ニュース
» 2018年11月20日 09時55分 公開

iOS版「Googleフォト」に“後からボケ調整”機能「奥行き」追加へ

iOS版「Googleフォト」アプリに、ポートレートモードで撮影した写真のボケを撮影後に編集する機能「奥行き」と、背景だけモノクロにする「ポップカラー」が追加される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月19日(現地時間)、iOS版「Googleフォト」にポートレートモードで撮影した写真の「ボケ」を後から変更する「奥行き」機能を追加したと発表した。


 「iPhone XS」「iPhone XR」あるいは新しい「iPad Pro」であれば、米Apple自身の「写真」アプリで撮影後の奥行き調整が可能だが、それ以外のiOS端末ではできない。

 この機能が利用できるようになると、ポートレートモードで撮影した写真を表示し、[編集]アイコン→[編集]アイコンを選択すると、[明るさ]と[カラー]のインジケータの下に新たに[奥行き]が表示されるようになり、ここで背景のボケを調整できる。

 photo 1 左から、[編集]アイコンの選択、[奥行き]の調整(Android版)

 また、[写真フィルタ]に[カラーポップ]フィルタが追加される。これは、背景だけをモノクロにする機能。いずれもAndroid版アプリでは既に提供されている。

 photo 2 [カラーポップ](Android版)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう