携帯出荷は前年同月比マイナス、2007年度累計は前年を上回る――JEITA 3月出荷台数

» 2008年05月14日 15時11分 公開
[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は5月14日、2008年3月分の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表した。累計出荷台数は478万台。前年同月比は94.8%と2007年3月の実績を下回った。

photo 携帯電話出荷台数と3G比率、ワンセグ搭載比率の推移

 携帯電話は459万3000台で前年同月比94.9%。そのうち、3G以上が459万3000台(2Gは1000台に満たなかったために実績は0台)、ワンセグ搭載機種は296万1000台を出荷した。ワンセグ搭載機種は前年同月比184.2%となり、搭載率は64.5%に達した。3月は新機種投入や新生活の需要増加などにより例年、市場が活性化する月。契約者は前年同月を大きく上回ったが、端末の出荷台数は前年同月および同年2月の実績を下回る結果になった。

 PHSの出荷台数は18万7000台。PHS端末は2007年10月から5カ月連続で前年同月比を上回る伸び(2007年10月:293.4%、2008年2月:150%)を記録していたが、3月度は前年同月比92.4%とマイナスになった。

 一方、2007年度(2007年4月から2008年3月)の累計出荷台数は5167万台に達し、前年度比106%と2006年の実績を上回った。携帯電話は4949万7000台(前年度比105%)、PHSは217万3000台(前年度比132.9%)。このうちワンセグ搭載機種は2226万4000台(搭載比率45%)を出荷した。

photo PHS出荷台数の推移

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー