今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年05月21日 16時45分 公開

セブン-イレブンが7月1日から「7pay」に対応 「PayPay」など5社のコード決済も受け入れ開始

セブン‐イレブン・ジャパンが、セブン&アイグループ独自のコード決済サービス「7pay」に対応。同時に「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「Alipay」「WeChat Pay」も利用可能とする。

[エースラッシュ,ITmedia]

 セブン‐イレブン・ジャパンは7月1日から、全国のセブン‐イレブン2万925店(2019年4月末現在)においてセブン&アイグループのコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」と、グループ外企業が提供する5つのコード決済サービスによる支払いに対応する。

Photo 7pay

 7payはセブン・ペイが提供するコード決済サービス。当初はセブン-イレブン・ジャパンの提供する「セブン‐イレブン」アプリを通して利用できるが、10月をめどに独立したアプリの提供も予定されている。

 今後、7payの支払い200円(税別)ごとに1nanacoポイントが貯まる期間限定キャンペーンをはじめ、10月には外部加盟店への利用拡大、2020年春以降にはセブン&アイグループ各社のアプリとの連携なども行う予定となっている。

グループ外コード決済にも対応

 7pay対応に合わせて、セブン-イレブンでは以下のコード決済での支払いにも対応する。

  • PayPay
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • Alipay(支付宝)
  • WeChat Pay(微信支付)

 店頭のレジについても、店舗の従業員がボタン1つで全バーコード決済に対応できる新機能を独自開発。負荷軽減に向けたシステムを導入しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう