ニュース
» 2004年07月02日 17時01分 公開

携帯販売ランキング(6月21日〜6月27日):ドコモ新機種、続々ランクイン〜P900iVは? N900iSは?

ドコモのランキングが大幅に変動した。新しい顔ぶれが、実に3機種もある。ツーカーにもランキングの新顔が登場。auやボーダフォンは変動が少ない。

[杉浦正武,ITmedia]

 6月19日に発売されたが、先週はランクインできなかった「P900iV」と「F900iT」。はたして今週はランクインできたか。23日に発売された「D900i」や、25日発売の「N900iS」にも注目。ランキング集計期間の都合上、N900iSなどは3日分の販売成績しか加算されないが、どこまで上位に食い込めるのだろうか。

NTTドコモ au ツーカー ボーダフォン
1N505iSA1402STT31V601SH
2P505iSA5403CATT32V601N
3P900iA5503SATS41V401SH
4N900iA5405SATK41V401T
5SH505iSW21HTK40V301SH
6P900iVA5506TTK22V302T
7N900iSA1304T2TK40(*)V801SA
8F672iA5502KTS31V801SH
9SO505iSW11KTK31V101D
10D900iA5404STK22(**)V301T
(*)表記はプリケ―セット対応端末、(**)表記はLimited Edition端末

この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています

photo

 ドコモのランキングが大幅に変動した。P900iV(右写真)、N900iS、D900iの3機種がランクインしている。

 P900iVは、先週17位からのランクアップ。N900iSとD900iは、初登場で見事ランクインした。特にN900iSは、25日の発売でありながら早くも7位につけた。今週もトップを飾ったN505iSといい、「N」ブランドは強いといわざるをえない。

 2位には、先週5位だったP505iSがランクアップ。これに押し出される格好で、P900iとN900i、SH505iSがそれぞれ1つずつ順位を下げている。

Photo

 auは、ランキングにさほど変化がなかった。上位3機種は、コンパクトなVGA端末「A1402S」、オートフォーカス付き200万画素カメラを搭載した「A5403CA」(左写真)、“ラジオ付きケータイ”の「A5503SA」で変わらず。

 そのほかも、5位と6位が入れ替わり、9位と10位が入れ替わっただけ。トップ10の顔ぶれとしては、先週のランキングから全く変わっていない。

photo

 ツーカーは、「TT31」がトップに立った。アイコンを画面上で選ぶだけで電話をかけられる、“マイメンバー”機能を備えた端末だ。2位には、「TT32」が。こちらは、「電話番号を入力します」といった対話形式で操作を行える端末だ。この2機種がここ4週間ほど、交互に1位をとりあっている。

 目新しいところでは、「TK22 Limited Editon」(右写真)が10位にランクインした。TK22のカラーバリエーションとして、限定販売されているもの。ちなみにこの端末、先週は11位につけており、あと一歩のところでランク外だった。

Photo

 ボーダフォンのランキングも、au同様“無風”状態。トップ3は、オートフォーカス202万画素カメラを搭載した「V601SH」、“日本初のテレビ付き携帯”として話題を呼んだ「V601N」、100万画素CCDを搭載した「V401SH」(左写真)で変わらない。

 このほか、4位と5位が入れ替わり。8位と9位が入れ替わりで、トップ10の顔ぶれは先週と変わらない。

 今週も、新端末ラッシュが続いている。26日には「N506i」「TT41」「A1305SA」「A5407CA」が発売されたほか、30日には「A5406CA」が、7月1日には「premini」が、7月2日には「V602SH」がそれぞれ発売された。これらの端末がランキングをどう変えてくるのか、興味深い。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10