ニュース
» 2019年02月15日 10時30分 公開

中古端末でもWebから手続き可能に――ドコモが「SIMロック解除」条件を一部変更 2月20日から

総務省の研究会資料から明らかとなった、NTTドコモの「SIMロック解除」条件の緩和。その実施期日が2月20日に決まった。端末購入者(契約者)以外でもSIMロック解除できるようになるが、詳細な条件や対象機種はまだ公開されていない。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは2月20日、同社が販売する携帯電話端末のSIMロック解除条件を一部変更。他者から譲渡を受けた端末や中古端末でもSIMロックが解除できるようになる。詳細な受け付け条件や対象機種については、条件変更日までにWebサイトで案内する。

ドコモからのお知らせ

 今回の条件変更では、「知人・友人などから譲り受けた携帯電話機」や「中古端末販売店などで購入した中古の携帯電話機」について、以下のチャネルでSIMロック解除を受け付ける。

  • ドコモオンライン手続き(Web)
  • ドコモショップ

 事務手数料はWeb利用時は無料、ドコモショップ利用時は1台3000円(税別)。ドコモショップでは1回の手続きで最大2台までSIMロック解除可能で、一部端末については手数料を無料とする。

 ドコモを契約中のユーザーの手続き条件については、従来通りとなる。

解約済み端末の日数条件も撤廃へ

 この措置は、総務省が2月1日に開催した「モバイル市場の競争環境に関する研究会」第8回会合の資料(PDF形式)において「2019年3月末(2018年度末)までに対応予定」であることが明らかとなっていた。

 この資料では、「解約後のSIMロック解除期間の制限撤廃」にも言及がある。端末の購入手続きをした回線が解約済みの場合に課される「解約から100日以内」という手続き期間制限も、2月20日付で撤廃される見通しだ。

資料 総務省の会合資料には「解約後のSIMロック解除期間の制限撤廃」も明記されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう