au新料金プランは分かりにくい?ITmedia デジタルライフスタイル通信

» 2017年07月24日 12時56分 公開
[田中聡ITmedia]

ITmedia デジタルライフスタイル通信の注目記事

担当者より

 7月はauの新料金プランが大きな話題を集めました。

 「auピタットプラン」は1GB〜20GBの5段階で自動で通信料が決まる形になり、同じ容量でも従来プランより安くなりました。20〜30GBの「auフラットプラン」も、従来の20〜30GBプランより大幅に安くなりました。

 一方で、新プランには「毎月割」が付かず、さらに「テザリングオプション」が2018年4月以降は有料になるなど、注意点もあります。さらに、組み合わせられる音声プランが3種類あり、「ビッグニュースキャンペーン」や「auスマートバリュー」との組み合わせによっても料金が変わるという……。最初にニュースリリースを見たときに、「え、えーと……」と混乱したのは私だけじゃない……はずです。

auピタットプラン 発表会場で配られた、新料金プラン「auピタットプラン」のニュースリリース。パターンが多すぎて、初めて見たときに「え、え?」と一瞬混乱しました

 ドコモが導入した「docomo with」は、毎月1500円をずっと割り引くというシンプルな内容ですが、auの新プランは正直いくら安くなるのかが分かりにくく、これは売場でも混乱するんじゃないかと心配しています。

auピタットプラン 広告では月額1980円が大きく訴求されていますが、月額1980円になるのは、毎月の通信が1GB未満で、ビッグニュースキャンペーンやauスマートバリューを適用した場合なので、注意が必要です

 私も新プランへの乗り換えを検討しているのですが、機種変更の予定がないのでビッグニュースキャンペーンの割り引きが受けられず、どれだけ安くなるのか(そもそも安くなるのか)が分からなかったので、Excelに現プランと新プランの料金を入力して比べてみました。その結果、条件付きではありますが、新プランの方が安くなることが分かったので、ようやく乗り換える決心が付いた次第です。

 auの新プランはdocomo withに比べてプランの対象が広い分、どれだけ安くなるのかが見えにくい面があります。KDDIには、現在のプランや毎月のデータ量から、新プランでどれだけ料金が変わるのかをシミュレーションできるツールを、Webサイトや店頭で用意してほしいですね。

※この記事はメールマガジン「ITmedia デジタルライフスタイル通信」からの転載です。購読申込はこちら


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  4. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  5. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  8. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  9. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
  10. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー