スマホの修理を安心して出せる 総務省認定「登録修理業者」リスト公開SIM通

» 2017年01月27日 06時00分 公開
[SIM通]
SIM通

 総務省は2015年4月に施行した携帯電話端末「登録修理業者制度」の登録修理業者と、各事業者が修理可能な機種・故障箇所の一覧を公開しています。

イメージ

 スマホの急速な普及に伴い、これまでキャリアショップや販売店を通じ製造業者に依頼していた修理や交換を、製造業者以外の第三者が行うケースが増加しています。しかし、こうした第三者による修理や交換が行われた端末は、修理後も電波法で規定している技術基準に適合しているかどうかが不明だという問題がありました。そこで総務省は、技術基準に適合していることを修理業者自ら確認でき、登録基準に適合する場合には総務大臣の登録を受けることを可能とする制度を導入しました。これが「登録修理業者制度」の背景です。

 現在、この制度には14の修理業者が登録されています。それぞれ修理可能な端末や内容が異なっており、修理業者一覧には、修理内容などの詳細についても記載されています。

 制度の認可を受けている修理業者は、該当端末の修理・交換に関して総務省からの「お墨つき」を与えられているわけですが、この制度はあくまで電波法を基準として制定されたものであり、端末の製造業者が個々に定めている内容とは異なります。したがって、修理したことによってメーカー保障が無効になってしまう可能性は否定できません。修理業者側でも、機種単位など非常に細分化されて認可が行われるため、たとえばiPhoneの新機種が発売されたら再登録が必要になるなど、手続きは煩雑で手間もかかります。

 とはいえ、利用者としては修理をするなら認可されている業者に任せたほうが安心・安全だと感じられるでしょう。街のスマホ修理店に修理を依頼する必要が生じた際には、総務省の登録修理業者であるかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

登録修理業者制度 / 総務省
登録修理業者一覧

(文:SIM通編集部)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

修理 | 総務省 | スマートフォン | SIM通 | 故障


Copyright:(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月21日 更新
  1. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  2. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  3. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  4. IIJmioで“長期利用特典”を提供 「スマホ割引」「家族割引」「データ追加」を重視した狙い (2024年06月20日)
  5. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  6. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  7. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  8. スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと (2024年06月21日)
  9. 楽天モバイル、約4.4万円で「OPPO Reno11 A」発売 1万2000ポイント還元も (2024年06月20日)
  10. モバイルバッテリーに“異色”のカラー MOTTERUが新製品発表 “日本品質”もウリに (2024年06月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー