ニュース
» 2018年11月16日 21時00分 公開

楽天、次世代スマートスタジアムに向けた5G実証実験 国内初の自動配送ロボットも活用

楽天モバイルネットワークが、楽天生命パーク宮城で5Gネットワークを活用した実証実験を実施した。国内初の自動配送ロボットによる遠隔操作や、ドローンが撮影した映像を使ったユーザー認証、360度カメラを用いた8K VRの映像配信などを行った。

[エースラッシュ,ITmedia]

 楽天モバイルネットワークは11月15日、楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)で5Gネットワークを活用した実証実験を実施した。

 今回の実験はノキアソリューションズ&ネットワークス、インテルと連携。ノキアが保有するAir Scale 基地局と基地局設置・運用・最適化のノウハウ、インテル製のモバイルトライアルプラットフォームを利用した5GのOTA(Over The Air)による環境下で実施した。

 5Gの大容量伝送と低遅延の特質を生かし、国内初の自動配送ロボットに搭載した5G端末と、ロボット上のカメラで撮影した4K映像でリアルタイムかつスムーズな遠隔操作を実現。高精細映像による本人確認などの遠隔管理にも対応した。

Photo 自動配送ロボット

 また「楽天ドローン」が保有するドローンから撮影した映像を5Gネットワーク経由で伝送し、スタジアム内の人物特定を確認。360度カメラで撮影したスタジアム内の8K VR映像データを伝送し、会場や会場外でも臨場感あふれる観戦を可能としている。

Photo ドローンでの人物特定
Photo 360度カメラで撮影したスタジアム内の8K VR映像

 将来的にスタジアム内で注文した商品の配送やラストワンマイルにおける配送ロボットの実用化、スタジアムでのエンターテインメントや特定の人物への物の配送、会場外や遠隔地からの臨場感あふれる観戦映像の提供などが期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう