速報
» 2019年03月13日 08時00分 公開

世界ウェアラブル市場調査、“耳装着型”好調で首位Apple安泰、Fitbitは2位から4位に

IDC Japanの世界ウェアラブル市場調査によると、10〜12月期のメーカー別出荷ランキングの1位は前期同様Apple、2位はXiaomi、3位はHuaweiだった。同四半期から「AirPods」などの“耳装着型”端末が含まれている。日本でのAppleのシェアは64.5%と圧倒的だ。

[ITmedia]

 IDC Japanは3月12日、第4四半期(10月〜12月)のウェアラブルデバイスの世界および国内における出荷台数を発表した。総出荷台数は前年同期比31.4%増の5931万台だった。2018年通年は27.5%増の1億7215万台。この成長は、年間で市場の4分の1を占めるようになった“耳装着型”デバイスの増加の影響だとIDCは分析する。

 耳装着型とは、米AppleのAirPods米GoogleのPixelBuds米BoseのQC35 IIなどのような、「ボタンを押すだけで、またはホットワード検出機能を通じてスマートアシスタントを起動できるワイヤレスヘッドフォンやイヤフォンを含む」。ヘッドフォンジャックのないスマートフォンが増加していることから、耳装着型デバイスは今後「ベンダーにとっての主戦場の1つになる」とIDCは予測している。

 Apple Watchのようなスマートウォッチは前年比54.3%増とこちらも好調で、ウェアラブル端末出荷全体の約3割を占めた。Appleが市場のほぼ半分を占める。

 メーカー別シェアは、1位がApple WatchとAirPodsを擁するApple、2位は中国市場で堅調な中国Xiaomi、3位はスマートフォンにウェアラブル端末をバンドルしている中国Huawei、4位はVersaCharge 3が好調の米Fitbitだった。

 idc 1 2018年第4四半期の世界ウェアラブル端末市場シェア(資料:IDC Japan)

 日本については、第4四半期の総出荷台数は25.5%増の約55万6000台。Apple Watchの新モデル投入が奏功したとしている。Appleの日本での出荷台数は54.6%増でシェアは64.5%と圧倒的だ。

 idc 2 2018年第4四半期の日本ウェアラブル端末市場シェア(資料:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう