レビュー
» 2008年11月10日 15時43分 公開

写真で解説する「N-02A」 (2/2)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 STYLEシリーズの端末ながら、機能はPRIMEシリーズに引けを取らないほど充実している。iコンシェル、iウィジェット、iアプリオンラインなどの新サービスのほか、7.2MbpsのFOMAハイスピード、Bluetooth、GPS、WORLD WING(3G+GSM)などに対応する。特にカメラ機能はN906iμから大きく進化している。画素数が320万画素から520万画素になり、最大5人までの顔を検出してフォーカスを合わせる顔検出AF(オートフォーカス)機能や、笑顔を検出して自動でシャッターを切る「スマイルフェイスシャッター」に対応。また、6軸手ブレ補正+被写体ブレ補正のダブル補正も搭載している。

photophotophoto 顔検出オートフォーカスに対応したほか、撮影モードに「逆光」「ペット」が追加された

 ワンセグは、映像のフレームレートを15fpsから30fpsにする補間機能を搭載し、よりなめらかな映像で視聴できる。また、SRS Labs, Inc.が新開発した音響技術「SRS TruMedia」を搭載したことにより、重低音を強調。ステレオヘッドフォンを利用すれば、バーチャル5.1chサラウンド再生も可能になり、立体感のある音を聴ける。さらに、テレビ番組のジャンルに合わせて最適な映像と音響効果に自動設定する「オート」モードも搭載する。

photophoto 音響効果や映像効果を「オート」にすると、番組の内容に合ったサウンドや映像に自動的に設定される

 ユニークなところでは、中国語モードを搭載している点が挙げられる。「日本に来ている中国の方から、対応していほしいという声があった」(説明員)とのことで、中国語モードにすると、中国語によるメール作成、中国語メールの表示、中国語サイトの表示が可能になる。なお、メニュー表示などは日本語のままとなる。

photophoto 中国語によるメールの送受信に対応した。入力モードには簡体中文モード、繁体中文モードがあり、ローマ字表記による中国語の発音記号を使ったピンイン入力と、書き順を入力していくストローク入力が可能
photo ハイパークリアボイスは、強め/ふつう/OFFから設定できる

 N706ieで搭載された「ハイパークリアボイス」も継承している。これは、本体マイクで騒音レベルを測定し、自動で受話音量のレベルを調整して騒がしい場所でも相手の声をはっきり聞き取れるようにする機能。拡大文字表示にも対応しており、聞きやすさと見やすさに配慮している。

photophotophotophoto
photophotophoto カラーに合わせたきせかえツールを内蔵。待受画像にはロシア出身のキャラクター「チェブラーシカ」や、「バザールでござーる」なども用意
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう