ニュース
» 2019年03月19日 22時30分 公開

東電、KDDI、ソフトバンク、楽天が5G基地局普及に向けた共同実証を実施 電力インフラを活用

東京電力パワーグリッド、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルネットワークの4社が、5Gの展開を見据えて電力インフラを利用した携帯電話基地局に関する共同実証を実施する。電柱などを利用し、基地局設備の共用も視野に入れた実験を実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 東京電力パワーグリッド、KDDI、ソフトバンクと楽天モバイルネットワークは3月19日、電力インフラを利用した携帯電話基地局普及のための共同実証に取り組むことに合意した。LTEと比べて多数の基地局を設置する必要がある「5G(第5世代移動通信システム)」の導入と、それに伴う設置場所の確や設備の林立による景観上の問題といった課題について検証を行う。

Photo 電柱を活用した携帯電話基地局イメージ図

 KDDIの協力のもと、東京電力パワーグリッドは電柱を始めとする電力インフラを利用して携帯電話事業者間で基地局設備を共用する「シェアリング」の検討を行ってきた。今回の取り組みでは2社に加えてソフトバンクと楽天モバイルネットワークも参加し、2019年度上期から携帯電話基地局の設置場所や設備を効率的に共用するための共同実証に取り組む。具体的には、電柱上の基地局設置に関する資機材・機器配置、施工性・保守性やアンテナの共有による電波の干渉状況などの評価を実施する。

 電柱を複数の携帯電話事業者が共用することで、都市部での柔軟な基地局の整備や地方での早期サービス開始といった多様なニーズに応えることと、先述の課題の解消を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう