2.7インチ液晶搭載のワンセグ端末──「W41H」

» 2006年01月19日 11時40分 公開
[ITmedia]

 KDDIは2月上旬から、1X WIN対応の新機種「W41H」を発売する。2.7インチのワイドQVGA液晶を搭載しており、4月に開始予定の移動体向け地上デジタル放送サービス「ワンセグ」(9月27日の記事参照)を視聴できる。

 →「W41H」写真

photo インフィニティブラック(左)とグレースホワイト

 回転2軸ヒンジ構造を備えており、240×400ピクセルのディスプレイを上にした状態で折りたたみ可能。テレビスタンドを兼ねた充電台に端末本体に置くと、テレビが自動起動する。大画面のためデータ放送で表示される文字数が多く、さらに「画質調整設定」機能を利用すれば「標準」「シネマ」「色鮮やか」の3種類から好みの画質を選べるという。

 低消費電力化を実現したとうたっており、テレビは最長で約3時間45分の連続視聴が可能。視聴中に電話がかかってきても、テレビ番組を約2分間まで一時保存して通話終了後に再生する「タイムシフト再生」機能を搭載する。音声付きの1.3倍速で再生するため、視聴しながら通常放送に追いつくことが可能だという。字幕機能にも対応している。

 最大約30分の録画と、静止画の保存が可能。主副音声切替、視聴エリアオート設定などをサポートする。ワンセグ以外にも「EZ・FM」「EZテレビ」に対応するが、地上アナログ放送自体は視聴できない。

 PC向けサイトを閲覧できる「PCサイトビューアー」を搭載するほか、Eメールに添付のファイルを表示できる「PCドキュメントビューアー」も搭載。FeliCaに対応するほか、au ICカードにも対応する。またminiSDカードをPCの外部メモリとして認識する、USBマスストレージに対応する。



photo

 主な仕様は以下の通り。

機種名 W41H
サイズ(幅×高さ×厚み) 53×106×27ミリ
重さ 約159グラム
カメラ 有効画素数207万画素CMOS
連続通話時間 約220分
連続待受時間 約240時間
メインディスプレイ 2.7インチ ワイドQVGA 240×400ピクセルTFT液晶
日本語入力 ATOK for au+AI推測変換APOT
外部メモリ miniSD(別売)
ボディカラー インフィニティブラック、グレースホワイト
発売時期 2月上旬


サービス -
EZFM
EZFeliCa
auICカード
Hello Messenger
EZナビウォーク(声de入力)
電子コンパス ×
赤外線
Eメールバックグラウンド受信
ステレオスピーカー
安心ナビ
バイリンガル
SD-Audio
PCサイトビューアー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー