ニュース
» 2019年03月04日 18時31分 公開

ドコモ、下り最大1288MbpsのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」3月8日に発売

NTTドコモは、3月8日に下り最大1288Mbpsの高速データ通信に対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」を発売。上り最大131.3Mbpsも可能とし、国際ローミングにも対応する。端末ででQRコードを読み込みすれば接続でき、使用しているルーターの接続設定をそのまま引き継げる引っ越し機能も備えている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、3月8日にHuawei製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」を発売する。

Photo Huawei製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」

 本製品は下り最大1288Mbps、上り最大131.3Mbpsの高速データ通信を実現し、国際ローミングにも対応。スマートフォンでスリープモードを遠隔解除することも可能で、付属のクレードルに有線LANを接続すれば家庭のブロードバンド回線を利用できる。

 端末でQRコードを読み込めば接続でき、使っているルーターの接続設定をそのまま引き継げる「Wi-Fi設定お引越し機能」を搭載。付属のUSBケーブルとPCをつなげばスムーズに利用できる。

 サイズは約130(幅)×66(高さ)×13.8(奥行き)mm、重量は約150g。バッテリー容量は3000mAh、カラーはIndigo Blue。

「Wi-Fi STATION HW-01L」の主な仕様
機種名 Wi-Fi STATION HW-01L
サイズ(幅×高さ×奥行き) 約130×66×13.8mm
重量 約150g
連続通信時間 約11時間(LTE)、約7時間(3G)
連続待受時間 約980時間(LTE)、約980時間(3G)
Wi-Fi WAN側:IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
LAN側:IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)
バッテリー容量 3000mAh
最大接続台数 17台(Wi-Fi16台、USB1台)

【訂正:2019年3月6日12時38分 初出時に、スペック表の製品名に誤りがありました。おわびして訂正致します。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう