レビュー
» 2004年09月01日 00時07分 公開

魅惑の多機能、サイドキー配置に不満も? 〜W21SA (1/3)

AF+2メガピクセルカメラ、電子コンパス+EZナビウォーク、BREW対応、FMラジオ内蔵と多機能なWIN端末「W21SA」が登場した。auの現状におけるフルスペック+αの機能を備え、従来の「必ず何かが欠けていた」WIN端末を脱却した、注目の製品だ。

[坪山博貴,ITmedia]

 夏のWIN端末、最後を飾って登場したのは三洋電機製の「W21SA」だ。同社初のWIN端末であり、au初の回転2軸ヒンジを採用した端末でもある。2.4インチの大型メインディスプレイを表にして折りたためる「フロントディスプレイ」がデザイン上の大きな特徴になっている。

Photo ディスプレイ部の反転は90度開いた辺りで行う

 スペック上のベースモデルとなった「A5505SA」からは、デザインを大きく変更。A5505SAではビジネスマンの利用を想定してか、ボディカラーにもゴールドが準備されるなどゴージャスな雰囲気を醸し出していたが、W21SAではやや方向性を変え、カジュアルな雰囲気のデザインとなった。

Photo A5505SAとは大きくデザインイメージが変更された。A5505SAは重厚な感じさえ受けるが、W21SAは非常にカジュアル。キーも概ねauスタンダードと言えるレイアウトに変更された

 機能面では、CDMA 1X端末の中では“全部入り”だったA5505SAの機能をほとんど継承している。A5505SAでは背面ディスプレイと背面操作パネルで各機能を利用できたが、W21SAでもフロントディスプレイを利用して各操作が可能。グローバルパスポートにこそ対応していないが、WIN対応と共に強化された部分も多い。

 機能面から特徴をピックアップすると、

  • オートフォーカス付き2メガピクセルカメラ
  • フロントディスプレイ+側面6ボタンでの閉じたまま操作/通話
  • テレビ出力機能

 の3点がA5505SAからの大きな変更点。

  • 電子コンパス付きEZナビウォーク
  • FMラジオ(録音機能は新機能)
  • ICレコーダー機能
  • USB接続によるPictBridge対応の印刷機能、PCとのマスストレージ接続

 などはA5505SAから継承した主な特徴となる。なおUSB接続はミニUSBポートから、通信コネクタを利用した専用ケーブル接続に改められており、専用ケーブルは別売となっている。

Photo EZナビウォークは電子コンパス対応。USB接続機能はあまり強調されていないが、A5505SAからしっかり引き継いでいる

 背面ディスプレイは省略された。そのため、通常スタイルで閉じた状態ではインジケータ(お知らせランプ)で不在着信やメール着信を通知する。時計代わりに利用するユーザーには、やや不便になったかもしれない。ただし、待受け状態で左側面のクリアボタンを押すと、現在時刻や着信状況を声でアナウンスする機能はA5505SAから継承されている。

音声アナウンス(ボイス通知機能)では現在時刻、および各種通知(不在着信、新着メールなど)を選択してアナウンス可能だ

6ボタンのサイドキーが実現する操作性

 まずは、フロントディスプレイの使い勝手を確認したい。auの中では「A5502K」などもターンスタイルを実現していたが、こちらは常にメインディスプレイが表を向く1軸ヒンジ。W21SAは普通の折りたたみタイプとしても利用できる。

 フロントディスプレイを生かすべく、左側面に準備されたのが「サイドキー」と呼ばれる6つのボタンだ。ヒンジ寄りから「決定」「上+下」(シーソー式)「左+右」(シーソー式)「クリア」に相当する機能を持つようになっており、フロントディスプレイの状態でも制限の少ない操作が可能。

 次ページ:サイドキーレイアウトの課題とは?
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう