キートップを好みの色に変えられる――「Bluevision Typist for MacBook Air 11-JIS」

» 2013年01月31日 23時30分 公開
[園部修,ITmedia]

 プレアデスシステムデザインが販売する「Bluevision Typist」は、MacBook AirやMacBook Proのキーボードを、“見た目の印象はそのままに”保護できるキーボードカバーだ。厚さ0.3ミリのシリコン製で、アイソレーションキーのすき間をカバーし、ゴミやホコリが入るのを防ぐほか、キー入力時のタイプ音を緩和する。最新の2012モデルは、ファンクションキーにOS X Mountain LionやOS X Lionでの操作に対応したプリントを施している。

 最大の特徴は、キートップの部分にカラーリングを施し、キートップの刻印を最新のMacBook Air/MacBook Proとほぼ同じにそろえている点だ。安価なキーボードカバーは、透明なシリコン製で、キートップの刻印は元のキーのものを透かして見せるものが多いが、Bluevision Typistはキーの視認性が非常に高い。見た目の印象も、いかにもキーボードカバーを付けている、といった感じにならないのが好印象だ。

PhotoPhoto カバー単体で見ると分かりやすいが、Bluevision Typistは単なるシリコンカバーではなく、キートップに色を差してあるのが大きな特長の製品だ

 製品はMacBook Air 11インチに対応した「Bluevision Typist 2012 for MacBook Air 11」と、MacBook Pro 13インチ/15インチ/17インチとMacBook Air 13インチに対応した「Bluevision Typist 2012 for MacBook Pro 13/15/17」が用意されており、使用する機種に合わせて選べる。なお、MacBook Air 13インチはMacBook Proと共通となっているが、右上の電源キーがイジェクトキーのプリントに変わってしまう点だけ注意したい。また、キートップはJISキーボードモデル向けで、英語キーボードには対応していない。

 キートップのカラーはBlack、White、Pink、Blue、Greenの5色を用意している。Blackなら、MacBook Air/Proの外観の印象を変えることなくカバーで覆うことができる。Whiteにすると、Apple Wireless Keyboardのキートップのような印象に変わるが、MacBook Airなどに結構似合う。Pink、Blue、Greenは好みが分かれそうだが、モノトーンで統一されているMacBook Air/Proの見た目の印象を大きく変えられる。

PhotoPhotoPhoto MacBook Air 11インチ向けは、小さなファンクションキーに合わせた専用デザイン。左が素のMacBook Air 11インチ、中央がBlackを付けた状態、右がWhiteを付けた状態。AirにはWhiteもよく似合う
PhotoPhotoPhoto 左はカバーなしのMacBook Pro 13インチ。中央がBlack、右がPinkのBluevision Typistを乗せた状態。Blackはほとんど印象が変わらない。一方Pinkなどの別の色のカバーを付けると、印象ががらりと変わる

 厚さ0.3ミリの薄いカバーを取り付けた状態でのタイピングは、元のキーボードと比べると多少柔らかなタッチになるが、定期的にキーボードを掃除する手間を考えれば付けておいた方が良さそうだ。MacBook Air/Proのアイソレーションキーボードは、キーとアルミのユニボディの間に小さなすき間があり、ホコリやゴミがたまりやすいが掃除はしにくい。MacBook Air/Proで作業をしながらおやつを食べたり、飲み物を飲んだりする場合、食べ物をこぼして、それが元になって雑菌が繁殖する可能性もあるし、砂糖が入った飲み物をこぼして後でベタベタしたりする危険性もある。しかしキーボードカバーを付けておけば故障の原因を多少なりとも排除できる。

PhotoPhoto キートップの文字は、MacBook Air/Proのものと近いデザインのフォントで、違和感はほとんどない。なお、Caps LockのLEDだけは見えにくくなってしまう。厚さは0.3ミリと非常に薄いが、ホコリや異物からキーボードを守ってくれる。汚れたらさっとはがして水洗いできる

 Bluevision Typistは、高耐裂性ウォッシャブルシリコン素材を採用しており、丈夫で水洗いもできる。つまり、何かをこぼしてしまったり、手の脂でベタベタしてきたりしたら、取り外して中性洗剤で洗えばいい。ホコリをかぶりやすい環境でMacBook Air/Proを利用することが多いなら、ぜひこのカバーを装着することをお勧めする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  10. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年