ニュース
» 2006年06月19日 15時43分 公開

FOMAの契約がムーバを超える──FOMAが50%超に

NTTドコモは6月18日、FOMAの契約数の比率が50%を突破したと発表。2001年10月のサービス開始から約4年半で達成した。

[後藤祥子,ITmedia]

 NTTドコモは6月18日、NTTドコモグループ9社の全契約におけるFOMAの契約比率が50%を突破したと発表した。2001年10月のFOMAサービス開始以来、約4年半で達成したことになる。

 ドコモのFOMAは、サービス開始当初はエリアやバッテリーの持ちなどの問題で苦戦していたが、2004年2月に“究極のiモード”をうたう「900iシリーズ」を投入することで、FOMAへの本格シフトをアピール。2004年6月にはパケット定額制の「パケ・ホーダイ」を展開、以降もデザイナーズ携帯(記事1記事2参照)や音楽携帯といった企画系端末をリリースしてラインアップを拡充するなど、サービスも端末もFOMAを中心に据えてきた。

Photo “究極のiモード”として登場した「900iシリーズ」
Photo デザイナーズ携帯を3機種用意した「702iシリーズ」

 一方のムーバは、2004年4月の「506iシリーズ」(2004年4月の記事参照)以降、ラインアップが徐々に縮小していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう