ニュース
» 2018年08月23日 07時12分 公開

arrowsの発熱対策は? 保冷剤はOK? 富士通(FCNT)に聞く

スマートフォンは高温環境下では発熱しやすく、スマホの動作が緩慢になったり、一部機能が使えなくなったりする恐れがある。特に真夏の屋外でスマホを使う際は注意が必要だ。今回は富士通コネクテッドテクノロジーズにスマホの発熱対策を聞いた。

[田中聡,ITmedia]

 スマートフォンは高温環境下では発熱しやすく、スマホの動作が緩慢になったり、一部機能が使えなくなったりする恐れがある。特に真夏の屋外でスマホを使う際は注意が必要だ。

 ITmedia Mobileでは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社にスマホの発熱対策について聞いた(関連記事)が、スマホの製造元であるメーカーの意見も聞きたいところ。そこで、国内でスマートフォンを開発している主要なメーカーにも、スマホの発熱対策について確認した。今回は富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)の回答を紹介する。

arrows スマートフォンの負荷が増えると、内部の部品の温度が上昇する。高温環境下だと、さらにスマホの温度が増すので注意したい(図版はMCPCのWebサイトから引用)

―― 真夏の屋外でスマートフォンを使う際に気を付けるべきことは?

富士通コネクテッドテクノロジーズ 基本的に記事に書かれていますが、下記の通りです。

  • スマホを直射日光に当てないようにする
  • カメラやゲームアプリなど負荷の重い機能の利用を控える(記事は端末が熱くなってからの対策として記載してますが、熱くならないよう予防の意味でこちらに記載)
  • 利用を短時間にとどめる

―― スマートフォンが熱くなってしまったときの対処法を教えてください。

富士通コネクテッドテクノロジーズ 基本的に記事に書かれていますが、下記の通りです。

  • 起動しているアプリや機能を終了する

―― スマートフォンに取り付ける保冷剤や冷却シートは、使用しても問題ないのでしょうか。

富士通コネクテッドテクノロジーズ 基本的に記事に書かれていますが、下記の通りです。

  • 保冷剤や冷却シートは、動作保証をしておらず推奨できない
  • 冷凍保冷剤で急激に冷却すると、内部に結露が発生して故障の原因となる可能性がある

―― (最新機種を中心に)arrows独自の発熱対策がありましたら教えてください。

富士通コネクテッドテクノロジーズ 熱を拡散させるハード対策や、温度による機能抑制/制限をするソフト対策をしていますが、他社も実施しているので独自では特にありません。

arrows NTTドコモから発売されている最新スマホ「arrows Be F-04K」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう