ニュース
» 2006年03月14日 15時41分 公開

省電力設計のCF型FOMA「P2403」を発売

NTTドコモは3月22日に、CFカード型FOMA「P2403」を発売する。省電力設計が特徴で、P2402と比較して待受時の電力を最大42%削減した。

[杉浦正武,ITmedia]

 NTTドコモは3月22日に、CFカード型FOMA「P2403」を発売する。「P2402」(2003年11月25日の記事参照)に続くCFカード型で、PCやPDAのスロットに挿入してデータ通信が可能。オープン価格だが、1万円台半ばになる見込み。

Photo

 下り384kbpsのパケット通信が可能で、テレビ電話にも対応する。テレビ電話を行う場合は、別途市販のWebカメラやイヤフォン、マイクと「ドコモテレビ電話ソフト2005」を用意する必要がある。P2402との違いはFOMAプラスエリアに対応したことと(2005年6月24日の記事参照)省電力設計を実現したことで、待受時の電力はP2402と比較して最大42%削減されているという。

 ドコモ取扱店で販売するほか、「My DoCoMo」 上でも3月31日から販売を開始する。なお、My DoCoMoでは既にFOMAを利用するユーザーが追加購入する場合のみの受付となる。

製品名 P2403
サイズ 42.8×65×5ミリ(一部9.5ミリ)
重さ 約24グラム
通信速度 音声:非対応、パケット:送信最大64kbps/受信最大384kbps、64Kデータ:送信/受信最大64kbps

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう