ニュース
» 2005年08月05日 14時31分 公開

コンパクト&ポップな「703SH」、1万円を切る価格で登場

ボーダフォンの“コンパクト&ポップ”な3Gケータイ「703SH」が店頭にお目見えした。新規価格は1万円を切っている。

[ITmedia]

 ボーダフォンの“コンパクト&ポップ”な3Gケータイ「703SH」が店頭に並んだ(7月28日の記事参照)。ある都内量販店の新規価格は9240円(ITmedia調べ)で、1万円を切る価格での登場となった。なお、卓上ホルダは別売りで1365円。

 ボディカラーはグリーンタグ、オレンジタグ、ホワイトタグ、ブラックタグ

 703SHは、日本向けユーザーインタフェース(UI)の整備とAAC+への対応を図ったシャープ製の3G端末。重さ107グラムとボーダフォン3Gケータイの中では最軽量端末となる。1曲まるごとダウンロード可能な「着うたフル」に対応し、メインメニューやメール、電話帳周りのUIが日本のユーザーを意識した作りになっている。

 W-CDMA/GSMのデュアルネットワーク対応で、海外にそのまま持ち出して通話やメールが可能。インデックスメニューのアイコンやタイトル行表示などを3パターンから選べる「カスタムスクリーン」、待ち受け画面で数字を入力すると、ケタ数に応じた各種機能を素早く呼び出せる「クイックオペレーション」などの機能も備えている。

 カメラは130万画素CMOSで、メインディスプレイは2インチ約26万色のTFT液晶(QVGA)。外部メモリはminiSDカードに対応し、Bluetoothや赤外線機能も備える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう