ニュース
» 2019年03月22日 20時20分 公開

東京メトロ、3月29日から「コインロッカー空き状況提供サービス」対象を10駅拡大

東京メトロとメトロコマースは、3月29日から専用Webサイトで東京メトロ駅構内のコインロッカーの空き状況を確認できるサービスの対象駅を拡大。表参道駅、溜池山王駅、上野駅、六本木駅、東銀座駅、大手町駅、明治神宮前駅、有楽町駅、豊洲駅、渋谷駅の10駅が加わる。2019年度中には40駅程度へ拡大する見通しだ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 東京地下鉄(東京メトロ)とメトロコマースは3月29日、「コインロッカー空き状況提供サービス」の対応駅を10増やす。両社は、2019年度中に大正駅を40程度に拡大する予定だ。

Photo 「コインロッカー空き状況提供サービス」イメージ

 このサービスは、専用Webサイト上で東京メトロの駅構内に設置されたコインロッカーの位置と空き状況を確認できるというもの。日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の表示に対応している。

 従来は池袋駅・新宿駅・新宿三丁目駅の3駅に対応していたが、今回新たに表参道駅、溜池山王駅、上野駅、六本木駅、東銀座駅、大手町駅、明治神宮前駅、有楽町駅、豊洲駅、渋谷駅の10駅を追加する。

 なお、サービス拡大に伴うシステム切り替えのため、既存対応駅は同日からサービスを一時休止する。4月中旬にはサービスを再開する予定だ。

 新しいシステムは、iOS 12以降またはAndroid 9以降を搭載する端末で、端末の標準Webブラウザ(Safari、Chrome、メーカー製ブラウザなど)で利用することを推奨している。

PhotoPhoto 利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう