ニュース
» 2018年10月17日 13時00分 公開

docomo with対象の「Galaxy Feel2」「AQUOS sense2」「らくらくスマートフォンme」 価格は3万〜4万円台

NTTドコモが、月額1500円を半永久的に割り引く「docomo with」対象のスマートフォン3機種を発表した。価格は3万〜4万円台で、3機種ともAndroid 8.1をプリインストールしている。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、「docomo with」対象のスマートフォン3機種を発表した。docomo withは、月額1500円を半永久的に割り引くプランで、「月々サポート」は適用されない。3機種ともOSはAndroid 8.1をプリインストールしている。

Galaxy Feel2 SC-02L

 サムスン電子製の「Galaxy Feel2 SC-02L」は、海外で販売されている「Galaxy A8」をベースに開発した、ミッドレンジのスマートフォン。11月上旬に発売する予定。カラーはFrost White、Opal Black、Aurora pinkの3色。価格は約4万2000円(税込、以下同)。

Galaxy Feel2 SC-02L 「Galaxy Feel2 SC-02L」

 3000mAhのバッテリーを内蔵しており、サムスン電子の調べでは、実使用時間は約140時間に及ぶ。約120分で充電が完了する急速充電もサポートしている。ディスプレイは約5.6型の有機EL(HD+)で、アスペクト比は18.5:9の縦長。メインメモリは4GB、内蔵ストレージは32GB。カメラはアウトとインのどちらも有効約1600万画素CMOSを搭載している。

Galaxy Feel2 SC-02L
Galaxy Feel2 SC-02L
Galaxy Feel2 SC-02L
Galaxy Feel2 SC-02L
「Galaxy Feel2 SC-02L」の主な仕様
機種名 Galaxy Feel2 SC-02L
メーカー サムスン電子
OS Android 8.1
プロセッサ Exynos 7885/2.2GHz 4コア+1.6GHz 4コア
メインメモリ 4GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約5.6型HD+ 有機EL
解像度 720×1480ピクセル
連続通話時間 約1090分(LTE)、約940分(3G)、約690分(GSM)
連続待受時間 約450時間(LTE)、約530時間(3G)、約450時間(GSM)
バッテリー持ち時間 約140時間
バッテリー容量 3000mAh
アウトカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約1600万画素CMOS
ボディーカラー Frost White、Opal Black、Aurora pink
サイズ 約70(幅)×149(高さ)×8.4(奥行き)mm
重量 約168g

AQUOS sense2 SH-01L

 シャープ製の「AQUOS sense2 SH-01L」は、2017年〜2018年にかけてヒットした「AQUOS sense」の第2弾モデル。発売時期は今冬。価格は約3万2000円。カラーはChampagne Gold、Silky White、Nuance Black、Blossom Pinkの4色。

AQUOS sense2 SH-01L 「AQUOS sense2 SH-01L」

 5.5型IGZOディスプレイを搭載しており、アスペクト比は18:9の縦長、解像度はフルHD+になった。液晶テレビAQUOSで培った高画質化技術をモバイル向けにチューニングした「リッチカラーテクノロジーモバイル」や、動画をHDR画質に変換できる「バーチャルHDR」にも対応する。少ない電力で明るく表示できるIGZOの特性を生かした高スタミナを目指しており、実使用時間は120時間を予定している。

 メインメモリは3GB、内蔵ストレージは32GB、バッテリー容量は3200mAh。カメラはアウトが有効約1200万画素、インが有効約800万画素。アウトカメラには大型のセンサーを採用したことで、「AQUOS EVER SH-02J」(2016年発売)と比較して明るさが約50%アップした。

AQUOS sense2 SH-01L
AQUOS sense2 SH-01L
AQUOS sense2 SH-01L
AQUOS sense2 SH-01L
「AQUOS sense2 SH-01L」の主な仕様
機種名 AQUOS sense2 SH-01L
メーカー シャープ
OS Android 8.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 450/1.8GHz 8コア
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約5.5型フルHD+ TFT液晶(IGZO)
解像度 1080×2160ピクセル
連続通話時間 約1240分(LTE)、約900分(3G)、約790分(GSM)
連続待受時間 約600時間(LTE)、約650時間(3G)、約540時間(GSM)
バッテリー持ち時間 未定
バッテリー容量 2700mAh
アウトカメラ 有効約1200万画素CMOS
インカメラ 有効約800万画素CMOS
ボディーカラー Champagne Gold、Silky White、Nuance Black、Blossom Pink
サイズ 約71(幅)×148(高さ)×8.4(奥行き)mm
重量 約155g

らくらくスマートフォン me F-01L

 富士通コネクテッドテクノロジーズ製の「らくらくスマートフォン me F-01L」は、シニアを中心としたスマートフォン初心者に向けたモデル。2019年春の発売を予定している。カラーはピンク、ブラック、ゴールドの3色。価格は約4万3000円。

らくらくスマートフォン me F-01L 「らくらくスマートフォン me F-01L」

 ディスプレイは4.7型HDの有機ELを搭載しており、画面の見やすさに注力した。プリインアプリだけでなく、ダウンロードしたアプリでも文字やボタンを大きく表示。前モデル「F-03K」と比べて、最大1.35倍大きく表示できるという。ホーム画面には、縦スクロール型で各機能やアプリを分かりやすく表示する独自メニューを用意した。

 有効約1310万画素のカメラには、AIが人物を認識して背景をぼかすポートレート機能や、撮影した花をAIが分析して、約400種類の花の情報が分かる「花ノート」を用意した。

 IP68の防水、防塵(じん)に加え、米国防総省が規定するMIL規格もサポートする。さらに、汚れたときにハンドソープで洗うことも可能だ。

らくらくスマートフォン me F-01L
らくらくスマートフォン me F-01L
らくらくスマートフォン me F-01L
らくらくスマートフォン me F-01L
「らくらくスマートフォン me F-01L」の主な仕様
機種名 らくらくスマートフォン me F-01L
メーカー 富士通コネクテッドテクノロジーズ
OS Android 8.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 450 MSM8937/1.8GHz 8コア
メインメモリ 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSDXC(最大400GB)(予定)
ディスプレイ 約4.7型HD 有機EL
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー持ち時間 未定
バッテリー容量 2110mAh
アウトカメラ 有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー ピンク、ブラック、ゴールド
サイズ 約70(幅)×143(高さ)×9.3(奥行き)mm
重量 約140g台

【訂正:2019年2月16日22時35分 初出時のスペック表で、F-01Lのディスプレイサイズを5.7型としていましたが、正しくは4.7型です。おわびして訂正致します。】

※実機の写真は最終版ではないため、変更される可能性があります。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう