今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年04月18日 21時40分 公開

ガシャポン自販機でSuicaが使える バンダイが「スマートガシャポン」を導入

バンダイは、キャッシュレス決済に対応するカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」の第1号機をJR池袋駅に設置した。現金は使えず、Suicsなどの交通系電子マネーが使える。コード決済の対応も予定している。

[金子麟太郎,ITmedia]

 バンダイは、キャッシュレス決済に対応するカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」を2019年4月から、国内で初めて本格的に稼働させた。

スマートガシャポン スマートガチャポンはSuicsなどの交通系ICカード読み取り機を搭載している

 スマートガシャポンは、5面の商品販売機や操作用タッチパネルに加え、Suicsなどの交通系ICカード読み取り機がセットになったもの。キャッシュレス決済専用のため現金は使えない。その代わり、コード決済等への対応拡大を予定しているという。

 現時点で第1号機がJR池袋駅に導入されている。設置場所についても、2019年5月末までに50セットを全国に導入する予定だという。

 スマートガシャポンの操作は以下の通り。

スマートガシャポン 本体の中央上部にある操作用タッチパネルをタッチする
スマートガシャポン タッチパネルに表示された取扱商品一覧から、購入したい商品をタッチして選ぶ
スマートガシャポン 購入したい商品を確認したら、「決済にすすむ」ボタンをタッチする
スマートガシャポン 決済方法で「交通系電子マネー」をタッチして選択する
スマートガシャポン 金額を確認して「購入」ボタンをタッチしたら、読み取り機に交通系電子マネー(非接触型IC乗車券)をかざす
スマートガシャポン 読み取り確認の音が鳴ったら、購入する商品の入った自販機のハンドルを回し、出てきたカプセルを取り出す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう