ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「世界初」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「世界初」に関する情報が集まったページです。

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池を世界初導入、JR西日本が「うめきた」新駅に
JR西日本が2025年の開業を目指す「うめきた(大阪)地下駅」に、積水化学工業がフィルム型ペロブスカイト太陽電池を設置する。一般共用施設への設置計画としては世界初の事例になるという。(2022/8/15)

水曜日に「へえ」な話:
ガチすぎる! 世界初、シェラトンに導入した“飛行機”が面白い
東京ディズニーリゾートの近くにある「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」が面白いことを始めた。本格的なフライトシミュレーターを導入して、注目を集めているのだ。どんな特徴があるのかというと……。(2022/8/10)

二刀流は世界初:
鉄道×バスの「DMV」は、観光の“起爆剤”になるのか
徳島県の南部、高知県の東部、地図で見ると四国の右下部分で始動した「世界初」が注目を集めている。線路と道路両方を走る阿佐海岸鉄道の「デュアル・モード・ビークル」(DMV)が昨年12月、世界で初めての営業運転を開始。観光の起爆剤、同社の赤字削減に向けて期待がかかっている。(2022/8/7)

世界初の量産4気筒車「ホンダCB750フォア」の全開エキゾーストサウンド!(ヤングマシン映像アーカイブ)
名車はどんな音を奏でるのか? 世界初の量産4気筒車「ホンダCB750フォア」の走りとサウンドを映像でお届けします。(2022/7/30)

PR:「仕事をもっと楽しいコトに」――PCのライフサイクルを「コト化」
1939年、米西海岸の小さなガレージから事業をスタートさせて以来、革新的なテクノロジーを搭載した世界初の製品を次々と世に送りだしてきたHP。日本市場でレンタル事業とシステム事業を2本の柱に、IT機器と計測器をベストな形で提供してきた横河レンタ・リース。働き方が大きく変わる中、セキュリティを守りつつ、社員が快適で効率的に業務を進めるための両社の取り組みとは。(2022/7/29)

Micronが世界初となる232層NANDの出荷を開始 書き込み帯域幅が最大100%向上
米Micron Technologyが、世界初となる232層NANDの量産を開始したことを発表。従来のNANDと比較して、大容量化とともに消費電力効率も向上するという。(2022/7/27)

シンプルなカッコよさ ホンダが新型「シビック タイプR」を世界初公開 9月発売へ
性能に期待大!(2022/7/21)

TYPE R誕生30周年:
ホンダ、新型「CIVIC TYPE R」を世界初公開 9月発売を予定
本田技研工業は7月21日、12代目となる新型「CIVIC TYPE R」を世界初公開した。先代のコンセプトである「Ultimate SPORT」をさらに進化させた「Ultimate SPORT 2.0」をグランドコンセプトに、スポーツモデルの本質的価値である「速さ」と走る喜びを両立を目指したという。9月からの発売を予定している。(2022/7/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
「旦那さんのクルマ?」「お父さんから借りたの?」と思われないクラウンへ
さて、今週はトヨタ自動車の「クラウン」がフルモデルチェンジし、新モデルが世界初公開されました。以前から、「セダンではなくSUVになるらしい」「海外でも販売するらしい」と報じられてきましたね。(2022/7/16)

まさかの4タイプ展開! トヨタ、新型「クラウン」を世界初公開 まずはクロスオーバーSUVを2022年秋に発売
【画像72枚】クラウンの全幅が1800ミリ超えに!(2022/7/15)

4つのバリエーション:
新型「クラウン」世界初披露、SUVとセダン融合 「まさしく明治維新」と豊田社長
トヨタ自動車は7月15日、新型クラウンを世界初披露した。SUVとセダンを融合した「クロスオーバー」のほか、SUVタイプの「スポーツ」「セダン」、SUVとワゴンを組み合わせたような「エステート」の4車種。4車種を全て統一して「クラウン」と総称する。(2022/7/15)

ホンダ、新型「シビック タイプR」をチラ見せ 7月21日にいよいよ世界初公開へ
カッコいい予感。(2022/7/14)

燃料電池車:
燃料電池の内部の水を可視化、実機サイズのセルで撮像時間は1秒
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2022年7月12日、パルス中性子ビームによる車載用燃料電池セル内部の水の可視化に成功したと発表した。パルス中性子ビームを用いて実機サイズのセル内部の水挙動を明らかにするのは「世界初」(NEDO)だとしている。(2022/7/14)

初披露まで4日:
トヨタ、新型「クラウン」の横顔公開 「新しいクラウン、はじまる」とのメッセージも
 トヨタ自動車は7月12日、特設サイトで新型「クラウン」の一部デザインを公開した。「DISCOVER YOUR CROWN.」「新しいクラウン、はじまる」といったメッセージも表示されている。15日には新型「クラウン」を世界初披露を予定しており、イベントの模様は同日午後1時30分からオンライン配信する。(2022/7/12)

ドラマチックお風呂シリーズ:
世界初、ガンプラ入りが登場! 入浴剤「びっくらたまご」20周年を記念して
バンダイ ライフ事業部はマスコット入り入浴剤「びっくらたまご」シリーズの発売20周年を記念して、“ドラマチックお風呂シリーズ”を立ち上げる。商品は全2種で、価格は1540円。(2022/7/11)

16代目:
トヨタ、新型「クラウン」を世界初披露へ 「セダン? SUV?」と謎のメッセージ
トヨタ自動車は7月15日、新型「クラウン」を世界初披露し、そのイベントの模様を同日13時30分からオンライン配信する。6日に公開した特設サイトでは「セダン? SUV?」「終わりかはじまりか」などのメッセージも表示している。(2022/7/6)

テラヘルツ通信の運用可能性示す:
日欧連携で300GHz帯双方向リアルタイム伝送に成功
早稲田大学らによる国際共同研究グループは、世界初となる「300GHz帯双方向リアルタイム伝送」に成功した。テラヘルツ通信は、Beyond 5G/6Gシステムにおいて、基地局間を接続する方法の1つとして注目されている。(2022/7/4)

世界初のブラックホール画像に異論 国立天文台、別チームが再解析
ブラックホールの撮影に初めて成功したとして、国立天文台などの国際共同研究チーム「EHT」が2019年に発表した画像について、同天文台の別の研究者らがデータを再解析したところ、リングにならずブラックホールの姿を捉えられていないと発表した。(2022/7/1)

サービスロボット:
攪拌加熱工程に一工夫、味で戦う「世界初」のパスタ調理ロボットが稼働開始
調理/業務ロボットの設計製造などを手掛けるTechMagicは2022年6月27日、同月30日にオープンした「エビノスパゲッティ 丸ビル店」(東京都千代田区、丸の内ビルディング地下1階)で、「PRONTO」などを展開するプロントコーポレーションと共同開発したパスタ調理ロボット「P-Robo」が稼働開始したことを発表した。麺のゆで上げや調理、鍋の洗浄などを自動化して、店舗の省人化に貢献する。(2022/6/30)

世界初:
青色のコチョウランが登場、開発期間は17年
石原産業は、2022年6月下旬に青色コチョウラン「Blue Gene(R)」(ブルージーン)の販売を開始した。同社によると、青色のコチョウランは世界初だという。(2022/6/27)

世界初、青色のコチョウラン「Blue Gene」発売 17年の研究の末
石原産業は6月27日、世界で初めて青色のコチョウランを発売したと発表した。商品名は「Blue Gene」(ブルージーン)。(2022/6/27)

組み込み開発ニュース:
JDIは「技術立社」へ、ディスプレイ業界のArm目指し世界初と世界一を連打
ジャパンディスプレイ(JDI)が成長戦略「METAGROWTH 2026」に向け開発を進めている新技術について説明。次世代OLED技術「eLEAP」やバックプレーン技術「HMO」、透明ディスプレイ「Raeclear」など「世界初、世界一」となる独自技術の開発を推し進めるとともに、オープンなライセンス展開も行うことで「ディスプレイ業界のArmを目指す」という。(2022/6/23)

新幹線車両で架線電圧維持 JR東海が世界初、ソフト改良で 「のぞみ」高密度運転を省エネ化
JR東海は、東海道新幹線の「N700S」車両に搭載するソフトウェアを改良し、架線の電圧低下を抑制する機能を開発した。車両で架線電圧を維持する仕組みは世界初という。(2022/6/20)

複雑なレーザーの搭載を容易に:
レーザーを統合したシリコンフォトニクスプラットフォーム
OpenLightが2022年6月6日(米国時間)、レーザーを統合した「世界初」(同社)のオープンなシリコンフォトニクスプラットフォームを発表した。(2022/6/16)

