ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東北地方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東北地方」に関する情報が集まったページです。

既存ファンがリピートしていなかった……!:
イベント運営は“肌感覚”から脱却できるか? 「ファンの分析」が秘める可能性
イベントの顧客分析は難しい。例えばライブに参加する際、A社でチケットを買い、B社で配信映像を視聴し、グッズはC社のサイトで購入する──というように、複数の企業がかかわり、データをばらばらに持っているからだ。この現状を変えようと取り組む、バルス(東京都千代田区)のCEO、林範和氏に話を聞いた。(2021/6/14)

“新幹線オフィス”、東北・北海道新幹線「はやぶさ」全列車に リモートワーク対応車両、6月14日から
座席で、通話やWeb会議がOKになります。(2021/6/10)

産業動向:
古河電工のエネルギーインフラ事業、2020年度はコロナの影響で営業利益は19億円の損失
古河電気工業が展開するエネルギーインフラ事業の2020年度実績は、新型コロナウイルス感染症の影響や新規材料の強化費用といった特殊要因が作用し、売上高は1009億円で、営業利益は19億円の損失となった。(2021/6/10)

AI:
覆工コンクリートの表層品質をAIが自動評価する新技術、西松建設
西松建設は、山岳トンネル工事のさまざまな課題をAIで解決する「山岳トンネル AI ソリューション」の構築を2019年度に開始している。このほど、山岳トンネル AI ソリューションの要素技術として、覆工コンクリートの表層品質評価を行うためのAI活用技術「A.E.s.SLiC」を開発した。(2021/6/8)

新たな移動サービスの創出:
「はやぶさ」をオフィスに JR東が実証実験 全列車に推奨車両を設置
JR東日本は6月7日、“新幹線オフィス”の実証実験第2弾を行うと発表した。(2021/6/7)

線路は繋がるから楽しい! 全線運転再開した水郡線を走破して、郡山の最高級ブランド米駅弁を食べてみた
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「海苔のり弁887」です。(2021/6/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と脱炭素 JR東日本とJR西日本の取り組み
2021年5月26日に参議院で可決した「地球温暖化対策推進法の改正法案」は、地球温暖化対策として、CO2など温室効果ガスの削減への取り組みを求めている。CO2削減では自動車業界の話題が突出しているが、鉄道業界はどのようにしていくつもりだろうか。(2021/6/4)

導入事例:
排水湿潤連続養生技術「Wキュアリング」をトンネル工事に適用
大成建設は、2017年のトンネル工事において「Wキュアリング」を適用し、材齢3年目となる2020年9月に覆工コンクリート品質調査における性状評価で、塩害・凍害に対して従来のセントルを用いた工法よりも耐久性が大幅に向上することを確認した。(2021/6/4)

水郡線全線運転再開 駅弁片手に新緑のローカル線旅
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「奥久慈しゃもべん」です。(2021/6/3)

栃木県の住みここちランキング 3位「下野市」、2位「大田原市」、1位は?
栃木県の住みここちランキング&住みたい街ランキング。3位「下野市」、2位「大田原市」、1位は?(2021/6/2)

スーパームーンの皆既月食、見るチャンスは“東高西低” 皆既食は夜8時過ぎ
26日の夜は「スーパームーンの皆既月食」。しかし天気は西からくずれ、九州や四国での観測は難しいようだ。(2021/5/26)

本日5月26日に皆既月食&スーパームーン到来! 20時ごろから夜空に注目
全国的に天気予報はかんばしくないですが、雲越しでワンチャン。(2021/5/26)

プロジェクト:
宮城県で延べ4.8万m2のマルチテナント型物流施設が着工、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、宮城県宮城郡利府町で、2022年3月15日の竣工に向け開発を進めるマルチテナント型物流施設「DPL仙台利府I」の概要を明かした。(2021/5/24)

レストランの認知度調査 「吉野家」や「スシロー」を抑えて1位になったのは?
マーケティングリサーチ事業を展開するRJCリサーチがLINEユーザーを対象にレストランチェーンのブランド浸透度調査を実施した。(2021/5/22)

佐々木朗希、プロ初登板に「9回投げるよりも疲れました」 ダルビッシュ「150キロ越えをバンバン出して」と絶賛
強力打線を相手に5回を投げ切り「これだけ疲れたのは初めて」と心境を告白。(2021/5/17)

エネルギー管理:
GW中に東北エリアの再エネ比率が87.7%に、出力制御は回避に成功
東北電力ネットワークが、東北6県と新潟エリアの大型連休期間中(同年4月29日〜5月9日)における電力需給データを公開。一部の時間帯において再生可能エネルギーの出力が高まり厳しい需給状況となったが、再生可能エネルギー電源に対する出力制御を回避できたという。(2021/5/17)

プロジェクト:
茨城県常総市で冷凍・冷蔵・常温に対応する延べ4.8万m2の物流施設が着工、日本GLP
日本GLPは、茨城県常総市で、計画を進めていた物流施設「GLP 常総II」が着工したことを明かした。GLP 常総IIは、ムロオの専用施設として、既に一棟全体の賃貸借契約を締結している。今後、両社は密に協力することで予定工期の短縮による運営開始の早期化を目指す。(2021/5/17)

異例の早い梅雨入り、梅雨前線がしばらく本州付近に 大雨に警戒を
5月なのに、梅雨前線がしばらく本州付近に延びるでしょう。九州から東北にかけて雨の降る日が多く、大雨となる恐れも。この先2週間の天気の見通しです。(2021/5/16)

脱・紙が多様性の高い組織づくりに:
日本企業は「紙依存症」? 花王グループが試した紙削減と業務ロケーションフリーの効能
社内の紙の業務をなくすのと違い、全国の取引先からの注文や受発注のデジタル化となると関係者との合意形成が難しい。グループ全体のシェアードサービスセンターが取り組む業務改革は経営課題にも大きな効果をもたらした。(2021/5/13)

33拠点のラウンジなど:
JR東エキナカオフィス会員、WeWorkも利用可能に 駅近で半日2750円から
東日本鉄道旅客鉄道は5月12日、シェアオフィス事業「STATION WORK」とWeWork Japanの「WeWork」との連携を発表した。これにより、STATION WORK会員はWeWork33拠点を利用できる。(2021/5/12)

21年3月期通期:
トヨタ、純利益2.2兆円 大回復の要因は何だったのか、決算会見で語られたこと
(2021/5/12)

八戸駅「やっぱりカニ好き!!弁当」(1380円)〜4つのカニの味わいが楽しめる駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは八戸駅「やっぱりカニ好き!!弁当」(1380円)です。(2021/5/11)

八戸駅「三陸産いわしの蒲焼き弁当」(880円)〜八戸駅弁伝統の味が復活!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは八戸駅「三陸産いわしの蒲焼き弁当」(880円)です。(2021/5/9)

宮城県で震度5強の地震発生
(2021/5/1)

新青森駅「んろぉ めぇ〜どごだげ弁当」(1300円)〜青森駅舎ラストイヤーを飾る駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新青森駅「んろぉ めぇ〜どごだげ弁当」(1300円)です。(2021/4/29)

北海道の方言「テレビはいる」ってどんな意味?【マジで方言じゃないと思ってた言葉】
編集部でアンケート調査→全国的には「電波が届く」「受信する」という意味で使う人が多数派っぽい。(2021/5/21)

家電メーカー進化論:
スピード経営で知られるアイリスオーヤマ、問題発生のたびに躍進できたワケ
アイリスオーヤマは、コロナ禍でもマスク生産拠点をいち早く国内に構えるなど、スピード経営を実践し続ける企業の1つ。アイリスオーヤマ 代表取締役社長 大山晃弘氏に、時代の流れに素早く対応するスピード経営の秘訣と、時勢を見極める製品展開、今後の事業構想について話を聞いた。(2021/4/22)

「ガチ勢すぎるw」「めっちゃ強くて草」 田中将大投手、プロ野球シーズン連勝記録はストップするも「ウマ娘」が絶好調
かなりやり込んでいるもようです。(2021/4/19)

6歳の少年が目指した「完乗」ドリーム 「こうして私は“全線完乗”した」 苦節50年、漢乗り鉄涙の記録
6歳の少年が目指し、50年かけてついに達成した鉄道旅客路線「完乗」。どんな思いでその夢を追い続け、そして到達したのでしょう。感動物語です。(2021/4/17)

テレワーク時代に最適なドキュメント共有基盤とは:
PR:なぜWeb会議ではオフィスと同様に会議ができないのか? 改善事例に学ぶ
コロナ禍によるテレワークの普及でWeb会議が当たり前になりつつある今、新たな課題としてコミュニケーションの量や質の低下が挙がっている。既存のWeb会議ツールだけではインタラクティブなコミュニケーションができない。対面と同様のライブ感のある会議を実現するには。(2021/4/21)

「ヒ」と「シ」の発音を混同するメカニズムが判明 スパコンとMRIを駆使した苦心の末
高度な技術を投入してようやく解明されました。(2021/4/14)

震災で元妻と子を亡くした男が、10年ぶりに東北を訪れ…… 震災を経験した柴犬の漫画『柴ばあと豆柴太』に涙がにじむ
試し読みとして第11話を出張掲載しています。(2021/4/14)

スーパーシティは立ち上がるか:
会津若松市がアクセンチュアと取り組む産業DX「CMEs」とは
 中小企業の「非競争領域」の効率化を支援する仕組みとして機能するプラットフォームが稼働した。全国中小製造企業の生産性向上に貢献するとしている。(2021/4/12)

維持検査・点検:
JR東日本、新幹線構造物の大規模改修に向け実物大の模擬設備を構築
JR東日本は、橋りょうやトンネルなどの新幹線構造物の大規模改修に向け、JR東日本総合研修センターの敷地内に、コンクリート橋、トンネル・土工設備、線路などの実物大の模擬設備を構築したことを発表した。(2021/4/9)

青森・岩手・秋田の44駅がSuicaに対応 2023年春以降、交通系ICカードが利用可能に
北東北の駅がSuicaに対応。(2021/4/6)

電気自動車:
EV充電のe-Mobility Powerが150億円調達、トヨタ日産ホンダ三菱自など出資
東京電力ホールディングスと中部電力が共同出資で設立し、電気自動車(EV)など電動車向けの充電インフラを整備するe-Mobility Powerは2021年4月5日、第三者割当増資の実施によって150億円を調達したと発表した。(2021/4/6)

伊東駅「幕の内弁当(ありがとう185系記念掛け紙)」(840円)〜さよなら 185系電車「踊り子」
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは伊東駅「幕の内弁当(ありがとう185系記念掛け紙)」(840円)です。(2021/4/2)

ZEB:
感染制御学の第一人者が評価する“コロナに強い”清水建設の東北支社新社屋
清水建設は、2021年3月に完成した東北支店新社屋で、75%超の省エネ認証「Nearly ZEB」の取得を目指す。省エネ技術の一つとして、感染症対策で有効とされる床から天井へ向けて空調空気を押し上げ、上部で排気する「床吹き出し空調システム」を導入している。(2021/3/31)

東京駅「30品目バランス弁当」(950円)〜仕事の帰りが遅くなっても「駅弁」があれば心強い!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは東京駅「30品目バランス弁当」(950円)です。(2021/3/31)

米沢駅・新杵屋「牛肉どまん中ピザ」(900円)〜もちもち食感! 米沢駅弁「牛肉どまん中」のピザ!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは米沢駅・新杵屋「牛肉どまん中ピザ」(900円)です。(2021/3/30)

東京駅「幕之内弁当」(1100円)〜東京駅の幕の内がリニューアル!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは東京駅「幕之内弁当」(1100円)です。(2021/3/29)

サンド伊達、走者辞退が続く聖火リレーに「盛り上げる役割をしたい」 五輪開催への希望も明かす
体調不良やスケジュールなどの理由で出走を断念する人が出ていました。(2021/3/25)

普段は入れない「JR東日本 秋田総合車両センター」へ潜入! ワックワクで楽しい“オンライン”工場見学してみた
国鉄型の名車「583系」だ〜!! 1時間半ずっと見続けちゃうやつです。(2021/3/25)

「ワタミの宅食」で弁当容器を回収、リサイクルする取り組みを開始 狙いは?
ワタミは食事宅配サービスの「ワタミの宅食」で、自社の弁当容器を回収し、新たな容器に再生してリサイクルする取り組みを全国で開始した。その狙いは?(2021/3/25)

なぜ2年で100を超える業務自動化に成功したのか?
コロナ禍でも事業は拡大できる 社労士事務所のAI-OCR・RPAによるDX奮闘記
中小企業の業務はデジタル化が進んでいない。中小企業の行政手続きを代行する社労士事務所もアナログ業務から脱却できずにいた。悪循環を断ち切り、業務のDXに成功した社労士法人が存在する。同社はいかにしてデジタル化を成し遂げたのか。(2021/3/24)

ミクシィ、英国パブ「HUB」に出資 新業態の店舗開発へ
ミクシィが英国風パブ「HUB」をチェーン展開するハブと提携。ミクシィが出資したファンドが、ハブに約15.5億円(持株比率約20%)を出資する。(2021/3/23)

松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(紀勢貨物と桜)」(1500円)〜日常と非日常が重なることで、一層輝く伝統駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(紀勢貨物と桜)」(1500円)です。(2021/3/23)

天然の鍾乳洞トンネル、超広角で東京湾アクアライン YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/3/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バッテリーEV以外の選択肢
バッテリーEV(BEV)やプラグインハイブリッド(PHV)などの「リチャージ系」は、自宅に充電設備がないともの凄く使いにくい。だから内燃機関はしぶとく残るし、ハイブリッド(HV)も然りだ。ただし、カーボンニュートラルにも目を配る必要はある。だから、それらを補う別のエネルギーを開発しようという機運はずっと前から盛り上がっている。(2021/3/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「鉄道を盛り上げるボランティア」の報酬は何か 網走に学ぶ
JR北海道は、SL列車「SL冬の湿原号」を釧路側、「流氷物語号」を網走側と、2つの観光列車を東部で冬に運行している。しかし新型コロナの影響で「あばしりオホーツク流氷まつり」が中止。運行中止の恐れもあった「流氷物語号」の運行を後押ししたのはボランティア団体だった。その活動から、ボランティアの報酬について考える。(2021/3/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。