レビュー
» 2007年08月22日 19時15分 公開

CDから取り込んだ音楽を再生できるか――「810P」「810P」の“ここ”が知りたい(2)

「810P」の“ここ”が知りたい第2回は、音楽プレーヤーの使い勝手を中心に検証する。対応フォーマットや転送方法、プレイリストの使い勝手、バックグラウンド再生ができるかなどを調べた。

[田中聡(至楽社),ITmedia]
「フラットスライド」を採用したパナソニック モバイル製の「810P」。カラーはターコイズ、レッド、ブロンズ、ピンク、ホワイト、ブラック、ブルーの7色

質問:音楽プレーヤーで再生できるフォーマットは?

 NTTドコモやauのパナソニック モバイル端末では、SD-Audio対応の音楽プレーヤーを搭載する機種が多いが、ソフトバンクモバイルの「810P」はSD-Audioには対応していない。ただし、拡張子が「.3gp」「.mp4」「.m4a」のノンセキュアAACファイルを再生できる。専用のリッピングソフトなどは同梱されないので、iTunesなどAAC作成機能を持つソフトを別途用意する必要がある。

photophoto 「全曲リスト」では、本体とmicroSD内のデータが個別に表示される。プレイリストは1件あたり最大99曲を登録でき、本体とmicroSDカードに各30件作成できる

 手持ちの音楽をPCから端末へ転送するには、PCから一度810Pで利用したmicroSDにアクセスし、「PRIVATE」→「MYFOLDER」→「My Items」→「Music」フォルダにAACファイルをコピーする。そのmicroSDを810Pに装着し、メニューの「エンタテイメント」→「メディアプレイヤー」→「オーディオ」を呼び出し、「全曲リスト」または「ミュージック」を選択すると再生できる。なお、着うた/着うたフルも音楽プレーヤーから再生可能だ。

photo 音楽の再生画面にはアーティスト名や曲名も表示

photophoto 設定できるのはプレイモードのみ。イコライザの設定は用意されていない

 音楽を一度中断してもう一度再生すると、その曲は最初からの再生になってしまう。バックグラウンド再生には対応しており、音楽を再生しながらメールの送受信やYahoo!ケータイが利用できる。

photophoto 再生画面で「戻る」を選択すると、バックグラウンド再生に移るか問われる(左)。バックグラウンド再生中は画面上段のピクトエリアに音符マークが表示される(右)

質問:Bluetoothを使って音楽再生できるか

 810PはBluetoothに対応しているが、利用できるプロファイルは「HSP」「HFP」「OPP」「SPP」「DUN」で、高品位のステレオ音声伝送が可能な「A2DP」には非対応。またメディアプレーヤーも、Bluetoothによる音楽再生に対応していない。

photophotophoto 810Pが対応するBluetoothのプロファイル。ハンズフリー通話、データの送受信、ダイヤルアップ接続は可能

質問:アラームの設定項目と登録件数は?

 アラームの使い勝手についての質問も寄せられた。アラームは最大5件を設定でき、アラーム音を繰り返し鳴らす「スヌーズ」にも対応している。スヌーズの間隔は、1〜15分の間で5分おきに設定できる。アラームの鳴動時間は1回につき30秒。ほかにバイブレーションやイルミネーションも設定でき、マナーモード時でもアラームを鳴らせる「優先設定」もある。

photophotophoto バイブレーションやイルミネーションの変更、マナーモード時の優先設定も可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう