ニュース
» 2005年10月21日 02時29分 公開

利き腕で選ぶ? 902iのプッシュトーク

携帯は右手で持つか、左手で持つか。プッシュトーク機能を使いこなすには、機種選びから考える必要があるかもしれない。

[斎藤健二,ITmedia]

 あなたが携帯を持つのは右手? それとも左手? ドコモのFOMA 902iシリーズの「プッシュトーク」サービスを使いこなすためには、“左右どちらの手で携帯を使うか”から考える必要がある。

 プッシュトークは携帯を閉じている時でも側面のボタンを押して会話できるのが特徴。もちろん開いている時でもボタンを押す必要がある。ところが、6機種の902iシリーズは、それぞれプッシュトークボタンの位置がまちまちだ。

 “左手持ち派”にお薦めしたいのが上記の3端末。「SO902i」「D902i」「F902i」だ。いずれも左側面にプッシュトークボタンが付いており、左手の親指でボタンを押せる。ただしいずれも中央付近に配置されており、親指を縮めないとうまく押せないかもしれない。D902iの場合、ワンプッシュボタンと間違えないようにしたい。ちなみに右手で持った場合、中指で押すとちょうどいい。

 “右手持ち派”には、上記の「N902i」「SH902i」を。右側面のヒンジ近くにプッシュトークボタンがあり、右手親指で自然に押せる。左手で持ったら人差し指がちょうどいい。ちなみにN902iのプッシュトークボタンは光が当たると七色に輝いてちょっと面白い。

 1機種だけ微妙な位置なのは「P902i」(写真右)。左側面のヒンジ近くにボタンがあり、左手で持って親指で押すのに都合がいい。ベストプッシュトークボタン賞(?)を差し上げたい。

 さて、電話をしながらメモを取ったりする都合上、左手で携帯を持つユーザーが多いのではないかと思っていたが、皆さんは通話時、どちらの手で持っているだろう。902iシリーズの“左右比率”は、左が4機種、右が2機種という結果だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー