ニュース
» 2019年05月13日 11時30分 公開

auが新料金プラン発表 5G時代を見据えた「原則無制限プラン」も

auが新料金プランを発表。「ピタットプラン」の内容を改訂した他、「フラットプラン」に「7GB+特定SNSフリー」の選択肢を導入し、5G時代を見据えた「原則データ無制限」なプランも用意する。これらの新プランでは家族割(複数回線割引)も導入される。【追記】

[井上翔,ITmedia]

 KDDIと沖縄セルラー電話は、新しい料金プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」を6月1日から、「auデータMAXプラン」を2019年夏から提供する。また、両社は新料金プランを対象とする割り引きプログラム「家族割プラス」を10月1日から提供する。

(記事内の料金は2年契約時の税別。2年契約なしの場合は一律1500円増し

【追記:14時10分】家族割プラス スタートキャンペーンについて追記を行いました
【追記:14時15分】2年契約なしの場合の料金について追記しました
【追記:14時55分】auデータMAXプランについて追記を行いました

新auピタットプラン(6月1日から)

新auピタットプランバナー

 新auピタットプランは、2017年7月に導入されたパッケージプラン「auピタットプラン」の内容を改定したもの。料金変更のステップを5つから3つとし、データ容量の少ないユーザーに使いやすいプランに改めた。月額料金は2980円からで変わりない。

【訂正:16時30分】auピタットプラン(旧プラン)のステップ数を当初「4つ」としていましたが、正しくは「5つ」となります。おわびして訂正いたします

 各ステップの月額料金は以下の通り。

  • ステップ1(0〜1GB):2980円
  • ステップ2(〜4GB):4480円
  • ステップ3(〜7GB):5980円

 全ステップで家族割プラス(後述)も適用できる他、ステップ2とステップ3では「auスマートバリュー」による割り引き(月額500円)を適用できる。両方の割り引きを最大限適用した場合の月額料金は以下の通り。

  • ステップ1:1980円(スマートバリュー適用不可)
  • ステップ2:2980円
  • ステップ3:4480円

一部割引の条件変更

 同プランの提供開始に伴い、提供中の割り引きプログラム「ケータイ→auスマホ割」「カケホ割60」(参考記事)の対象プランと条件が6月1日から一部変更される。

 ケータイ→スマホ割では、適用条件を満たす契約者が加入しなくてはいけないプランが同プランに変更される。その上で、割引額を以下の通り変更する。割り引く期間(契約翌月から12カ月)に変更はない。

  • 通話定額契約なし、通話定額ライト契約:月額1000円
  • 通話定額契約:月額1700円

auフラットプラン7プラス(6月1日から)

auフラットプラン7プラス

 auフラットプラン7プラスは、月額5480円のパッケージプランで、家族割プラス(後述)やauスマートバリューも適用できる。両方の割り引きを最大限適用すると、月額3480円で利用できる計算となる。

 このプランは月間7GBの通信容量を備え、以下のSNSやメッセージサービスの通信をデータ通信容量にカウントしない特典を2019年秋以降に提供する。

  • +メッセージ(SMS送信時はSMS料金が発生する)
  • Facebook(Messengerは非対応)
  • Instagram
  • Twitter(GIF画像の投稿・再生などはカウントされる)

 ただし、以下の通信については、対象サービスであってもデータ通信容量にカウントされる。

  • VPNやプロキシサーバを介した通信
  • 非公式アプリを利用した通信
  • テザリング利用時
  • Wi-Fiと4G/3Gの同時接続時または通信途中での接続切り替え時
  • 海外ローミング中の通信

 このプランで通信容量を超過した場合、上下最大128kbpsの通信速度制限がかかるが、2019年秋以降は上下最大300kbpsに緩和される見通し。

auデータMAXプラン(2019年夏から)

auデータMAXプランのバナー

 auデータMAXプランは、「5G時代を見据えた」新しいパッケージプランで、月額料金は8980円。端末単体での国内月間データ通信容量に上限がなくテザリングオプション料金も無料で利用できる。また家族割プラス(後述)やauスマートバリューも適用できる。両方の割り引きプログラムを最大限適用すると、月額6980円で利用できる。

 ただし、以下の通信については月間20GBのデータ通信容量が設定されている。

  • テザリングの通信
  • 「データシェア」利用のシェア子回線における通信
  • 海外でのデータ通信

 また、一定期間内に大量の通信があった場合は混雑時間帯の通信速度が制限される場合がある。

auデータMAXプラン スタートキャンペーン(9月30日まで)

 auデータMAXプランの開始を記念して、提供開始日から9月30日までに同プランに加入したユーザーは、申し込み翌月から6カ月間の月額料金が1000円引きとなる「auデータMAXプラン スタートキャンペーン」の対象となる。

 このキャンペーンの割り引きは、家族割プラス(後述)やauスマートバリューとも併用できるため、最大限割り引きを適用すると、契約翌月から5980円で使える計算となる。

通話定額ライト/通話定額

 今回登場した新プランでは、国内通話を1通話当たり5分まで無料となる「通話定額ライト」と国内通話を時間無制限で無料となる「通話定額」を付帯できる。月額料金は、前者が700円、後者が1700円。

 なお、通話定額ライトについては加入翌月から12カ月間の月額料金を500円とするキャンペーンも実施する。

【訂正:23時20分】初出時、キャンペーンで「月額料金を無料」としていましたが、正しくは月額料金を500円に値引くものでした。おわびして訂正いたします

家族割プラス(10月1日から)

家族割プラスバナー

 家族割プラスは、家族割グループ内で対象プランに加入しているユーザーの人数に応じた月額料金の割り引きを永続的に受けられるサービス。

 割り引き額は以下の通り。

  • 割引対象プラン2回線:500円
  • 割引対象プラン3回線以上:1000円

 契約数のカウント対象となるプランと、実際に割り引きを適用できるプランは以下の通り異なる。

契約数カウント対象プラン

  • 割り引き対象の全プラン
  • auフラットプラン 5(学割専用)/20/25 Netflixパック/30
  • VKプラン
  • VKプラン S/M
  • スーパーカケホ(ケータイ)
  • カケホ(ケータイ)

割り引き対象プラン

  • 新auピタットプラン
  • auフラットプラン7プラス
  • auデータMAXプラン

家族割プラス スタートキャンペーン(9月30日まで)

 9月30日までに割り引き対象プランに加入した契約者は、契約回線数に関わらず同日まで月額料金を1000円割り引く。申し込みは不要だが、日割り計算が適用される場合は、割り引きも日割り適用となる。

申し込みを終了するプラン・定額

 新プランの提供開始に伴い、一部の料金プランとデータ定額のは申し込み受け付けを終了する。終了日までに申し込んだ契約分については、そのプランを引き続き利用できる。

2019年6月30日をもって終了するプラン・定額

  • auピタットプラン(旧プラン)
  • au フラットプラン 30

2019年8月31日をもって終了するプラン・定額

  • 「LTEプラン」と「LTEフラット」の組み合わせ
  • 「カケホ」と「データ定額2〜30」の組み合わせ
  • 「スーパーカケホ」と「データ定額1〜30」の組み合わせ
  • 「スーパーカケホ(a)」と「データ定額5/20/30」の組み合わせ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう