3年以上や、社会人経験3年以内で異なる結果となった。(2021/11/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「駅のホームドア」が普及しているが、安全基準はどうなのか
京王電鉄京王線で発生した傷害放火事件は記憶に新しいが、犯人の動機などは社会学、心理学の範疇(はんちゅう)で鉄道側としてはなんともしがたい。ただし、鉄道については「防犯」と「防災」の議論が起きた。ホームドアなどの関連する各種施設や機器とその運用、これまでの法令等を見ながら、課題や今後のあり方を考える。(2021/11/20)

施工:
“酸化被膜”を防ぎ分厚いサビを取る「CoolLaser」新型機、レーザー施工はインフラ老朽化の活路となるか?
橋や鉄塔など全国で老朽化が進む、インフラ構造物の維持修繕工事は、膨大な数に対して人手が圧倒的に不足しているため、社会課題となっている。そうした状況下で、新たな施工法として注目を集めているのが、トヨコーが実用化したレーザー技術を用いてサビや塗膜、塩害のもとになる塩分を除去する「CoolLaser」だ。今般、従来モデルではできなかった厚みのあるサビも除去する高出力の新型機をリリース。同社が設立に関わった産官学も参画する「レーザー施工研究会」では、ルール整備や資格制度の運用も2021年から始まっており、レーザー施工技術はインフラ老朽化が抱える諸問題の解決策となり得るのかを新機種の発表会で探った。(2021/11/19)

PR:電力事業のミライの形――「送配電のデジタル化」を実現するために必要な技術とは?
社会環境の変化に伴う収益減やインフラの老朽化への対応など、多くの経営課題を抱える送配電事業者。経営の効率化に向け各社がデジタル化の推進を掲げているが、その実現を阻むのが「ネットワークのサイロ化」だ。この課題を解決するためには、どのようなネットワークインフラを構築すべきなのか?(2021/11/19)

キッザニア卒業世代でも職業体験ができるイベント「Back To KidZania 〜30歳以下限定!〜」開催
過去行ったことがある学生も、行きたかったけど逃していた社会人もチャンス!(2021/11/18)

デジタル臨時行政調査会が初会合 社会のDXの具体化本格始動
政府が「デジタル臨時行政調査会」の初会合を開いた。デジタル化を遅らせる要因となっている法規制を改め、国と地方自治体とのデータ共有の円滑化策なども検討。規制改革や行政改革と一体となった日本のDXの進め方を議論する。(2021/11/18)

評価される成果 「スパコンのノーベル賞」候補にも 4連覇の富岳
TOP500で4期連続1位を獲得した「富岳」は、社会課題の解決や科学の発展に貢献するさまざまな成果を生み出している。スパコン界のノーベル賞とも称される「ゴードン・ベル賞」の候補となっている研究もあり、世界的な評価も高い。(2021/11/17)

この頃、セキュリティ界隈で:
不正侵入からスパイ活動まで、闇社会で台頭する「雇われハッカー」ビジネス
闇社会で、さまざまなサイバー攻撃を請け負う「雇われハッカー」ビジネスが台頭している。Void Balaurという組織では、電子メールやSNSアカウントのハッキングサービスを展開しており、被害に遭った組織や個人は世界で3500を超す。(2021/11/17)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
“堅い”業界で培ったエッジの信頼性をコトづくりに、OKIが取り組むDXへの挑戦
ATM(現金自動預け払い機 )や通信システムなど社会インフラを担うさまざまなモノづくりを担ってきた信頼性や、AIエッジ技術をベースとし、さまざまな領域でのパートナーシップを通じて共創を広げているのがOKIである。OKIでDX/イノベーション統括担当の執行役員を務める田中信一氏に話を聞いた。(2021/11/15)

Weekly Memo:
Salesforceが強調“信頼ファースト”のデジタル戦略 Slack買収も生きる5要件とは
社会や企業の在り方に変革が求められつつある中で、「信頼を生み出す企業」になるためには何が必要か。セールスフォースが「5つの要件」を打ち出した。その内容とは――。(2021/11/15)

プロジェクト:
豪州メルボルンで15階建て木造ハイブリッドオフィスの開発事業を始動、住友林業ら
建築・建設業界のアライアンス「Global Alliance for Buildings and Construction」が発表したデータによれば、全世界のCO2排出量に占める建設分野の割合は約38%とされており、脱炭素社会の実現に向けこのCO2削減が急務となっている。こういった状況を踏まえて、住友林業は、NTT都市開発やデベロッパーのHinesとともに、豪州メルボルン市の近郊にあるコリンウッド地区で、大規模木造オフィスを開発するプロジェクトを始動した。(2021/11/15)

常に人材不足:
不況下で人材を吸収する不動産業界 社会のセーフティーネット的な役割
私はもう35年以上も不動産業界の周縁で生きている。ひと口に不動産業といっても、家賃5万円のアパートの賃貸仲介から、数百億円のビルの売買まで、それこそピンキリの世界である。(2021/11/13)

「脱炭素社会実現の鍵に」:
積水化学、ペロブスカイト太陽電池を2025年事業化へ
積水化学工業は2021年11月11日、同社の製品/技術を通じた社会課題解決についてのオンライン説明会を開催した。説明会では「脱炭素社会実現の鍵になる」技術の1つとして同社が開発する「ペロブスカイト太陽電池」を紹介。同社社長の加藤敬太氏「非常に期待値の高い電池だ。実証実験を経て、2025年に事業化したい」と語った。(2021/11/12)

脱炭素:
積水化学がペロブスカイト太陽電池を2025年に事業化へ、資源循環でも大きな進展
積水化学工業が、同社グループの製品・技術を通じた社会課題解決の取り組みについて説明。経営方針「Vision 2030」においてESG経営を中核に置く同社は、戦略的な環境取り組みとして資源循環と脱炭素の両立を重視しており、その中で重要な役割を果たすバイオリファイナリーやペロブスカイト太陽電池、CCU技術などの開発進捗状況を紹介した。(2021/11/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
京王線“ジョーカー男”から相次ぐ「無敵の人」はなぜ生まれる? 経済的観点から読み解く
ハロウィンに現れた京王線の「ジョーカー男」事件から、電車を舞台としたいわゆる「無敵の人」の事件が後を絶たない。ここにきて罪を犯しても失うものがない「無敵の人」の犯行が大きな社会問題になりつつある。(2021/11/12)

よく分かる! 改正育児・介護休業法:
育児休業中、給付金がもらえる条件は? 社会保険料の免除は? 法改正で変わるポイント
連載「よく分かる! 改正育児・介護休業法」の第3回目は、育児休業に関する社会保険上のサポートについて解説します。(2021/11/12)

川崎重工 水素発電のリード役担う覚悟実現へ、世界初の専用ガスタービン開発 西村元彦執行役員インタビュー
神戸港に浮かぶ人工島「ポートアイランド」で、脱炭素社会の先駆けとなる取り組みが行われている。(2021/11/11)

製造マネジメントニュース:
富士通と配車マッチングベンチャーが戦略的提携、物流課題解決を目指す
富士通は、配車マッチングプラットフォームの技術を持つ、イスラエルのAutofleetと戦略的提携に合意した。両社の知見を組み合わせ、物流産業の労働力不足、環境問題といった社会課題の解決に向けた物流ソリューションの開発を進める。(2021/11/11)

政府がデジタル2会議のメンバー発表 DeNA南場氏ほか
政府は9日、社会のデジタル化を加速させるため岸田文雄首相が設置を表明した「デジタル臨時行政調査会(臨調)」と「デジタル田園都市国家構想実現会議」に参加する民間有識者を発表した。デジタル臨調にはIT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)の南場智子会長ら8人を起用する。デジタル田園都市会議には竹中平蔵慶大名誉教授や80代でスマートフォンアプリを開発した若宮正子氏ら14人が名を連ねた。(2021/11/10)

鉄道新潮流 近未来の駅スマートステーションが導く社会 JR西日本
JR西日本は、大阪駅北側の旧貨物駅跡地の再開発で誕生する新しい街に2023年春、「うめきた地下駅」を新設する。社外の技術やノウハウも取り入れ、この新駅で「近未来の駅」の実現を目指している。(2021/11/10)

オンライン会議時のマナー、60〜70代は「特に何もしていない」が3割 一番マナーを意識するのは20代
NTTドコモ モバイル社会研究所は、オンライン会議のマナーについての調査を実施。会議中のマナーを意識した行動で「特に何もしていない」と答えたのは、60代で30%、70代で35.3%とシニア層ほど数値が高い傾向が明らかになった。(2021/11/9)

近未来の駅スマートステーションが導く社会 JR西日本
利用者への案内や車いすでの乗降などで人手に頼ることが多い現在の鉄道駅が、最新の技術で自動化され、便利で効率的な“スマートステーション”へと進化を遂げようとしている。(2021/11/9)

ネットと放送「同時配信」など議論 有識者会議初会合 総務省
総務省は社会のデジタル化が進む中での放送制度の在り方を話し合う有識者会議の初会合を開き、議論の方向性や今後のスケジュールを確認した。金子総務相は「放送を取り巻く環境は急速に変化し、既存の枠組みにとらわれない変革が求められている」とあいさつした。(2021/11/9)

JR西日本:
「うめきた地下駅」を新設 近未来の駅スマートステーションが導く社会
利用者への案内や車いすでの乗降などで人手に頼ることが多い現在の鉄道駅が、最新の技術で自動化され、便利で効率的なスマートステーションへと進化を遂げようとしている。(2021/11/8)

「経済成長にはどんなデジタル化が必要?」――デジタル庁が意見募集 「新重点計画」策定で
デジタル庁は、デジタル社会を実現するための方針を決める「新重点計画」の策定に向け、6つのテーマについて意見募集を始めた。期間は11月5日から18日まで。(2021/11/8)

【その視点はなかった】議論で優位に立つ「論破的思考」より、共に新しい洞察を獲得できる「対話的思考」のほうがこれからの社会に合っている
時代は静かに、しかし大きく変わりつつある。(2021/11/7)

医療技術ニュース:
電解水による透析で、患者の透析関連疲労感がほぼ消失することを確認
血液透析で重度の疲労を感じる患者に対し、電解水による透析を試みたところ、8週間後には疲労感がほぼ消失することが分かった。聖路加国際病院などによるこの研究成果は、透析患者のQOL改善や社会復帰に貢献することが期待される。(2021/11/5)

学情が調査:
コロナ禍で仕事のモチベーションに「変化があった」 20代社会人の6割が回答
20代の社会人を対象に「コロナ禍での仕事への向き合い方」を調査した。57.1%がコロナ禍で仕事へのモチベーションに変化があったと答えた。その理由とは?(2021/11/4)

FAニュース:
工作機械のCO2排出量削減に貢献する省エネ機能強化、自社工場内で30%削減効果も
オークマは2021年11月2日、工作機械の省エネ機能「ECO suite」を強化し、「ECO suite plus」として新たな機能を加えて展開することを発表した。国際的な脱炭素社会への移行に向けた動きに対応し、CO2排出量分析機能を追加した他、自律的なアイドルストップ機能や使用エネルギーを最適化した加工などを実現する。(2021/11/4)

本郷奏多、「カムカムエヴリバディ」で朝ドラ初出演 男社会になじめない若き大部屋俳優役に
ヒロイン役の川栄李奈さんをかき乱す場面も。(2021/11/4)

スマホを活用して日々学ぶ、スキルアップとリスキリング
教育のプロと実践者が語る社会人教育の“最先端” 「生きた学び」を育てるには
不確実かつ曖昧なVUCA時代に企業が成長を続けるには、社会人教育の見直しが不可欠だ。複数の教育手法を組み合わせる「ブレンディッドラーニング」を実施し、パフォーマンス向上につなげた企業の例を取り上げ、その効果を解説する。(2021/11/9)

コロナ後の働き方:
緊急事態宣言が解除されても、約7割は「宣言中と働き方は変わらない」
社会人男女を対象に「withコロナのテレワーク実態調査」を行った。緊急事態宣言の解除後に働き方が変わったか聞いたところ、「緊急事態宣言中と変化なし」と答えた人は74.0%だった。(2021/11/2)

モビリティサービス:
日系乗用車5社の車載通信機の開発に日野も参加、物流の課題解決加速
日野自動車は2021年10月29日、スズキやSUBARU(スバル)、ダイハツ工業、トヨタ自動車、マツダが進めている次世代車載通信機の技術仕様の共同開発と通信システムの共通化に参画すると発表した。車載通信機や通信システムの開発を効率化し、物流の社会課題の解決に貢献するソリューションの早期実装を目指す。(2021/11/2)

定年後も「支えられる者」でなく「支える者」になる時代へ――再雇用、今さら聞けない「保険料や年金の扱い」はどうなるのか?
今の日本の社会では、どの企業も60歳前に「定年」を設定することはできない法律になっている。しかも、少子高齢化が加速している現状では、人手不足を解消する必要があること、そして公的年金の支給開始年齢が原則65歳に引き上げられたことを踏まえると、国は60歳以上の高年齢者を労働市場に留める施策を講じざるを得ない。その一つが「定年再雇用」である。再雇用で、保険料や年金はどういう扱いになるのか?(2021/11/1)

会社の先輩を好きになったけど“今の関係”が心地よくて…… 告白できない社会人の恋愛漫画がリアルで刺さる
距離感に悩むの分かる……。(2021/10/28)

広告で共感を広げる仕組み:
クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるための仕組みを創出。(2021/10/26)

東京23区のマンホール蓋を撮影すると社会貢献できて賞金も狙える 位置情報ゲームで「マンホール聖戦」開催
インフラの安全確保にゲーム性を取り入れた企画です。(2021/10/25)

光ファイバーでセンシング:
「光技術×エッジAI」、OKIが目指す社会インフラ
OKI(沖電気工業)は2021年10月19日、オンライン記者説明会を開催。同社ソリューションシステム事業本部 エグゼクティブスペシャリストを務める佐々木玲氏が、光関連の技術と取り組みを説明した。(2021/10/25)

ひろゆき流・なまけもの経営術:
ひろゆきが語る自己責任論 「好きを仕事にする前によく考えろ」
生きづらい社会のなかで、「遅刻はするけど、きちんと成果を出す」のがひろゆきこと西村博之氏だ。彼が考える仕事において「本当に頑張るべきこと」とは何なのか。 『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』(学研プラス)の中から、ひろゆき流の「なまけもの経営術」をお届けする。(2021/10/24)

シニアのiPhoneユーザーはウイルス対策率が低め ドコモが調査
NTTドコモのモバイル社会研究所が、シニア層のスマホセキュリティ対策に関する調査結果を発表。OS別に見ると、のぞき見対策はAndroid所有者、ウィルス対策はiPhone所有者の実施率が低い傾向にあった。(2021/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。