ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  Z

  • 関連の記事

「Zoff」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Zoff」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

エクセルシオールカフェ×紀ノ国屋の「2022 HAPPYBAG」 おなじみのロゴトートやキャニスターがコーヒーカラーの限定仕様に
おうち時間もお出かけ先でも楽しめる。(2021/12/3)

Zoff福袋「Zoff Lucky Bag 2022」はリサ・ラーソンとコラボ お値段以上の「メガネ券」と限定グッズがセットに
商品券でお得を実感できる。(2021/12/2)

魔法使いの弟子姿のミッキーやほうきがフレームに Zoff×ディズニー「ファンタジア」コレクションが初登場
かけたらミッキーのような魔法使いになれそう。(2021/11/19)

京王電鉄が開発:
下北沢駅高架下に新施設 「ミカン下北」2022年3月開業
京王電鉄は11月10日、下北沢駅高架下で開発を進める新施設「ミカン下北」を2022年3月に開業すると発表した。(2021/11/11)

Zoff×PEANUTS第2弾コレクションがやってきた! スヌーピーやチャーリー・ブラウンのモチーフが“さりげなかわいい”メガネです
おしゃれなメガネがたくさん!(2021/8/13)

「Zoff」運営会社に不正アクセス 顧客情報約9万7000件が流出、従業員や取引先企業の情報も
インターメスティックが、社内サーバが不正アクセスを受け、メガネ店チェーン「Zoff」の顧客情報など9万6911件が流出したと発表。マルウェアによる攻撃を受けたとして、侵入経路などを調査中という。(2021/5/17)

Zoff×ツイステッドワンダーランドのメガネが怪しげ さりげないこだわりのつまった普段使いできるデザインに注目です
付属のメガネケースもいい感じ。(2021/3/25)

変形せず錆びない「サウナ専用メガネ」、オンラインストアで先行発売 狙いは?
OWNDAYSは、「サウナ専用メガネ」をオンラインストアで先行発売した。最近、盛り上がっているサウナブームにニーズを見いだし、サウナでも気軽に掛けられるメガネを提供することで、新たなニーズを掘り起こす。(2021/3/17)

Zoff×ディズニーのコラボに新デザインが登場 ミッキー&フレンズのレトロでかわいいアートをデザイン
大人も使えそうなデザインがうれしい!(2021/3/10)

Zoff、メガネ専用の透明マスクを発売
透明素材で顔がわかりやすく、くもり止め加工を施している。価格は5枚入1セットで880円。(2021/3/8)

Zoff、メガネ専用立体透明マスク「Zoff 3DC MASK」発売 顔の表情が見えて飛沫も防ぐ
Zoff公式オンラインストア限定。(2021/3/6)

メガネに付ける透明マスク、Zoffが発売
「Zoff」を運営するインターメスティックがメガネに取り付けて口元を覆う透明なマスクを発売した。(2021/3/5)

ウェアラブルニュース:
富士通スピンオフのQDレーザがロービジョン用アイウェアを量産、価格も大幅低減
QDレーザが、オンラインで会見を開き東証マザーズへの上場に向けて同社の事業展開を説明した。2006年の創業からレーザーデバイス事業を中核としてきた同社だが、株式上場で調達した資金を活用して、極めて視力の低いロービジョンの補助に有効な「RETISSAシリーズ」の量産と低価格化を実現してレーザーアイウェア事業を拡大させる方針だ。(2021/2/5)

ウェアラブルデバイスへの応用も レーザーで網膜に映像投影、マザーズ上場のQDレーザ
半導体レーザーを取り扱うベンチャー企業、QDレーザが2月5日、東証マザーズに上場した。メガネに付いたカメラで撮った映像を、網膜をスクリーンにしてレーザーで直接投影するという、新しいデバイスの拡販を進める。(2021/2/5)

「手元のスマホ画面が見にくい」をサポート Zoffから「スマホアシストレンズ」登場
ブルーライトカット機能付きがありがたい。(2020/9/26)

KDDIとFacebook、XR技術を活用した店舗をオンラインで開設
KDDIとFacebook Japanは、3月24日にXR技術を活用した「フューチャーポップアップストア」をオンラインで開設。第1弾はビューティーやライフスタイルをテーマに、ARカメラでのトライオンやAIと連動した商品購入などを提供する。(2020/3/24)

インスタのAR機能で試着、AIチャットbotが接客 KDDIとFacebook Japanが新ECサイト
KDDIとFacebook Japanが協業。AIやARの技術を取り入れたスマートフォン向けECサイト「フューチャーポップアップストア」を立ち上げた。5Gを活用した商品販売の手法を実証する狙い。(2020/3/24)

Zoffの白雪姫とラプンツェルの「ディズニーコレクション」メガネ リンゴのようなカラーや三つ編み風のテンプルでプリンセスの物語を身に付けたい
専用のメガネ拭きとケース付きです。(2020/2/22)

Zoffから“集中できる環境”をつくるメガネ「Zoff+集中」が登場! 競走馬の“ブリンカー”がヒントに
価格は7000円(税別)で、度付きレンズを入れることも可能です。(2020/1/12)

メガネつくろう! Zoffに「アナと雪の女王2」アイウェアコレクションが登場
アナやエルサ、オラフモデルも!(2019/11/21)

林信行が新iPhoneに潜む魅力のタネをチェック:
カメラの進化が楽しさと使い勝手を跳躍させる――iPhone 11/11 Proレビュー
9月20日にAppleから発売される新型iPhoneを、林信行氏が徹底レビュー。すぐ分かる魅力、じっくりと使い込むと分かる魅力などを細かくチェックした。(2019/9/17)

ディズニープリンセス愛をさりげなく主張! Zoffのジャスミン&アリエルデザインのメガネにときめく
日常的に使えて高級感のあるデザイン。(2019/6/7)

Zoff×ディズニーコラボメガネがチャーミング メガネの形で選ぶもよし、模様から選ぶもよし
ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジーの全16種類。(2019/5/17)

親子でペアルックもできる! 全26種類のZoff×ミニオンコラボメガネに胸キュン
どれにしようか迷う!(2019/4/24)

デザインした人絶対テニプリの大ファンでしょ Zoff×新テニスの王子様コラボメガネのデザインが凝りすぎていてすごい
すべてに意味があるデザイン……。(2019/4/22)

シニア世代の要望踏まえた:
Zoffが「眼鏡型ルーペ」発売へ 価格・機能・デザインでハズキに対抗
Zoffが眼鏡型ルーペを発売すると発表。シニア世代からの要望を踏まえたという。価格の安さ・機能性・デザイン性が強みで、先行するハズキルーペ(Hazuki Company製)に対抗する。(2019/1/15)

8年連続赤字企業を救った戦略:
どん底から復活したメガネスーパーは、なぜ「安売り」と決別できたのか
わずか数年前、倒産寸前まで追い詰められていたメガネスーパーの「V字回復」が注目を浴びている。どのようにどん底からはい上がったのか。失敗と復活の背景には、眼鏡業界のビジネスモデルの変化を踏まえた戦略の転換があった。詳しく解説する。(2018/12/6)

「スター・ウォーズ」モデルのメガネがZoffから登場 暗黒のベイダーモデルに金ピカのC-3POモデルなど
モチーフはエピソード4〜6。「フォースとともにあらんことを」など、名言入りモデルも。(2018/12/4)

続々増える「モバイル決済」 どんなものがある?(バーコード編)
最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、バーコードやQRコードを使った「バーコード決済」の方法を紹介する。(2018/7/25)

安室透モデルやったあああ! Zoff×名探偵コナンコラボ、6月15日より第2弾
第2弾は安室透、工藤新一、灰原哀、怪盗キッド、沖矢昴の全5人。(2018/6/7)

「b.g.」ついに発売:
メガネスーパー、M&A奏功で苦境脱却 IoTでさらなる飛躍へ
メガネスーパーが2018年4月期上半期(17年5月〜10月)の連結決算を発表。M&A戦略が奏功し、一時の不振を脱した。今後はウェアラブルデバイス「b.g」を法人向けに展開し、IoT事業も強化する。(2017/12/19)

最新の検査機器とリラクゼーション室を設置:
メガネスーパー、「目のケア」に特化した新型店オープン 星崎社長が背景を語る
メガネスーパーが、高田馬場本店を11月23日にリニューアルオープンする。目を細かく検査できる最新機器を多数導入したほか、スタッフが施術するリラクゼーションルームなどを充実させた。リニューアルの背景を星崎尚彦社長に聞いた。(2017/11/22)

眼鏡店×人気ゲームのコラボ相次ぐ:
JINSと「アイナナ」コラボ キャラがモデルの眼鏡発売
眼鏡チェーンのJINSが、人気ゲームアプリ「アイドリッシュセブン」とコラボした眼鏡フレームを発売する。アイウェア業界では、アニメやゲームとコラボすることで、新たな顧客層を獲得する動きが相次いでいる。(2017/7/31)

Zoff×うたプリのコラボメガネが予約開始 → ファンが殺到する「うたプリZoff戦争」で一時サイトつながりにくく
予約に1時間超かかる厳しい戦い。(2017/7/19)

初日から在庫切れも:
Zoffと「うたプリ」コラボ眼鏡、予約殺到でサーバダウン
「Zoff」と「うたの☆プリンスさまっ♪」がコラボした眼鏡フレームの先行予約受付が始まった直後、通常時の10倍程度のアクセスが殺到し、Zoffの通販サイトが一時的につながりにくい状態となった。【訂正】(2017/7/19)

「アイケア戦略」は奏功:
メガネスーパー、不振脱却への道は「IoT」と「M&A」
メガネスーパーが、2017年4月期の連結決算を発表。減益だったが、最終黒字に踏みとどまった。今後は「アイケア戦略」のほか、他の眼鏡店の買収・合併と、ウェアラブルデバイス「b.g.」の販売に注力していくという。(2017/6/21)

宇宙ビジネスの新潮流:
「SPACETIDE」で語られた宇宙ビジネスの今
2015年に続き2回目となる宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE 2017」が開催した。イベント当日は数百人の起業家、投資家、大手企業、異業種企業、政府関係者などが駆け付け、総勢20人を超えるパネリストが登壇した。その熱気をレポートする。(2017/3/10)

ZoffやJINSに勝つには?:
不振続くメガネスーパーの挑戦
業績が落ち込むメガネスーパーが、立て直しに向けてさまざまな取り組みを開始する。「アイケアカンパニー」として目のサプリメントなどを販売するほか、ウェアラブルデバイスの開発も進める。(2016/12/16)

往年の名画と現代の絵師がコラボレーション! 画集「絵師で彩る世界の名画」が時間を超えた美しさ
名画が少し身近になりそう。(2016/5/19)

宇宙ビジネスの新潮流:
「なぜ今、宇宙に“張る”のか」 日本の著名投資家が語る
米国の後を追うように、日本でも宇宙ビジネスに対する投資が盛り上がりつつある。ベンチャーキャピタリストや著名投資家はなぜ今積極的に投資するのだろうか。(2015/11/20)

「花粉症対策メガネ」の選び方とおすすめモデル8選
花粉症対策メガネを選ぶときに重視すべきポイントと、主要ブランドの製品8つをご紹介。(2015/3/3)

「ディズニー・プリンセス」をイメージしたメガネ、Zoffから登場
かければお姫様に?(2014/12/6)

子ども用「ポケモンPCメガネ」が登場 「ピカチュウ」「メガリザードンX」「デデンネ」が子どもたちの目を守る!
大人用が欲しい……。(2014/11/30)

Zoff、ブルーライトカット率50%のPC用クリアレンズ
メガネショップ「Zoff」を運営するインターメスティックは、ブルーライトカット機能を備えたクリアレンズ「Zoff PC ULTRA」を発表した。(2014/10/30)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(2):
“メガネメーカーが開発したウェアラブル機器”JINS MEMEはなぜ生まれたのか
“メガネメーカーが開発したウェアラブル機器”として大きな注目を集めたジェイアイエヌの「JINS MEME」。そのアイデアはどこから生まれ、そしてそれを形にするにはどんな苦労があったのだろうか。革新製品の生まれた舞台裏を小寺信良氏が伝える。(2014/7/1)

ピカチュウやイーブイら「ポケモン」とコラボしたサングラスが発売 モンスターボール型ケースもゲットだぜ!
ポケモンいっぱいのキッズ向けサングラス登場!(2014/6/30)

Zoff、ブルーライトカット機能を備えたPC向け老眼鏡
インターメスティックは、ブルーライトカットレンズを採用した老眼鏡「Zoff リーディング・グラス」を発売する。(2014/3/26)

カプコン30周年記念で「バイオハザード」と「逆転裁判」のコラボメガネ限定予約販売開始
スタイリッシュ。(2013/11/8)

Zoff、「amadana」とコラボしたPCメガネ――磁石で着脱可能なグラスコード付き
メガネショップ「Zoff」は、PC作業用メガネ「Zoff × amadana PCメガネ」を6月22日に発売する。3000本限定で、価格は1万5750円。(2013/6/3)

Zoffから「モンスターズ・ユニバーシティ」PCメガネ マイクとサリーがモチーフ
「モンスターズ・ユニバーシティ」モデルのメガネはブルーライトを軽減するレンズ入り。(2013/6/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。