NTTドコモ、SIMロック解除の受付条件を一部変更 新機種も一定条件下で購入当日からロック解除可能に

» 2015年07月07日 16時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 NTTドコモは7月13日から、2015年5月1日以降に発売した機種におけるSIMロック解除の受付条件を一部変更する。

 現行の条件では、機種購入日から6カ月経過していることを条件に、機種購入時の回線の契約者本人が手続きをすることでSIMロック解除を行えるようになっている。

 7月13日から適用される条件では、ロック解除を申し出る契約回線において、前回のSIMロック解除の手続きから6カ月経過していれば、新たな機種の購入当日からロック解除に応じる。6カ月を経過していない場合は、経過した日からロック解除に応じる。

 なお、対象となる機種をすでに購入したユーザーについても、このルールが適用される。ただし、「この条件が適用される機種を購入する回線で、SIMロック解除の実績が全くない場合、購入から6カ月経過後にSIMロック解除を受け付けるという条件は変わりない」(ドコモ広報部)ので注意したい。

photo 新しいSIMロック解除条件が適用される「ARROWS NX F-04G」

追記:2015年7月7日16時50分

 「SIMロック解除の手続きから6カ月」の定義について、改めて確認したところ、「過去の全てのSIMロック解除手続きから6カ月」(ドコモ広報部)との回答を得た。つまり、SIMロック解除に関する制度変更以前に行ったSIMロック解除手続きも、実績として算入されることになる。

 例えば、2015年5月1日以降に発売された夏モデルを、2015年7月13日に購入すると仮定した場合、購入時に利用した回線において2015年1月12日までにSIMロック解除の手続きをした実績があれば、即日でSIMロック解除ができるということになる。ただし、2015年1月13日以降にSIMロック解除をした実績がある場合は、そこから6カ月経過した段階でSIMロックに解除に応じる、ということになる。

※追記に伴い、公開当初の文章も一部修正しました。

関連キーワード

SIMロック | SIMロックフリー | NTTドコモ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月04日 更新
  1. ダイソー、税込み1100円の無線イヤフォンやモバイルバッテリーを一挙発表 ネットでは「大創産業が本気出した」と話題 (2024年03月03日)
  2. Pixel 8/Pixel 8 Pro、「スマホ用電子証明書搭載サービス」に対応 マイナンバーカードなしで公的個人認証サービスを利用可能に (2024年03月03日)
  3. 今、スマートフォンのストレージが128GBですら厳しい理由 (2024年02月29日)
  4. KDDI高橋社長が語る「povoのオープン化」「ローソンとの提携」 他社との決定的な違いは? (2024年03月02日)
  5. スマホとアナログ時計のデザインが融合 「realme 12 Pro+」はカメラ強化でコスパも十分 (2024年03月03日)
  6. iPadの新製品は3月発表か iPad Airが2モデルになってラインアップの整理も? (2024年01月08日)
  7. 他社のは「なんちゃってOpen RAN」 楽天三木谷氏が語る「リアルOpen RANライセンシングプログラム」の狙い (2024年03月02日)
  8. 税込み550円で本当に「ハイレゾ」が聞ける? ダイソー「マイク付ハイレゾ対応イヤホン」がハイレゾ入門に最適かも (2024年03月02日)
  9. 日本通信、5分かけ放題を月額390円で提供 「キャンペーンなしでこのお値段です」と同社 (2024年03月01日)
  10. アンカー・ジャパン、掃除機を半額、充電器などを15〜30%オフにするセール 3月5日まで開催 (2024年03月03日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年