ビッグローブ、090番号も使える“ちゃんとしたスマートフォン”「BIGLOBEスマホ」を発売ほぼスマホが“うれスマ”に進化

» 2014年06月30日 21時16分 公開
[平賀洋一,ITmedia]

 ビッグローブは6月30日、高速なLTE通信と音声通話サービスが利用できる低価格スマートフォン「BIGLOBEスマホ」を7月1日から販売すると発表した。端末込みで最も安い「音声通話スタートプラン」は月額3476円(税別)から。

photophoto ビッグローブが7月1日に発売する「BIGLOBEスマホ」(写真=左)。BIGLOBEスマホ向けの「AQUOS PHONE SH90B」(写真=右)

 同社は現在、データ通信のみのSIMカードとシャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH90B」、Wi-Fiスポットをセットにした「Wi-Fiほぼスマホ」を月額2776円で販売している。“ほぼスマホ”は050番号が付与されるIP電話アプリの「BIGLOBEフォン・モバイル」を使った音声通話が可能だったが、090番などから始まる携帯電話番号は使ええず、フィーチャーフォンからの乗り換えニーズなどに対応できていなかった。

 BIGLOBEスマホは携帯電話番号による音声通話が可能で、番号ポータビリティ(MNP)にも対応した。通話料金は20円/30秒の完全従量制。セット販売する端末はほぼスマホと同じSH90Bで、9月以降にはLGエレクトロニクスのグローバルモデル「LG G2 mini」もラインアップに追加する予定だ。

photophoto メインの「音声通話スタートプラン」は端末込みの料金が月額3476円(写真=左)。月間の通信量は1Gバイト。調査結果などから「ほとんどのユーザーには足りる」という(写真=右)

 通信網は従来と同じく、NTTドコモのネットワークを借りて提供。仕様上の通信速度は下り最大150Mbpsだが、端末(SH90B)が下り最大100Mbpsまでしか対応していない。またSIMカードのみも「音声通話SIM」として月額1600円で販売、また従来のほぼスマホ(音声通話なし)も引き続き販売する。

 メインとなる音声通話スタートプランは1カ月に利用できるデータ通信量が1Gバイトまでで、超過した場合は通信速度を128kbpsに制限。さらに直近72時間(3日間)で120Mバイト以上の通信があった場合にも通信速度を制限する場合がある。通信量が超過した場合は100Mバイトごと300円を課金することで速度制限を解除する。

 このほか、月間の通信容量が2Gバイトの「ライトSプラン」(端末込み4281円/SIMのみ2405円)、同3Gバイトまでの「ライトMプラン」(5614円/3738円)、7Gバイトまでの「スタンダードプラン」(6566円/4690円)も用意した。直近72時間で利用できる通信量も、ライトM/Sプランは360Mバイト、スタンダードプランは1Gバイトと余裕がある。

photo 詳細な料金プラン

 また同社はBIGLOBEスマホの提供と同時に3G/LTEとWi-Fi接続を自動で切り替える「オートコネクト」アプリをアップデート。通信量のチェックと利用できるWi-Fiスポットを表示する機能を追加する。自宅だけでなく外出時でもWi-Fiスポットを活用することで、月間1Gバイトでも快適に利用できるとしている。

photo ビッグローブの古関社長

 ビッグローブの古関義幸社長はBIGLOBEスマホの発表会で、「今までは『ほぼスマホ』と“ほぼ”が付いていたが、BIGLOBEスマホはLTEのフルスピードが使えて、さらに090番のような電話機能が付いたちゃんとしたスマホ。速くて安い、みんながうれしい『うれスマ』だ」とアピール。

 そして、「(キャリアが提供する)従来のスマホは、速度も速く通信容量も多いが、料金が高い。いわゆる格安スマホは料金は安いが速度は遅く、容量も制限される。BIGLOBEスマホは速度は速いまま、容量を制限するため安く提供できる。従来のスマホが豪華なリムジンなら、格安スマホは軽自動車。BIGLOBEスマホはハイブリッドカーのような関係」(古関社長)と説明した。

photophoto 従来のスマホ、うれスマ(BIGLOBEスマホ)、格安スマホの関係
photophoto 3G/LTEとWi-Fiを自動で切り替える「オートコネクト」もアップデート(写真=左)。直販モデルで心配なサポート体制も強化した(写真=右)
photophoto 「BIGLOBEスマホ」の発売に併せて物流とサポート拠点も強化し(写真=左)。販売は自社の販売サイトと大手ECサイトのほか、全国200店舗のイオンでも行う(写真=右)

 BIGLOBEスマホはビッグローブの直販ストア、Amazon.co.jp、BIGLOBE楽天市場店で販売するほか、イオンリテールの店舗でも扱う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  8. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー