ニュース
» 2007年04月18日 15時57分 公開

jigブラウザがCSSに対応――ブログやWiki使用ページがより見やすく

jig.jpは、同社フルブラウザアプリの「jigブラウザ」に、βバージョンのCSSレイアウト機能を搭載した。CSSを利用したPC向けWebサイトをより見やすく表示できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 jig.jpは4月18日、同社フルブラウザアプリの「jigブラウザ」に、βバージョンのCSS(Cascading Style Sheets)レイアウト機能を追加した。jigブラウザのバージョンアップにより利用できる。バージョンアップは無料。

 従来のjigブラウザはCSSに対応しておらず、多くのブログサイトなど、CSSを用いたWebページを正しくレイアウトすることができなかった。同社は、2月からCSS対応版のβモニターテストを実施しており(2月6日の記事参照)、今回の機能追加となった。

 CSSに対応することで、レイアウトにCSSを利用したPC向けWebサイトがより正確に表示され、ブログや検索サイト、Wiki使用ページなどのブラウジングが快適に行える。また、実装するのはβバージョンであり未対応のWebページもあるが、βモニターテストの続行やユーザーからのフィードバックを踏まえて順次対応していくという。

photophoto CSSを用いたjig.jpのブログ。左がCSS対応で右が非対応の場合。CSSに対応することでPCと同じレイアウトで表示される

photophoto ITmediaもPC環境に近い表示になる。左がCSS対応で右が非対応
photo 「jigブラウザ」

 対応する機種は、NTTドコモがFOMA 90xi/70xi/800iシリーズとムーバ 506i/505iシリーズ、Music Porter/prosolidU/premini-US/MUSIC PORTER X。

 auは、W51S/W51SA/W51CA/W51H/W11H/W11K/A5403CA/A5406CA/A5407CA。

 ソフトバンクモバイルでは、911T/911SH/910SH/910T/905SH/904SH/904T/903SH/903T/902SH/902T、813SH/813T/813SH for Biz/812T/812SH/811T/811SH/810T/810SH/804N/804SH/804SS/803T/802SH/802N、709SC/707SCII/707SC/706N/706P/706SC/705N/705SC/705P/705T/705SH/703SHf/703SH/703N。

 jigブラウザのダウンロードは「 http://br.jig.jp/?p=25 」から行え、料金プランは年額6000円と月額630円の2種類を用意する。ダウンロード後、購入(登録)前にページ数制限がある無料デモで実際の操作感を試すことが可能だ。また、jigブラウザを使用する機種を変更しても、ユーザーIDやお気に入り、設定などの引き継ぎが行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう