「PENCKのフォントを作ったのは私です」──真の作者にKDDIが謝罪

» 2005年03月29日 17時03分 公開
[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIのau design project端末「PENCK」(2月24日の記事参照)がデザインを巡るトラブルに巻き込まれた。端末のテンキーに使われたフォントをKDDIは「サイトウマコト氏の手によるもの」としていたが、実際には足立裕司氏の手による「Major Kong」フォントが使われていたことが判明。KDDIが足立氏に謝罪した。

 この事実は、Webサイトによる足立裕司氏の訴えがきっかけでが明るみに出た。同氏はサイト上で、Major KongとPENCKに使われたフォントのアウトラインデータを重ね合わせるなどの検証を行い、自身のフォントと同じであることを主張。Major Kongについて“フリーフォントであり、商用利用の許諾の必要はなく使用料も無料だが、著作権は放棄していない”というコメントを出している。

 足立裕司氏が公開したWebページ。「9031.comのフリーフォント「Major Kong」がau by KDDIの携帯電話「PENCK」で使われている件について」と題されたこのページで、PENCKに使われているのが自身のフォントであることを訴えた

 KDDIは今回の事態について、「現場のやりとりの中で、互いの確認が行われていなかったことが原因」と説明。au design project担当者がフォントのデザインを受け取った際に「サイトウ氏のデザインのこだわりで選んだ数字」という説明を受け、KDDI側はサイトウマコト氏がデザインしたものだと認識。媒体の取材時などにもそのような説明を行ったという。

 「著作者が分かっている場合は許諾を得るものというのが通例だが、PENCKに使われているのが『Major Kong』ということをKDDI側で把握していなかった」(KDDI)

 KDDIは3月28日に足立氏のサイトの存在を知り、事実確認を行った上で足立氏に電話で謝罪。PENCK関連サイトに、「Major Kong」がPENCKのテンキーに使われていることを明記し、PENCKのフォントについて報じる記事を掲載したサイトには訂正するよう働きかけることで合意を得た。

 デザインを担当したサイトウマコト氏も、既に足立氏に謝罪しており、問題解決のための話し合いを行っているという(3月29日の記事参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月05日 更新
  1. ダイソー、税込み1100円の無線イヤフォンやモバイルバッテリーを一挙発表 ネットでは「大創産業が本気出した」と話題 (2024年03月03日)
  2. 増える携帯電話ショップの「閉店」 その理由は? (2024年03月04日)
  3. Pixel 8/Pixel 8 Pro、「スマホ用電子証明書搭載サービス」に対応 マイナンバーカードなしで公的個人認証サービスを利用可能に (2024年03月03日)
  4. ドコモショップでの“あなただけの特別価格”がオンラインショップと同額? NTT株主の疑問から考える (2023年06月22日)
  5. 今、スマートフォンのストレージが128GBですら厳しい理由 (2024年02月29日)
  6. KDDI高橋社長が語る「povoのオープン化」「ローソンとの提携」 他社との決定的な違いは? (2024年03月02日)
  7. 税込み550円で本当に「ハイレゾ」が聞ける? ダイソー「マイク付ハイレゾ対応イヤホン」がハイレゾ入門に最適かも (2024年03月02日)
  8. スマホとアナログ時計のデザインが融合 「realme 12 Pro+」はカメラ強化でコスパも十分 (2024年03月03日)
  9. 1100円のダイソー「完全ワイヤレスイヤホン」が意外と高機能でお値段以上だった (2023年11月25日)
  10. 他社のは「なんちゃってOpen RAN」 楽天三木谷氏が語る「リアルOpen RANライセンシングプログラム」の狙い (2024年03月02日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年