ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東北地方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東北地方」に関する情報が集まったページです。

スマートファクトリー:
ローカル5Gとキャリア網併用でも安定化する無線通信、トヨタ宮城大衡工場で実証
NICT、NEC、東北大学、トヨタ自動車東日本は、SRF無線プラットフォームを用い、東北地区で初めて、キャリア網(LTE/5G)とローカル5Gによるハイブリッドネットワークを活用した移動体との無線通信安定化実証を行う。(2024/6/18)

「京王電鉄の駅に備え付けてあるトイレットペーパーは……」 公式がトリビアを紹介する「京王電鉄 へぇ〜なネタ」が話題に
へぇボタンを押したくなる。(2024/6/17)

パイの奪い合い続く:
西友、北海道・九州から完全撤退 買収する企業の狙いは?
大手スーパー「西友」が今年(2024年)中に北海道と九州からの全店舗撤退を発表した。小売業界の競争が激化するなか、スーパーマーケット業界の再編は避けられない。(2024/6/17)

金剛型をイメージしたデザイン トヨタ GR86をカスタムした「艦これ」仕様車が登場! 価格は500万円超も購入希望者が殺到
【訂正あり】洒落たデザインでカッコイイ……!(2024/6/16)

演説する議員の背後に“変顔キッズ” 米下院議会のライブカメラが捉えた珍事が話題 「弟のために」とタネ明かしも
無邪気すぎる……!(2024/6/16)

「爆笑した」 小さい予約札の使い道が超画期的 “角”を予約する斬新な発想に7万いいね
新感覚オセロが誕生しそう……?(2024/6/17)

「みごとな『とうきゅう』」を漢字に→子どもの“合ってそうな珍回答”がバツで話題に 「違和感ない」「何も間違ってない」
意味は通ってる。(2024/6/17)

もし機関車トーマスが自転車屋さんに転職したら……? おもちゃの“トーマス”を再利用する光景に「これは天才」「目が死んでるよ…」
世知辛い……。(2024/6/15)

「水が溜められる」 ワークマンで3000円以下! 「レディース撥水ボトムス」5選が雨の日の最強アイテムだった
スカート、パンツどちらもあります!(2024/6/15)

「オワコン」克服へ:
千葉のキッザニアっぽい施設「カンドゥー」 存続の危機から一転、過去最高の来場者数に どう立て直した?
幕張豊砂駅を出てすぐに、キッザニアによく似たパーク「カンドゥー」はある。慢性的な赤字体質を抜け出せたのはなぜか?(2024/6/14)

ファミマ、食べられるストロー「コロネクッキー」再発売 ドリンクが売れる夏のプラ削減目指す
ファミリーマートは6月18日から、ストロータイプのクッキー「コロネクッキー」を北海道・東北・北関東・新潟県の約2200店舗で再発売する。昨年8月にも販売し、好評を呼んだ。プラスチック使用量の削減につながる商品として、アイスドリンクの需要が高まる夏に向け訴求する狙いだ。(2024/6/13)

「白飯やん」 福島の葬式で“白い赤飯”が出てきて話題に 東北圏外の人は知らない料理の正体とは?
宮城や新潟など、各地域で報告されています。(2024/6/13)

物流のスマート化:
自動運転トラックを受け入れ可能な次世代物流施設を東北圏で開発
三菱地所は自動運転トラックなどの受け入れを視野に入れた「次世代基幹物流施設」の開発計画を始動した。(2024/6/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「最強連合」に向けてイオンを頼ったツルハ モノ言う株主の指摘は本当に正しいのか
ドラッグストア業界の1位と2位が統合する。イオンの下で、2027年末ウエルシアHDとツルハHDが合併する予定だ。ツルハを巡ってはモノ言う株主からさまざまな指摘がなされているが、本当に正しいのか。(2024/6/3)

ホイップクリーム“だけ”詰まったスイーツだと……! セブン-イレブン東北限定商品に反響 販売拡大はあるのか聞いた
「岩手葛巻町産牛乳を味わうまっしろホイップ」が話題。(2024/5/30)

「290円ラーメン」終売でもまだまだ安い幸楽苑、なぜコロナ禍が明けても不調が続いているのか
コロナ禍明けで各業界が復調に沸く中、取り残されているのが幸楽苑だ。290円の中華そばがなくなったとはいえ、まだまだ競合と比較して安い部類に入るのに、なぜ不調が続いているのか。(2024/5/29)

「コナズ珈琲」宮城県利府町に6月27日オープン 東北エリア初出店
トリドールグループのKONA’Sは、宮城県利府町に「コナズ珈琲 利府店」を6月27日にオープンする。全国43店舗目で東北エリア初出店となる。(2024/5/28)

イオン北海道 物流の2024年問題に向け、商品の一部を海上輸送する実証実験を開始
イオン北海道は、釧路市や栗林商船と連携し、「イオン釧路店」「イオン釧路昭和店」に5月24〜25日に納品するくらしの品、衣料品の一部商品について、栗林商船のRORO定期船で海上輸送する実証実験を行う。(2024/5/22)

「向こう側が透けて見える」 漫画をアクスタ化→史上例のないアイデアと話題に 「発想が天才的」「包丁さばきでアクスタの解釈を拡げた男」
何これウケる。(2024/5/21)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
JR肥薩線は「235億円」で復旧、根室本線はすんなり廃止 ローカル線存続、何が明暗?
利用が少なくても、救いの手が差し伸べられて助かる鉄道。一方で、被災したまま力尽きる鉄道。ローカル線復旧・存続は、どこで道が分かれるのか。(2024/5/16)

訪日客6000万人の受け入れ体制は? オーバーツーリズム対策急務
訪日外国人客数が急回復を見せる一方、政府、自治体、企業は過度な混雑や観光客によるマナー違反といったオーバーツーリズム対策を急いでいる。日本の観光業を確かな成長軌道に乗せるうえで、受け入れ体制の構築は喫緊の課題だ。(2024/5/15)

「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
200勝達成が待たれます。(2024/5/14)

イオンモール新利府に「カンドゥー新利府」オープン、東北初
イオンモール新利府は、南館1階に常設としては東北初となる「カンドゥー新利府」を7月19日にオープンする。(2024/5/13)

東北にある“トトロに会える森”とは……? ジブリファンが感動しそうな大杉に「ものすごくトトロ」「この木にはトトロ居るやろなー」
地元民に愛されてきた御神木。(2024/5/10)

JR東、訪日外国人向けのモバイルSuicaを開発 2025年春にリリース予定
JR東日本は5月8日、訪日外国人向けのモバイルSuica「Welcome Suica Mobile」アプリを2025年春にリリースすると発表した。対象端末はiPhoneとApple Watchで、対象言語は英語のみ。有効期間は発行日から180日間。(2024/5/10)

訪日外国人がSuica発行やチャージができるスマホアプリ「Welcome Suica Mobile」2025年春にリリース
JR東日本は、Suica発行やチャージが行える訪日外国人向けアプリ「Welcome Suica Mobile」を2025年春に提供。移動の行程や目的地を入力すれば鉄道パスを案内する多言語Webサイト「JR EAST Rail PASS Search」も今夏リリースする。(2024/5/9)

「超熟」食パン使用のセブンプレミアム「ハニーシュガートースト」は大丈夫? 「別の工場で製造されています」
ネットでは不安の声が寄せられていました。(2024/5/9)

「後継者難」倒産、5年連続で過去最多を更新 最多要因は「代表者の死亡」
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/5/9)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラは日本で受け入れられるのか? オーナーズクラブ代表に聞く「これまでの10年」と「これから」
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、Tesla歴10年余のベテランユーザー安川洋氏に、日本におけるTeslaの歴史や今後の展望などについて話を聞きました。(2024/5/9)

ローソン、一口サイズのレジ横スナック「じゃがっち」発売 食品ロス削減にも役立つ工夫とは?
ローソンは5月7日、全国のローソン店舗で一口サイズのハッシュドポテト「じゃがっち」を発売した。食品ロス削減を意識した取り組みはコンビニ各社で目立つようになってきた。(2024/5/7)

第91回「電力・ガス基本政策小委員会 制度検討作業部会」:
「需給調整市場」の約定量不足や価格高騰の原因は――エリア・商品別に見る足元の状況
2024年4月から5商品すべての取り引きがスタートした「需給調整市場」。しかし足元では約定量不足や価格の高騰が続いている。資源エネルギー庁の「制度検討作業部会」第91回会合では、エリア別・リソース別の状況が公開された。(2024/5/7)

小売・流通アナリストの視点:
スーパー再編の大一番 首都圏を勝ち取るのはイオンか、セブンか それぞれの勝ち筋とは
上場している小売企業の決算期は2月が多いので、小売ウォッチャーにとって毎年4月は各社の決算発表を追いかける季節。今年はビッグネームの再編に関するニュースが飛び込んできて、個人的には興味津々の春となった。(2024/4/30)

エネルギー管理:
2024年度の「供給計画」から考える、10年後の電力需要と供給力の変化
このほど電力事業者各社から提出された、2024年度の「供給計画」がとりまとめられた。とりまとめでは電力需要想定や需給バランス、電源構成の変化に関する分析、送配電設備の増強計画などが報告されており、本稿ではそこから見える長期視点での課題を解説する。(2024/4/25)

「食品業」の倒産、2年連続増加の653件 4年ぶりに600件超
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/4/24)

「中部地方」はどこからどこまで? 新潟や静岡は入る? 多様な解釈をまとめた図に意見百出
国家機関や企業によって、解釈が違いすぎる……。(2024/4/23)

割れた食器がばあちゃんの斬新アイデアでオシャレなお庭のアイテムへ! 節約もバッチリなリメークに注目が集まる
節約にもなりました。(2024/4/23)

社長の平均年齢は60.5歳と高齢化 平均年齢の高い業種は?
帝国データバンクは、2023年時点における全国の社長の平均年齢が60.5歳(前年比0.1歳上昇)だったと発表した。社長の平均年齢は、統計としてさかのぼれる1990年から毎年上昇しており、23年においても同様の傾向となった。(2024/4/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パチンコだけじゃない! 業界大手マルハンが仕掛ける、次の「意外なドル箱ビジネス」とは?
設備投資などが重荷になり逆風のパチンコ業界。そんな中、業界大手のマルハンが、第二のビジネスに取り組んでいる。(2024/4/19)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、5〜6月以降に11自治体で実施
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ、2024年5〜6月以降に11自治体が参加。埼玉県三郷市(第2弾)、東京都品川区(第3弾)などで最大30%のPayPayポイントを還元する。(2024/4/15)

脱炭素事例:
PR:世界で選ばれる企業であるためにアンリツが導入した太陽光発電と大容量蓄電池
世界的な「脱炭素」の機運の高まりとともに、太陽光発電を導入する企業が増えている。アンリツは、エネルギー効率を最大化するために、オムロン フィールドエンジニアリングの太陽光発電と大容量蓄電池を組み合わせたシステムを導入した。蓄電池設置までいたらない企業も多い中、アンリツはなぜ導入に踏み切ったのか。決断の背景などを聞いた。(2024/4/18)

物流のスマート化:
物流問題解決に向けファミマとローソンが連携 冷凍商品の共同配送を一部で開始
ファミリーマートとローソンは2024年4月8日、両社の冷凍商品を対象に、同じトラックで混載する共同配送を同月11日に開始すると発表した。(2024/4/12)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国系企業が日本の“再エネビジネス”に食い込む 「透かし騒動」から見る実態
政府の再生可能エネルギー関係の会議資料に、中国企業のロゴマークの透かしが入っていたことで騒ぎとなった。これはミスだったようだが、中国系の企業が日本の太陽光発電事業に入り込んでいることは事実。FIT制度を利用して多額の収入を得ることが狙いだ。(2024/4/12)

人工知能ニュース:
過酷な資源ごみのビン色選別を自動化、PFUがイメージスキャナー技術から新規事業
PFUは、廃棄物の分別を自動化する「廃棄物分別特化AIエンジン」シリーズの第1弾として、ビンの色選別を自動化する「Raptor VISION BOTTLE」の提供を開始する。世界シェアトップのイメージスキャナー開発で培った独自アルゴリズムによる99.8%という高い認識精度が最大の特徴だ。(2024/4/11)

ファミマ、ローソンと初の共同輸送 「物流2024年問題」に向けて東北エリアで開始
ファミリーマートとローソンは4月11日、東北地方の一部地域において共同輸送を開始する。実験を除き、両社が共同輸送を行うのは今回が初。(2024/4/10)

クセになるスープがドライバーを魅了! 「ラーメン山岡家」がコロナ禍明けで一気に成長できたワケ
ラーメンチェーン「ラーメン山岡家」の成長が著しい。他のラーメン店とは一線を画す運営方針も影響しているとみられる。あらためて、コロナ明けに絶好調の要因を探っていく。(2024/4/8)

「あちゃー…」 日本三景“松島”見るため「松島駅」で観光客下車→なぜか地元民が“超絶ハラハラ”の理由
駅から遠いあるある。(2024/4/7)

復興の象徴:
東北大をイノベーションの中心地に 放射光施設「ナノテラス」が生みだす共創の場
4月9日、東北大学が誇る世界最高レベルの高輝度放射光施設「NanoTerasu(ナノテラス)」が始動する。その背景には、東日本大震災からの「復興の象徴」として東北の経済を盛り上げたいとの思いから、10年以上も奔走してきた、ある教授の使命感があった。ナノテラス誕生の舞台裏と、今後のビジョンを聞く。(2024/4/4)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、4月以降に東北エリア3自治体を追加 最大20%還元
PayPayは、地方自治体と共同で行うキャンペーン「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2024年4月以降に参加する3自治体を発表。山形県最上郡真室川町(第3弾)、福島県12市町村(第6弾)、福島県3市町(第4弾)が対象となる。(2024/4/3)

ITエンジニアは“たけのこ派”が多い──転職サイトが483人に調査 「Crackerはダメです」などの声
世界一“実務の役にたたない”調査レポート──エンジニア向けの転職サービス「Findy」を運営するファインディは、そう題した“エンジニアの嗜好”に関する調査結果を発表した。「きのこ派orたけのこ派」「イヌ派orネコ派」など好みを聞いた。(2024/4/2)

レタスって奈良時代からあるの!? 特別展「和食」の「野菜の渡来時期」展示が興味深い
大根やコンニャクイモに至っては、弥生時代から。(2024/4/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。