ニュース
» 2008年04月16日 22時30分 公開

Display 2008:そろそろ身近に──電子ペーパーを“ケータイ”する生活 (2/2)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 富士通フロンテックブースは、カラー電子ペーパーマルチパネル「Super Frontech Vision EP」や曲げられる「曲面カラー電子ペーパー」、通信機能を搭載する情報表示端末「FLEPia」(フレッピア)などを展示する。

 Super Frontech Vision EPは、12型のカラー電子ペーパーを複数枚並べ、1つの大きなマルチビジョンとしての活用を想定するもの。最大4行×4列の計16枚並べられる。曲面カラー電子ペーパーは表示画面を曲げられ、かつ指で押してもにじまない特徴を持つ。展示パネルは400×800ピクセル/曲率半径R110の12型。より小さいサイズにもできるので、曲面で構成する小型端末などへの搭載も想定されるという。

 FLEPiaはカラー電子ペーパーとWindows CE+通信機能を搭載する情報表示端末(2007年4月発表)。12型と8型の2モデルを用意し、表示解像度はそれぞれ768×1024ピクセル(最大4096色)。本体サイズは158(幅)×240(高さ)×12(厚さ)ミリ、重量350グラム。IEEE 802.11b/g無線LANとSDカードスロット、USB2.0などの通信機能・外部端子を備え、タッチパネルやボタンで操作できる。現在、企業向けサンプルとして10台単位で販売する(8型モデルで約150万円/10台)。

 表示書き換え速度は8色表示時で約2秒、4096色表示時で約10秒。同社は電子ペーパーを液晶ディスプレイの代替ではなく、あくまで紙の代替として考え、電子新聞や書籍の配信、ビジネス文書の回覧(ペーパーレスの取り組みなども含む)、店頭広告/POP、工場・物流拠点などの作業指示書などとしての利用シーンを想定する。

photophoto 富士通フロンテックは電子ペーパーを複数枚並べるマルチビジョンや曲面へ設置するスタイルなども提案する
photophoto カラー電子ペーパー搭載端末「FLEPia」

 ブリヂストンブースは、曲げられるフルカラー電子ペーパー「フレキシブルQR-LPD」などの展示やA3サイズの電子ペーパーを2枚つなげて新聞を原寸大で表示するデモを実施する。同社のA3電子ペーパーの解像度は1920×2560ピクセル。株式欄などの非常に小さい文字もそのまま視認可能な文字として表示できる。

photophoto ブリヂストンブースで展示されていた電子ペーパー搭載の情報端末(左)と、新聞を表示したA3電子ペーパー
photophotophoto そのA3電子ペーパーを2枚並べ、原寸大で新聞を表示するデモ。毎日新聞の朝刊と夕刊を1分間隔で更新するネットワーク配信の実証実験も兼ねている

photophoto ソニーブースで技術展示されていた、厚さ0.2ミリの3.5インチ有機ELパネル。解像度は320×220ピクセルとのことで、残念ながら携帯・スマートフォン向けとしては想定していないようだ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう