ニュース
» 2007年08月07日 18時56分 公開

関東・中部で「EXILIMケータイ W53CA」の発売が延期に

関東・中部の「EXILIMケータイ W53CA」の発売日が延期された。KDDIは「供給上の問題」と説明している。

[ITmedia]

 KDDIは、関東・中部エリアにおける「EXILIMケータイ W53CA」の発売を延期すると発表した。当初は8月9日の発売を予定していたが、8月11日に変更。KDDIは延期の理由について「供給上の問題」としている。

Photo カシオ計算機製の「EXILIMケータイ W53CA」

 W53CAは、カシオ計算機のデジタルカメラブランド「EXILIM」の名を冠したWIN端末。その名の通り、デジタルカメラ機能にフォーカスした携帯電話で、厚さ18.9ミリのスリムボディに35ミリカメラ換算で28ミリ相当の広角レンズと有効515万画素のCMOSを搭載している。

 オートフォーカス(AF)機能を備えるほか、暗い場所では感度を上げ高速なシャッターを切る「手ブレ軽減」や、同時に複数枚の写真を撮影してブレを補正する「6軸手ブレ補正」を装備する。

関連キーワード

カシオ計算機 | EXILIM | W53CA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう