ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「故障」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「故障」に関する情報が集まったページです。

高根英幸 「クルマのミライ」:
“高齢”免許を定年制にすべきか? マツダ福祉車両から見るミライ
裁判の進捗状況に怒りを覚えた方も少なくないのではないか。「上級国民」という流行語を生んだ、池袋暴走事故を起こした旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)の態度である。在宅での起訴となり、供述ではペダルの踏み間違いを認めていたにもかかわらず、裁判に入るや供述を覆し、クルマの故障を訴えだしたのだから、国民の感情を逆なでしたことは間違いない。(2021/3/1)

「設備の故障予兆」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にApple Watch Series 6を、5名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/2/26)

可聴音から超音波まで検出できる:
新日本無線、アコースティックセンサーを開発
新日本無線は、可聴音から超音波まで検出できる防水接触型アコースティックセンサーを開発、サンプル出荷を始めた。生産設備の故障予知信号をより早く検知し、早期に対策を行うことで、突然の生産ライン停止などを防ぐことができる。(2021/2/10)

株式会社日本HP、アルファテック・ソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
PC調達から返却まで効率化、サブスク型PCライフサイクル管理サービスとは
多岐にわたるPCの管理業務を担うIT部門。IT人材不足の組織では、その負担の大きさのため、PCのアップデートや故障対応などに手が回らないこともあるようだ。そこで注目されるのが、月額利用型のPCライフサイクルマネジメントサービスだ。(2021/2/10)

Innovative Tech:
ドローンが空中で故障しても墜落を防ぐ技術 ローターの代わりに機体を高速回転
機体を高速回転させることで安定した飛行を可能にし、指示通りに軌道制御する。(2021/2/4)

ハイレベルマイコン講座【出荷テスト編】(1):
マイコン製品における出荷テストとは
マイコンの出荷テストについて2回に分けて詳しく解説する。1回目の本記事では、はじめに「マイコンの故障の定義」「故障モード」、次に製造工程のどのステップでテストが行われているかを説明するために「製造工程(製造フロー)」について説明する。そして最後に「基本的なテストの種類」について概要を説明する。(2021/2/3)

保全活動の負荷を軽減:
PR:回転機械の不具合予兆をIoTで検知、工場の安定稼働を守る「CBM」の価値
工場設備の多くの機器には回転機械が使用されており、設備不具合の多くの場合がこれら回転機械の故障が原因で起こっている。こうした回転機械の故障による生産停止を防ぐため注目を集めているのが、IoTを活用した「状態基準保全(CBM: Condition Based Maintenance)」である。(2021/1/26)

製造ITニュース:
AIを活用した蓄電池システムの故障予兆検知技術を共同開発
NTTコミュニケーションズとGSユアサは、AIを活用して蓄電池システムの故障予兆を検知する技術を共同開発した。GSユアサ社内の電力貯蔵装置で評価したところ、従来の自動警報発報システムと比較して、最大2カ月程度早く検知できた。(2021/1/22)

Tesla、約15万8000台の「Model S」と「Model X」がリコール対象に
米運輸省幹線道路交通安全局は、Teslaに対し、約15万8000台の「Model S」および「Model X」をリコールするよう通達した。ディスプレイの故障が衝突リスクを高める可能性があるとしてる。(2021/1/14)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
設備修繕の働き方改革を支援する日立のクラウドサービス
設備機器の修繕計画は、設備自体の維持や故障リスクを最小化するために必須となる。しかし、現状では熟練者が紙上で計画を立案しており、無駄や限界となる部分が多い。いわゆる属人化の状態にあり、引き継ぎや監査などの面でも課題となってしまっている。日立ソリューションズが提供する「設備修繕計画最適化サービス」は、設備機器の関連情報を電子化し、管理を標準化することで誰にでも均一化して使えるようにするものだ。(2021/1/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
「SSD」を駄目にする間違った使い方と、正しい使い方
SSDは間違った使い方をすると、性能の低下や故障につながる可能性がある。SSDの間違った使い方と、データ処理効率を高め、故障を防ぐ正しい使い方を詳しく説明する。(2021/1/7)

蓄電・発電機器:
蓄電池のトラブルを数ケ月前から把握可能に、検知技術の開発に成功
GSユアサとNTTコミュニケーションズは2020年12月、AIによるリチウムイオン蓄電池システムの故障予兆検知技術の開発に成功したと発表した。蓄電システムの運用コスト削減に大きく貢献できる技術だという。(2021/1/6)

シャープ、SIMフリーAQUOS向け「モバイル補償パック」提供開始
シャープは、SIMロックフリー「AQUOS」向けに「モバイル補償パック」を提供開始。故障や水没などの各種トラブル発生時には同機種と交換し、加入期間中の自然故障はメーカー保証期間(1年間)を超えても無償修理する。(2020/12/22)

建設機械の故障箇所をスマホアプリで特定 壊れた部位はARで表示 クボタなどが開発
(2020/12/21)

PayPayモール、Yahoo!ショッピングの購入家電に修理保険 最大5年間で50万円まで ヤフーと三井住友海上
ヤフーと三井住友海上火災保険は12月10日、ヤフーが運営するECサイト「PayPayモール」「Yahoo!ショッピング」で購入した家電製品が故障した際、修理サービスなどを受けられるサービス「あんしん修理保険」を始めた。(2020/12/10)

初代はやぶさの「教訓」生かした快挙
探査機「はやぶさ2」は小惑星リュウグウの試料が入ったとみられるカプセルを地球に帰還させ、宇宙探査に新たな歴史を刻んだ。故障続きだった初代はやぶさの失敗から機体を徹底的に改良し、計画はここまで全て成功という画期的な成果を収めた。(2020/12/8)

初代はやぶさの「教訓」生かした快挙
故障続きだった初代はやぶさの苦い教訓を生かし、その技術を継承して進歩させたことが快挙につながった。(2020/12/7)

90拠点の従業員の不満を一手に解消:
PR:“従業員任せ”は情報資産の損失を招く? 事例で学ぶPCバックアップの落とし穴
クライアントPCのバックアップの重要性を認識しながら、手が回らず部署や従業員任せにした結果、PC故障や誤ったデータ消去時の復旧に想像以上の労力を要することになる企業は少なくない。こうした課題の解決策を、事例を交えて解説する。(2020/11/17)

生産現場にもリモート化の波 自宅で遠隔監視、AI活用し故障予知
遠隔監視やAI(人工知能)を活用し、工場のリモート化に取り組む動きが出ている。コロナ禍を機に、生産現場でも働き方改革が広がろうとしている。(2020/11/12)

生産現場にもリモート化の波 自宅で遠隔監視、AI活用し故障予知
新型コロナの影響で、リモート化が難しいとされていた製造業の現場でもテレワークが導入されつつある。遠隔監視やAIの技術を活用して工場のロボットをコントロールすることで、出社率を抑える取り組みが実践されている。(2020/11/12)

Wired, Weird:
タッチパネルの修理(1)―― 冷陰極管バックライトを自作LEDバーに交換
大手メーカーのタッチパネルの修理依頼があった。故障状況は『バックライトが薄くなり、タッチパネルの操作位置にずれがある』ということだった。今回から2回にわたり、このバックライトの修理について報告する。(2020/11/9)

AIがシステムトラブルを自動検知 複雑な故障や故障要因を迅速に分析 NTTデータ先端技術が検証へ
AIがシステムの異常を自動検知するサービスの実現に向け、NTTデータ先端技術が11月から検証を始める。同社のシステムとNTTグループなどが持つAI基盤を組み合わせ、検証する。(2020/10/28)

iPhone 12/12 Proの修理代、AppleCare+未加入だと最大4万円台〜5万円台
新しいiPhoneを購入する際に検討しておきたいのが「AppleCare+ for iPhone」への加入。AppleCare+に加入すると、2年間で2回まで割安の料金で故障時や紛失時のサポートを受けられる。一方、AppleCare+に加入していないと修理代は高くなる。(2020/10/23)

稼働音や空調など「環境音のブレ」に対応:
製品の打音や設備の稼働音から異常を検知するAIを活用したサービス 日立が提供開始
日立製作所は「製品の打音や設備の稼働音などの音響データから異常音を検知するソリューション」として2つのサービスを販売する。収集した音響データを、日立が独自に開発した音響解析技術で処理し、製品不良や設備故障による異常音を検知する。(2020/10/23)

東証、障害の原因を特定 「自動切り替えできない設定値になっていた」
東証の全取引がまる1日停止した、「arrowhead」の障害。ストレージ内でメモリ故障が起き、サブ機にも切り替わらなかった。メモリ故障による障害が起きた際、自動切り替えできない設定値になっていたという。(2020/10/6)

Wired, Weird:
自宅の掃除機(2003年製)を修理する
テレワーク中に故障した掃除機の修理の様子をレポートする。2003年製の掃除機だが、修理すればまだ15年ぐらい使えるだろう。(2020/10/5)

東証再開、109円高の2万3294円で始まる
 東京証券取引所は2日、システム障害で1日に終日停止した株式全銘柄の売買を再開した。日経平均株価は前営業日終値比109円68銭高の2万3294円80銭で午前の取引が始まった。障害の原因であった故障した機器は交換。東証は2日朝、株式売買を午前9時から通常通り実施すると発表した。(2020/10/2)

東証、システム障害で謝罪 詳細な経緯説明、当面は「人的監視」で対応
東京証券取引所が、システム障害について緊急の記者会見を開き謝罪した。ストレージシステムのメモリ故障が原因となり、バックアップへの切り替えにも失敗した結果、情報配信処理や売買監視システムに異常が発生したとしている。当面はシステム監視を人的に強化するとしている。(2020/10/1)

Hamee、格安SIM向け「こどもスマホ保険」提供 SNSトラブルの相談も可能
Hameeは、18歳以下を対象とした「こどもスマホ保険」を販売開始。端末の故障や破損などに加え、SNSでのトラブル発生時に弁護士へ相談できる法律相談サービスがセットになっている。対象端末は格安SIM利用のスマホで、月額料金は470円。(2020/10/1)

東証の障害、原因は「機器故障とバックアップへの切り替え失敗」
東証は、終日売買停止となった原因を明らかにした。(2020/10/1)

東証のシステム障害、原因はハードウェアの故障 明日取引再開へ【続報あり】
東証は10月1日の取引を終日停止し、ハードウェアの交換も含めた対応に当たっている。10月2日からは通常通り取引を再開する。【会見の内容を含めた加筆あり】(2020/10/1)

フラッシュドライブの信頼性向上【後編】
SSDのエラー発生率増大と解決、予防保全の実現
SSDの故障率が増大する条件の特定とその回避策の実装までの流れを解説する。業界がどのようにSSDを改善してきたのかがよく分かる。(2020/9/25)

フラッシュドライブの信頼性向上【後編】:
SSDのエラー発生率増大と解決、予防保全の実現
SSDの故障率が増大する条件の特定とその回避策の実装までの流れを解説する。業界がどのようにSSDを改善してきたのかがよく分かる。(2020/9/16)

Wired, Weird:
ワインセラー用の海外製電源の修理(後編)
SNS経由で相談を受けた海外製ワインセラーの電源の故障に関する報告の続きだ。基板を手元に取り寄せたので、部品の交換に取り掛かろう。(2020/9/3)

調査と事例で探る「デスクトップ仮想化」の今【後編】
コロナ市が「VDI」で実現した“PC故障後5分で仕事復帰”の仕組みとは?
コロナ市はデスクトップ仮想化を導入して、IT部門によるサービスの仕方を整えた。具体的にどのような効果を生み出したのか。(2020/8/26)

安定稼働と安全のために
アンジェスが直面した「サーバ床置き」の放置できないリスクと、その解決策とは
小規模事業所にとってはサーバラックを置くのも片付けるのも大仕事だ。しかし「置き場所は間に合わせでも仕方がない」と問題を後回しにしていると故障のリスクがある。アンジェスは小型のサーバラックを選ぶことでこの問題に対処した。(2020/8/17)

TDK、VW 80808に準拠:
車載バッテリーライン用オープンモードチップバリスタ
TDKは2020年8月6日、5mmの基板屈曲でもショートモード故障しないオープンモードチップバリスタ「B725*0G1140S862シリーズ」の量産を開始したと発表した。車載12Vバッテリーに直接接続される電子自動車アセンブリ用途の製品で、車載規格AEC-Q200やより厳格な独フォルクスワーゲンの独自規格VW 80808-1および、VW 80808-2に準拠している。(2020/8/7)

KDDI、スマホの困りごとを専門アドバイザーがサポートする「使い方サポート」提供開始
KDDIは、8月12日からスマホの困りごとへ専門のアドバイザーが電話やメッセージでサポートする「使い方サポート」を提供開始。併せて、端末の各種トラブル時にサポートが受けられる「故障紛失サポート」とセットになった「安心サポートパック」も提供する。(2020/8/3)

製造ITニュース:
危険箇所での作業監督や機械故障対応に、遠隔業務支援サービスを提供
キヤノンITソリューションズは、独自の映像、通信技術を活用した遠隔業務支援サービス「VisualBrain」の提供を開始した。高画質の映像や画像を同時共有しながら、双方向でコミュニケーションが取れる。(2020/7/29)

製造ITニュース:
機器の故障予知や生産品検品を自動化する5G対応ソリューション
NTTドコモとシナプスイノベーション、ブレインズテクノロジーは共同で、機器の故障予知や生産品検品の自動化を可能にする製造機器一括分析ソリューション「FAAP」を発表した。5Gネットワークに対応し、大容量データを即時分析できる。(2020/7/21)

FAニュース:
低圧三相モーターの異常を、故障前に自動で高精度検知する診断装置
三菱電機は、モーター診断装置「DiaPro Motor」を発表した。工場の機械設備の動力となる低圧三相モーターの異常を、故障前に自動で高精度に検知できるため、モーター点検作業の効率化、省力化に貢献する。(2020/7/16)

製品動向:
清水建設とボッシュがベルトコンベヤーの故障を防ぐ新システムを開発
清水建設と独ボッシュの日本法人は、ベルトコンベヤーの故障予兆を感知するシステムの開発を進めている。(2020/7/15)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「故障品の破壊動画を送って新品交換」 過激なメーカーサポートが生まれて消えるまで
初期不良もしくは保証期間内に故障したハードウェアを、メーカー宛に着払いで送ってもらうのではなく、ユーザーー自身に物理的に破壊してもらい、その動画を送ってもらうことで新品交換を行うメーカーの手法が話題になった。一部で批判もあるこの手法、どのような経緯で実現に至ったのだろうか。そしてその是非は。(2020/7/7)

携帯各社、7月3日からの大雨に伴う支援措置 支払期限延長や手数料減免など
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルは、7月3日から発生した熊本県・鹿児島県を中心とする大雨への支援措置を発表。支払期限の延長や故障の修理料金などの一部減額を行う。(2020/7/6)

携帯3キャリアで通信障害が発生 九州大雨の影響
熊本県と鹿児島県を中心に発生している大雨に伴い、携帯各社で通信障害が発生している。原因は大雨の影響による伝送路の故障や停電など。各キャリアは災害用伝言板を提供している。(2020/7/6)

T-Mobileの約12時間の全米回線障害、原因は「サードパーティの光ファイバー故障対策時のミスによる連鎖反応」
ソフトバンクGも大株主の米通信キャリアT-Mobileで6月15日に発生した約12時間にわたる回線障害の原因はサードパーティの光ファイバー故障だったと同社が説明。故障対策として冗長性を構築する際にミスがあり、“IPトラフィックストーム”が発生したとしている。(2020/6/18)

製造業のサービス化:
PR:「緊急対応」を減らす遠隔監視と予兆保全、強みを生かし3社協業で提供
工場設備や産業機械などのB2B製造業にとって、重要な業務の1つがメンテナンスや故障対応を行うフィールドサービス業務である。機器のIoT化が進む中で、機器からのデータ取得による「遠隔監視」や「予兆保全」により、このフィールドサービスを効率化しようとする動きが加速している。しかし、これらのサービスをB2B製造業単独で開発するのはハードルが高い。そこでこれらの課題を解決すべく取り組みを開始したのが、東京エレクトロンデバイス、SBテクノロジー、コンテックの3社である。3社協業による狙いと効果について聞いた。(2020/6/15)

太陽光:
太陽光発電の「逆潮流」防止を可能に、自家消費を支援するオプションを新発売
NTTスマイルエナジーは2020年6月8日から、太陽光発電の逆潮流を防止する「負荷追従制御オプション」の販売を開始した。太陽光発電を自家消費する際の逆潮流を防止し、発電損失や機器の故障を防げるシステムだ。(2020/6/12)

FAニュース:
故障予知可能なすべり軸受や効率的なケーブルガイドシステム、省人化に貢献
モーションプラスチック製品や可動ケーブルなどを展開するドイツのigusは2020年5月20日、同社の本社に設置した展示会場からオンライン記者会見を実施し、2020年の戦略や主力製品の発表を行った。(2020/6/10)

「悲惨……」「思ってた以上に大惨事」 “人をダメにする”ビーズクッションを洗濯機に入れたら大爆発
洗濯機と同時になぜか掃除機も故障……。(2020/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。