ハノーバーメッセ2022:
軽く、安価で、柔軟な「世界初」の空気圧式の協働ロボット
ドイツのFestoは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30〜6月2日)において、「世界初」(同社)とする空気圧式の協働ロボット「Festo Cobot」を公開した。空気圧による動作を実現したことで17kgと軽量かつ、可搬質量3kgの同クラス電動型製品より安価を実現するという。2023年の販売開始を予定している。(2022/6/17)

蓄電・発電機器:
超電導フライホイール蓄電システムで鉄道を省エネに、JR東日本が世界初の実証
JR東日本が、鉄道用超電導フライホイール蓄電システムの実証試験を開始すると発表。電車のブレーキ時に発生する回生電力エネルギーを有効利用できるシステムで、超電導フライホイール蓄電システムの鉄道への応用は、世界初の導入事例になるという。(2022/6/14)

生きた皮膚で覆われた指型ロボットを東大研究グループが開発 修復能力も備えた人間らしい機能を搭載
生きた皮膚で纏われた世界初のロボット。(2022/6/10)

他人由来のiPS血小板 1人目の移植成功 京都のベンチャー
他人由来のiPS細胞から血小板を作り、血液の病気の患者に血液製剤として輸血し移植する世界初の治験を、再生医療ベンチャー「メガカリオン」が実施したと発表した。拒絶反応など、有害な現象は起きず成功したという。(2022/6/10)

世界初、NICTが日本標準時に「光格子時計」採用 UTCとの時刻差を“10億分の5秒以内”に
情報通信研究機構(NICT)は、光格子時計をもとにした標準時の生成に世界で初めて成功した。協定世界時(UTC)に対する時刻差を、従来の10億分の20秒から10億分の5秒以内と、4分の1以下に抑えられるとしている。(2022/6/9)

2022年秋ごろから:
トヨタ、新型「GRカローラ RZ」世界初公開 「コモディティ化したくない」と豊田社長
「GRカローラ RZ」「GRカローラ モリゾウエディション」を世界初公開した。「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」を実践。ずっと走っていたくなる走り心地を実現した。(2022/6/2)

電動化:
新型RXは電動化時代のレクサスらしい走り、運転する楽しさを体現
トヨタ自動車は2022年6月1日、レクサスブランドのSUV「RX」をフルモデルチェンジして世界初公開した。多様化するユーザーのニーズに対応して、さまざまなパワートレインを用意した。日本では2022年秋に発売する。(2022/6/2)

約7年ぶりの全面刷新、レクサス新型「RX」世界初公開 気持ちのいい走りを実現する「Fスポーツ パフォーマンス」モデルも
新顔「スピンドルボディ」はどう?【画像152枚】(2022/6/1)

レクサス、新型「RX」を世界初公開 日本での発売は秋頃を予定
トヨタ自動車は6月1日、「LEXUS(レクサス)」の新型ラグジュアリーSUV「RX」の新型モデルを世界初公開した。(2022/6/1)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されており、将来は月と地球を結ぶ光通信の実用化も目指している。(2022/6/1)

宇宙と地上、レーザー光で通信 筑波大発ベンチャーが世界初の商用化へ
筑波大学発の宇宙ベンチャー企業が、レーザーを用いた宇宙における光通信ネットワークサービスを、早ければ2024年冬に始めると発表した。防災や軍事・安全保障などさまざまな分野で活用が期待されている。(2022/6/1)

充放電制御FET調達も容易に:
高精度過電流検知に対応した「世界初」の2セル保護IC
エイブリックは2022年5月31日、外付け電流検出抵抗による高精度な過電流検出が可能な2セル直列用バッテリー保護ICを発表した。(2022/6/1)

省エネ機器:
水素100%で動く家庭用給湯器を実現、リンナイが世界初の燃焼技術を開発
リンナイが庭用給湯器において世界で初めて水素100%による燃焼技術の開発に成功。同社がガス機器の開発で蓄積してきた燃焼技術や流体制御技術を活用し、水素を燃料として利用する場合の課題をクリアしたという。(2022/5/31)

組み込み開発ニュース:
「世界初」の双方向開閉対応の高電圧直流リレー、家庭用蓄電システムなど想定
オムロンは2022年5月11日、高容量の家庭用蓄電システム向けの高電圧直流リレー「G9KB」を販売開始した。接点の定格がDC600V/50Aかつ、双方向開閉に対応したリレー製品は「世界初」(オムロン)という。(2022/5/19)

「世界初の冷えるゴミ箱」一般発売 -11℃、生ゴミ凍らせ匂い抑える
庫内を-11℃に冷やし、生ゴミなどの匂いを抑えるゴミ箱「CLEAN BOX」の予約受付がスタート。匂いを常温保管時の「2万6000分の1」に抑えられるとうたう。4万8180円。(2022/5/17)

世界初のEVタンカーに潜入 操縦はジョイスティック
世界初のEVタンカー「あさひ」が建造され、4月下旬に千葉から横浜までの初航海を行った。あさひは、騒音や振動、においなどが低減されており、船員の負担も少ないのも特徴だ。建造したのは、香川県丸亀市の興亜産業。(2022/4/28)

ジブリ「となりのトトロ」、ロンドンで世界初の舞台化、プロデューサーは久石譲 宮崎駿監督も快諾「久石さんがやるなら」
2022年10月8日から2023年1月21日まで上演予定。(2022/4/27)

組み込み開発ニュース:
電力損失がSiの20分の1、NTTが次々世代パワー半導体AlNのトランジスタ動作に成功
日本電信電話(NTT)は、SiC(炭化シリコン)やGaN(窒化ガリウム)を上回る次々世代パワー半導体材料として期待されるAlN(窒化アルミニウム)を用いたトランジスタ動作に成功したと発表した。AlNのトランジスタ動作に成功したのは「世界初」(NTT)だという。(2022/4/25)

導入事例:
横河電機とJSR、AIによる35日間の化学プラント自動制御
横河電機とJSRは、AIによる35日間の化学プラント自動制御に成功した。両社発表によると、世界初の事例になるという。高信頼性が求められるプラントの制御にAIを適用できることを実証した。(2022/4/25)

カメラとAIで人件費25%削減 トライアルGOが取り組む自動値下げや顔年齢確認の可能性
トライアルは4月20日、福岡県宮若市において新型店舗「トライアルGO脇田店 in みやわかの郷」をオープンした。「日本で初めて」という年齢確認付きの顔認証決済や、「世界初」という売り場カメラと電子棚札が連動する「自動値下げ」などを実現した「次世代型スマートストア」と位置づける。(2022/4/22)

学研が図鑑の制作中に新種を発見→「ガッケンホソカワゲラ」と命名しその図鑑に収録 そんなことってあるのか……
もちろん図鑑への収録は同書が世界初。(2022/4/21)

脱炭素:
燃料電池工場の電力を燃料電池でまかなう、パナソニックが「世界初」の実証施設
パナソニックは2022年4月15日、同社の草津事業所で、純水素型燃料電池などによって、工場消費電力を再生可能エネルギーで100%まかなうための実証施設「H2 KIBOU FIELD」の稼働を開始した。自家発電燃料として水素を本格的に活用し、工場の稼働電力をまかなう実証としては「世界初」(パナソニック)の試みだという。(2022/4/19)

蓄電・発電機器:
3つの電池で工場を「RE100化」、パナソニックが実証施設の運用をスタート
パナソニックが純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電により、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う実証施設の運用をスタート。本格的に水素を活用して工場で利用するエネルギーを100%再生可能エネルギー由来とする(RE100化)のは、世界初の試みになるという。(2022/4/18)

太陽光:
太陽光だけで稼働するEVステーション、「カーポート+蓄電池」で実現へ
中国電力は太陽光発電のみの電力で運用する「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始すると発表した。太陽光発電の電力のみで運用するEV(電気自動車)の充電ステーションに、カーシェアリングサービスを組み合わせた世界初の取り組みになるという。(2022/4/15)

約3億円で落札の世界初ツイートNFTが売り出されるも高値付かず(現在は約45万円)
2021年3月に世界初ツイートのNFTを約3億円で落札した所有者がこのNFTをオークションにかけている。約60億ドルで売りたいとしているが、終了24時間前の最高値は約45万円だ。(2022/4/14)

電動化:
デンソーの電動化製品が「bZ4X」と「ソルテラ」に採用、走行中除霜などで世界初
デンソーが新型EVであるトヨタ自動車の「bZ4X」とSUBARUの「ソルテラ」に採用された電動化製品について説明。新開発品としては、電流センサー、充電/電力変換/電力分配の各機能を集約したESU、大気中の熱をエアコンの熱源とする高効率エコヒートポンプシステム、乗員の膝元を暖める輻射ヒーターが採用された。(2022/4/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。