今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2018年12月17日 18時05分 公開

セキュリティ強化の一環:Android 4.4未満のドコモスマホ・タブレットでキャリア決済に利用制限 2019年1月11日から

Android 4.4以前のOSを搭載するドコモ端末において、Wi-Fi(無線LAN)経由のキャリア決済が利用できなくなる。当該機種でどうしてもキャリア決済を行いたい場合は、モバイル通信に切り替えて「spモード」に接続しよう。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは、2019年1月10日をもってキャリア決済サービスにおける旧式の暗号化通信(SSL 3.0/TLS 1.0/TLS 1.1)のサポートを打ち切る。このことに伴い、同年1月11日以降、Android 4.4未満を搭載するドコモスマートフォン・タブレットではキャリア決済サービスの利用に制限が生じる。

ドコモからのお知らせ

制限対象のサービス

 2019年1月11日以降、Android 4.4未満の機種ではWi-Fi(無線LAN)で通信している場合に以下の決済サービスが利用できなくなる。

  • ドコモ払い
  • d払い(ネット決済)
  • spモードコンテンツ決済
  • ドコモ口座

制限の回避方法

 今回の制限は、以下のいずれかの方法で回避できる。

  • 決済利用時に「spモード」で通信する(Wi-Fiをオフにする)
  • Android 4.4以降にOSバージョンアップする(バージョンアップ可能な場合)
  • 最新スマホ・タブレットに機種変更する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう