世界中から注目される「Galaxy S8/S8+」/「格安SIM」の通信速度についてMobile Weekly Top10

» 2017年04月03日 16時10分 公開
[井上翔ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2017年3月27日から4月2日までのアクセスランキングを集計しました。

世界最速地域では4月21日に発売となるGalaxy S8/S8+ 世界最速地域では4月21日に発売となるGalaxy S8/S8+

 今回のランキングの3位、4位と8位には、3月30日(現地時間)に米国・ニューヨークで発表となった「Galaxy S8」「Galaxy S8+」に関する記事が入りました。

 筆者は現地で取材しましたが、展示会とセットになっていない単独の製品発表会にも関わらず、世界中から数百人の報道関係者が取材に訪れていたことが非常に印象的でした。それだけ、Galaxyの新しいフラッグシップモデルに対する期待が世界中から集まっていたということです。

Galaxy S8+(米国モデル) Galaxy S8+(米国モデル)

 実際にGalaxy S8/S8+に触れて感じるのは、その出来の良さです。「Galaxy S7 edge」を使っていて「あれ?」と思ったところが、S8やS8+では確実に改良され、より使いやすくなっています。ある関係者いわく「Samsungは大いに反省する会社」とのことですが、使い勝手の面で常に前進し続けようという姿勢は、大いに応援したいところです。

通信速度定点観測(ドコモ回線2月編) 通信速度定点観測(ドコモ回線2月編)の午後(ランチタイム)の結果

 2位と7位には「通信速度定点観測」の2月編がランクインしました。

 MVNOサービスは、全般的にランチタイムの通信速度が大手キャリア(MNO)と比較して出にくい傾向にあります。そんな中でも、通信帯域(速度)をMNOから多めに購入するなどして速度改善に取り組んでいるMVNOもあります。

 ただ、単純に帯域を買うだけでは、通信品質が向上するとは限りません。目に見えない所におけるさらなる努力や工夫が、今後より問われることになるでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  2. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  3. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  4. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  5. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  6. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  7. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  8. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  9. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年